1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. TGS2017>
  4. ローグライクRPG『ドラゴンファング』がNintendo Switch用完全新作として登場!【TGS2017】

ローグライクRPG『ドラゴンファング』がNintendo Switch用完全新作として登場!【TGS2017】

2017-09-22 19:07 投稿

スマホ版とは大きく違う!?

トイディア

2017年9月21日から、千葉・幕張メッセにて開催されている東京ゲームショウ2017(TGS2017)。そこにプレイアブル出展していたトイディアの『ドラゴンファングZ〜勇者ロゼと宿り木の迷宮〜』(以下、『ドラゴンファングZ』)を実際に触れてきた所感をお届けする。

Nintendo Switchで楽しめるクラシカル・ローグライクRPG

ドラゴンファングZ

『ドラゴンファング』というと、iOS/Androidでリリース中の『ドラゴンファング ~竜者ドランと時の迷宮~』を思い浮かべる人もいるかもしれないが、『ドラゴンファングZ』は、Nintendo Switchのダウンロードタイトルとしてリリースされる完全新作。

本作は、いわゆるローグライクゲーム。自動生成のダンジョンでさまざまなアイテムを集め、地下深く潜っていくことが目的となる。

ゲーム画面
▲懐かしくも新しいプレイ画面。ローグライクのツボをバッチリ抑えた作りとなっている。
アイテム画面
▲アイテム識別要素もアリ。識別前のアイテム使用による事故は、ローグライクのお約束。
囲まれた
▲考えなしにどんどん進んでいくと、序盤でも敵に囲まれ大惨事に!

また、本作独自の要素として、倒したモンスターを“装備”し、ダンジョンに連れていくことが可能となっている。

モンスターはそれぞれステータスアップなどの効果を持つだけでなく、障害物を壊すなど固有のスキルを持つものもいるという。登場モンスターは200種類を越えるため、やり込みにも熱が入りそうだ。

モンスターを仲間に
▲連れていけるモンスターは最大3体まで。どんなスキルが登場するのか楽しみ!

本作をプレイして直感的に感じたのは、“非常に手触りがよく、丁寧に作られたローグライク”ということ。

プレイアブル出展時点では、ローグライク未経験者向けと経験者向けのルートがあり、筆者は後者を選んだものの、地下3階にて早々に撃沈。

ローグライクに覚えがないわけではなかったため、この結果には若干ショックだったものの、「見た目に騙されてはいけない」ということを身をもって知ることができた。

そう、本作はパッケージングこそはかわいらしいものの、中身はかなり硬派かつ本格派。やり込み要素もてんこ盛りな仕上がりとなっているようだ。

また、メーカーの方にお話をうかがったところ「ハイリスク・ハイリターンな調整を仕掛けている」とのこと。

たとえば通常のローグライクRPGでは、一本道に敵をおびき寄せ、1体づつ確実に倒すのが定石だが、本作では異なる。

周囲に障害物が何もない状態、つまり敵に囲まれるかもしれないリスクを背負う状況になると“竜人結界”が発動。その状態で戦い続けるとブレイブが上昇し、複数マス攻撃など、通常時は取れない行動が可能になる。

リスクとリターンを秤に掛けるゲーム性が、いかなる興奮をもたらしてくれるかにも期待したい。

なお、本作は売り切りでの発売。かなり求めやすい価格となっているようだ。リリース時期は2017年10月末を予定とのこと。

古きよき本格ローグライクに興味のある人は、ぜひ東京ゲームショウ2017に足を運び、プレイしてみてはいかがだろうか。

特製ステッカー
▲ブースでは特製ステッカーのプレゼントもアリ!

関連リンク

東京ゲームショウ2017公式動画チャンネル
東京ゲームショウ2017ファミ通ブース特設サイト
ファミ通TGSスペシャル生放送(9/21)【TGS2017】


TGS2017
▲TGS2017の記事まとめはこちらから

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧