1. サイトTOP>
  2. ソニー“PlayLink”ブースでキーマンに直撃!PS4とスマホを連動させる狙いとは【E3 2017】

ソニー“PlayLink”ブースでキーマンに直撃!PS4とスマホを連動させる狙いとは【E3 2017】

2017-06-15 13:16 投稿

E3_2017

ワイワイ盛り上がれる“PlayLink”のパーティーゲーム

E3 2017の開催に先駆けて発表された“PlayLink FOR PS4”対応のタイトル。それらが、ソニー・インタラクティブエンタテインメントブースに出展されている。

IMG_9124
スマホを使った新たな遊び!“PlayLink FOR PS4”対応5タイトル情報まとめ

今回は、“PlayLink”自体の取り組みについて、開発を担当しているWish STUDIOSのCEO キャスパー・フィールド氏に話を伺った。

IMG_9515
▲Wish STUDIOSのCEO キャスパー・フィールド氏

――なぜ“PlayLink”のプロジェクトを立ち上げたのでしょう?

キャスパー氏 新しいゲーム体験を模索しているなかでマルチプレイに行きつき、このような形のプロジェクトが誕生しました。アクセスしやすくて簡単で、いろんな人に楽しんでもらいたい。そんなコンセプトがあります。

――スマホ端末をPS4のコントローラーとして採用した理由は?

キャスパー氏 誰もが持っているという理由でスマホを採用しました。コントローラーを揃えるより、安くすみますよね? コントローラーだと通常ふたりしか同時に遊べませんが、“PlayLink”によるスマホ連携であれば6人まで同時にプレイできます。

――6人それぞれがスマホで操作するわけですね。

キャスパー氏 スマホの機能を活かして、マイクを使ったり、写真を撮ったり、何かを書いたりといったことをゲームに取り入れています。単純に操作するだけではないところに注目していただきたいですね。

――PS4本体とスマホはどのようにリンクさせているのでしょう。

キャスパー氏 PS4のWi-Fi機能を使います。それぞれのスマホと連携させるだけで、マルチプレイが楽しめるので、かなり気軽ですよ。

――iOS端末、Amdroid端末どちらにも対応していますか?

キャスパー氏 どちらの端末にも対応しているので、安心してください。タブレットも使えます。

――現状発表されているタイトルは5作品ですが、その他のラインアップはいかがでしょう?

キャスパー氏 Wish STUDIOとしては、継続してタイトルを作っていきたいと考えています。いろいろなジャンルを楽しんでいただきいたいですね。

――日本でのサービスの予定は?

キャスパー氏 現状、未定です。何かが決まったときはアナウンスがあると思うので、お待ちいただければと思います。

日本での展開について、具体的な言及はなかった。とはいえ、多くの人に遊んでもらいたいという想いがあることから、日本でのサービス開始には期待してもいいだろう。

“PlayLink”のパーティーゲームを紹介!

“PlayLink”のいちばんの注目作である『HIDDEN AGENDA』は、こちらの記事でプレイリポートをお届けしているが、まさにパーティーゲームと呼べる3タイトルについてもここで紹介しよう。

⇒『アンティルドーン』制作陣による新作『HIDDEN AGENDA』をスマホでプレイ!ダークな描写が心を抉る

『THAT’S YOU!』

『THAT’S YOU!』はスマホで撮影した自分の写真を使って遊ぶパーティゲーム。

IMG_9313

試遊では、つぎつぎと出されるテーマに相応しい人を各プレイヤーが選んでスワイプでベットし、票を集めて勝敗を競うゲームのほか、出されるお題に合わせてスマホで自分の写真に落書きをし、その仕上がりがおもしろい人を指名するゲームがプレイできた。

IMG_9318
▲トランクの中に、さまざまなゲームが詰まっている。
IMG_9324
IMG_9339
▲トランクの中に、さまざまなゲームが詰まっている。

ポップかつリッチな演出は、パーティーゲームとして及第点。何よりスマホの機能を活かしたさまざまな遊びかたができるのが魅力的だ。

IMG_9336

今回の試遊は、気心知れた者どうしのプレイではなかったため、遠慮が見られた感は否めない。とはいえ、家族や友だちと遊べば、かなり盛り上がりそうなパーティーゲームに仕上がっていた。

IMG_9341
▲優勝者には、“THAT’S YOU”と書かれた人差し指型のスポンジが配られた。お茶目にポーズをとってみるのもいいかも?

『FRANTICS』

『FRANTICS』は、コミカルな風貌の動物たちが登場するアクションバトルゲーム。最初にスマホで自分の顔を撮影すると、似ている動物がチョイスされ、それが自分のキャラクターとなるようだ。

IMG_9268

バトルは、フィールド上でぶつかり合って相手を落とすものと、上空から落下してギリギリでパラシュートを開き、最後に着地することを目指すものの2種。

IMG_9284
IMG_9305

どちらのバトルもスマホを前後左右に傾けるティルト操作で行うが、バトルのアクセントとなる各種アイテムも存在。シンプルなゲームだが、スマホというデバイスにより、これまでにない体験が味わえる。

IMG_9287IMG_9293
▲スマホの画面を使った仕掛けのほか、キャラクターから実際に電話がかかってくるなんていう演出も!

アクの強いキャラクターたちは海外仕様に感じてしまうかもしれないが、実際にプレイしてみるとそれぞれに愛嬌があって、声を出しながら楽しめた。友人が大勢集まったときに遊ぶのにはピッタリだろう。

『KNOWLEDGE is POWER』

こちらは試遊はできなかったのだが、クイズをベースにしたパーティーゲーム。それぞれのスマホで回答し、スコアを競う。ブース自体がにぎやかな装飾だが、ゲーム内でも楽しげな演出で盛り上げてくれそうだ。

IMG_9342
PLKIP_Screen_PS4_E32017_3
E3_2017

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧