1. サイトTOP>
  2. 【新作】雨の日限定!『からっぽのいえ』のところにょり氏最新作『あめのふるほし』が配信開始

【新作】雨の日限定!『からっぽのいえ』のところにょり氏最新作『あめのふるほし』が配信開始

2017-06-19 17:45 投稿

雨が降る日は『あめのふるほし』をプレイしよう

『ひとりぼっち惑星』や『からっぽのいえ』など、プレイヤーの心に問いかけるエモーショナルなアプリを配信するところにょり氏から最新作『あめのふるほし』がリリースとなった。

th_IMG_3626

これまでの作品には共通して、ロボットの住む世界というものがあるが、今作もその世界観を踏襲。というのも本作の舞台は、『からっぽのいえ』の未来が『あめのふるほし』の舞台になっているようだ。

▼からっぽのいえとは?
『ひとりぼっち惑星』ところにょり氏の最新作『からっぽのいえ』がやるせなすぎてつらい

“機械しかいない、汚染された大気に覆われた惑星は、雨の日にだけ空気が澄み視界が晴れる。”

というアプリの説明通り、なんと今作は、我々の現実世界と連動し、雨の降る日のみ起動できるというなかなかユニークな試みがなされている。

なるほど、「梅雨入り(本州)までにはリリースしたいです!」というところにょり氏がコメントしていた理由に合点がいく。

th_IMG_3628
▲晴れている日に起動すると、スモッグが画面を覆いなにもできない。

ということで、ゲームを遊ぶ際には、必ず、位置情報を許可して天気が読み込めるようにしておこう。(位置情報を許可しないとスモッグが画面を覆う)

内容は、雨の日にだけ動ける大きな機械が、仲間の残骸から遺言を拾い集めながら、ただひたすらに歩き続けていくというもの。

自動で歩く機械を鑑賞しつつ、時折出くわすほかのプレイヤーの機械の残骸から遺言を回収し、最終的には壊れてしまう自分自身も遺言を残すことで別のプレイヤーに遺言を伝えるという、“ユーザー同士で遺言を贈り合うゲーム”となる。

前作『からっぽのいえ』では、このようなユーザー同士のコミュニケーション要素がなかったので、『ひとりぼっち惑星』でメッセージ機能を楽しんでいたユーザーのジレンマを解消する内容となりそうだ。

これから梅雨本番。雨の日は、ぜひ本作を立ち上げてところにょり氏の世界観を味わってみてはいかがだろうか?

▼ところにょり氏のほかの作品もチェック!

【ネタバレ注意】じつは3部作だった? 『ひとりぼっち惑星』の作者の前2作を遊んでわかったこと
【個人開発ゲームを斬る】話題沸騰中の『ひとりぼっち惑星』作者にいろいろ聞いてみた
『ひとりぼっち惑星』ところにょり氏の最新作『からっぽのいえ』がやるせなすぎてつらい
【個人開発ゲームを斬る】『からっぽのいえ』作者ところにょり氏が語るアプリ制作秘話と反省点

動画でも新作紹介しています

気に入ったものがあったら更新
角満&中目黒のこれ、知ってる?


毎日
更新
編集長!これ、どうでしょう!?


YouTubeチャンネル登録して動画をいち早く見よう!

ファミ通AppのTwitterをフォロー

 

あめのふるほし

メーカー
ところにょり
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧