1. サイトTOP>
  2. “魔法×アイドル”で魅せるキラキラした世界とは?KLab新作『Project PARALLEL』プロデューサーインタビュー【TGS2017】

“魔法×アイドル”で魅せるキラキラした世界とは?KLab新作『Project PARALLEL』プロデューサーインタビュー【TGS2017】

2017-10-06 15:15 投稿

KLabとKADOKAWAのタッグが生み出すものとは

東京ゲームショウ2017のKLabGamesブースで、スマートフォン向け完全新作タイトル『禍つヴァールハイト』と、『Project PARALLEL』の発表が行われた。

ファミ通Appでは、9月21日の発表会直後に『Project PARALLEL』制作に携わるKLab、KADOKAWA両プロデューサーへのインタビューを敢行。その模様をお届けしよう。

▼発表会の詳細はこちら

1i『FFXII』や『聖剣伝説LOM』などの豪華クリエイター集結!『禍つヴァールハイト』ほか新規4タイトルを“KLabGames”が発表 【TGS2017】
img_138593_1

本作は、“魔法”דアイドル”をテーマとしたKLabGamesとKADOKAWAのメディアミックスプロジェクト。楽曲製作にはJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントが参加し、それぞれのクリエイター陣も見る人が見ると、思わず「おっ!」となる顔ぶれを揃えてる。単に著名なクリエイターを集めた、ということはなく、『Project PARALLEL』の目指すところである、“キラキラとした、透明感のある世界観”を生み出すには? といったところから座組みを組んだという。

【シナリオ】あさのハジメ
代表作:まよチキ!、蒼柩のラピスラズリ

【キャラクターデザイン】U35
代表作:アイマリンプロジェクト(第2弾キャラクターデザイン)、君に恋をするなんて、 ありえないはずだった

【世界観設定協力】村山吉隆
代表作:幻想水滸伝、幻想水滸伝II、アライアンス・アライブ

【コンセプトアート】ずじ
代表作:戦国姫譚MURAMASA-雅、刻のイシュタリア

TN4_5612
▲左から、KADOKAWAプロデューサー横山憲二郎氏KLabGamesプロデューサー北牧涼輔氏。

両プロデューサーが描くキラキラとした世界とは

──まずは、『Project PARALLEL』の発表おめでとうございます。開発に至った経緯を教えていただけますか?

北牧涼輔氏(以下、北牧) KLabGamesとして、オリジナルコンテンツを使ったゲームを作りたいと考え、いろいろ模索をしていました。その中で一年ほど前に横山さんとお会いする機会があり、意気投合し、作りましょう! となりました。

──意気投合されたとのことですが、出会いの場所はどちらだったんですか?

横山憲二郎氏(以下、横山) 僕ら、“話を盛ろう”って言ってるんですけど(笑)。何もいい案がいま浮かんでないんですよ……。正直なところをお話すると、KLabさんとお取引のある部署があって、そこで引き合いがありました。

北牧 Barで出会ったとか映画チックにカッコイイこと言ってみたかったですね!

──現在の開発はパーセンテージで表すと、どういった状況でしょうか?

横山 みなさんパーセンテージで知りたがりますね(笑)。

北牧 現在の状況ですが、コンテンツに関しては大部分が完成している状況です。キャラクターデザイン、シナリオといった根幹となる部分は着々と出来上がってきており、細かい部分をこれから詰めていくといった段階です。

 TN4_5666

──リリース目標時期については、いつごろを目標とされているのでしょうか?

北牧 リリース目標に関しては、現状はがんばります! とお伝えさせてください(笑)。 来年の春に追加情報が発表されるので、そこを心待ちにしていただけますと幸いです。

──本作は、どういったユーザー層にプレイしてもらいたい、といったターゲット層はありますか?

横山 幅広いユーザーにプレイしてもらいたいですね! “アイドル”という軸は、幅広い年齢層、男性であったり女性であったりに好まれるジャンルであると考えているので、とにかく幅広い方にプレイしていただき、本作の魅力に触れてほしいと思います。

──“魔法×アイドル”の融合というテーマでの本作ですが、このふたつのジャンルをピックアップした意図はなんでしょうか?

北牧 ここに関しては、打ち合わせ初期からすんなり決まってましたよね?

横山 打ち合わせ2回目くらいから、魔法とアイドルを軸にいくと決まって動き始めました。そこの軸はずっとブレずに続けていますね。ピックアップした意図としては、アイドルのライブでのキラキラとした輝きや、客席のサイリウムなどがまるで魔法のようで、ファンタジックな雰囲気と合うのでは、というところからの着想でした

──ゲームジャンルとしてはどこに該当しますか?

北牧 まだ具体的に発表は出来ないのですが、膨大かつ緻密に用意されたストーリーを読み進め、自分好みのアイドルを育成していくイメージですね。

 TN4_5678

──発表会のPVにて、“魔獣”といったワードが出てきましたが、バトル的な要素も考えられているのでしょうか?

北牧 よく見てますね! 現段階で答えにくい質問にはなりますが、近いものは考えています。“魔獣”というと、怖いようなイメージがありますが、本作の魔獣は世界観に則ってとてもキュートです。

──膨大なシナリオを用意しているとの発表会でのコメントがありましたが、具体的にどれくらいの量をすでに想定しているのでしょうか?

横山 現在だけで途中ではありますが、すでに数十万文字分のテキストが用意されています。このほかにも、キャラクターや世界観の設定テキストは別にあるので、“かなり膨大”な量になっています。

 TN4_5631

──キャラクターシルエットを拝見する限りだと、現在でも20人ものアイドルを予定していますが、それぞれのキャラクターにフォーカスした個別ストーリーなども予定されているのでしょうか?

北牧 その通りです! アイドルごとにフォーカスしたストーリーを用意しています。ユーザーの皆さんでお気に入りの“アイドル”を見つけていただき、愛着を持ってプレイしていただければと思います。

──ありがとうございました! 最後にユーザーの皆さんへコメントをお願いします。

横山 『Project PARALLEL』は、まだ正式タイトルも発表していないオリジナルIPです。ファンの皆さんといっしょにこの世界を作り上げていけるのを楽しみにしておりますので、ぜひ温かく見守っていただければ幸いです。

北牧 現時点では言えない事が多いのですが、魅力的な世界がどんどん出来上がって来ております。3月に続報を発表する予定になっておりますので、楽しみにお待ち頂ければ幸いです。

関連リンク

1i『FFXII』や『聖剣伝説LOM』などの豪華クリエイター集結!『禍つヴァールハイト』ほか新規4タイトルを“KLabGames”が発表 【TGS2017】

関連リンク

東京ゲームショウ2017公式動画チャンネル
東京ゲームショウ2017ファミ通ブース特設サイト
ファミ通TGSスペシャル生放送(9/21)【TGS2017】


TGS2017
▲TGS2017の記事まとめはこちらから

Project PARALLEL

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
メーカーKADOKAWA/KLabGames/オルトプラス
配信日配信日未定

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧