1. サイトTOP>
  2. 『ハースストーン』新拡張版“仁義なきガジェッツァン”絶対に手に入れたい注目カードはコレ!

『ハースストーン』新拡張版“仁義なきガジェッツァン”絶対に手に入れたい注目カードはコレ!

2016-12-08 19:30 投稿

環境が揺れるいまがチャンス

ブリザード・エンターテイメントから配信中の『ハースストーン』において、2016年12月2日に待望の新拡張版“仁義なきガジェッツァン”が追加された。全132種類の新たなカードの追加によって、現在ランクマッチでもさまざまなデッキが研究されており、新鮮な対戦を楽しむことができる。

凶悪な新カードが132枚!『ハースストーン』新拡張版がリリース

そこで今回は、これから始めようというプレーヤー、あるいは復帰しようというプレーヤーに向けて、“仁義なきガジェッツァン”で引いておきたい強力なカードを紹介していこう。

“仁義なきガジェッツァン”とは

HS_Social_LW

“仁義なきガジェッツァン”は、3つの犯罪組織が君臨する町・ガジェッツァンをテーマとした拡張版。それぞれの犯罪組織には3つのクラスが所属している。

“グライミー・グーンズ”にはハンター、パラディン、ウォリアー。
“カバール”にはプリースト、ウォーロック、メイジ。
“翡翠蓮”にはローグ、シャーマン、ドルイド。

これらの犯罪組織に関連し、今回の拡張版では新たに“3クラスカード”が登場した。通常、クラスカードは特定のひとつのクラスしか使えない専用のカードだが、3クラスカードは3つのクラスが使用可能。3クラスカードには、コストの下に犯罪組織のマークが記されている。

カバールの飛脚グライムストリートの情報屋蓮華密使

各犯罪組織で引いておきたい強力カード

さて、ここからはいよいよ各犯罪組織ごとに手に入れておきたい強力カードを紹介。パックを開けて引けたらラッキー、もし引けなくても、手持ちのカードで作れそうなデッキがあれば、ぜひ作成も検討してみよう。

■“グライミー・グーンズ”

ハンター、ウォリアー、パラディンを雇う武闘派組織。手札内のミニオンを強化する戦術を得意とする。この犯罪組織に属するカードで引いておきたいのは、“海賊パッチーズ”だ。

PatchesthePirate_jpJP

“海賊パッチーズ”は1コスト1/1のミニオン。一見弱そうに見えるかもしれないが、流行の“海賊”デッキの軸として大いに活躍してくれる。1ターン目から1コスト1/2の“ちんけなバッカニーア”を出した直後に、デッキから直接現れてヒーローを攻撃する様子を想像してもらえるといいだろう。“海賊ウォリアー”や“海賊パラディン”といった速攻デッキで、序盤にプレッシャーをかけるには非常に効果的だ。

“海賊パッチーズ”を使ったサンプルデッキ“海賊ウォリアー”

海賊ウォリアー

■“カバール”

プリースト、ウォーロック、メイジが所属する組織。さまざまなポーションを扱う。この犯罪組織に属するカードで引いておきたいのはこちらの“カザカス”。

Kazakus-0_jpJP

“カザカス”を有効活用するには、デッキ作成の段階で“同じカードを2枚以上デッキに入れない”ようにすること。これにより、カザカスを場に出したときに“即興呪文”という特殊カードを手札に加えられる。

即興呪文とは、その場で効果を決められるカード。最初にコストを1、5、10の3つから選び、その後“カードを引く”、“すべてのミニオンにダメージを与える”など、全10種類の効果から2種を選んで呪文を作成する。呪文の効果は最初に選んだコストによって変化し、コストが高くなるほど効果は大きくなる。

この即興呪文は、対戦中に効果を決められるのが最大の特長。相手がミニオンを並べるデッキであれば全体ダメージを、除去カードが多いコントロールデッキであれば“死亡した味方ミニオンを召喚する”効果を選ぶなど、相手に合わせた対策を取れる点が非常に強力だ。

“カザカス”を使ったサンプルデッキ“レノメイジ”

レノメイジ3

■“翡翠蓮”

ローグ、シャーマン、ドルイドに数々の秘奥義を伝授した組織。テクニカルなカードが多い。この犯罪組織に属するカードで引いておきたいのは、この“アヤ・ブラックポー”。

アヤブラッドポー

“アヤ・ブラックポー”は、場に出たとき、そして場を離れたときに“翡翠のゴーレム”を召喚できる。この翡翠のゴーレムは“仁義なきガジェッツァン”で新たに追加されたギミックで、1体目は1/1、2体目は2/2と、そのゲーム中に召喚された数によって強くなっていくミニオン。この翡翠のゴーレムを生み出すカードを大量にデッキに投入することで、中盤以降も強力に育った翡翠のゴーレムで攻める続けられる。

“アヤ・ブラックポー”を使ったサンプルデッキ“翡翠ドルイド”

翡翠ドルイド

これからの時代には必須レベル

これらのカードは、ランクマッチで見かけることも多い実践レベルのカード。これまで活躍したデッキを強化する役割となったものもあれば、新たなデッキタイプを生み出す役割となったものもある。ランクマッチの環境も大きく揺れ動く昨今、新しい体験が待つ“仁義なきガジェッツァン”にぜひ触れてみてほしい。

▼あわせて読みたい『ハースストーン』記事
ウメハラがデビュー戦で魅せた!【TGS 2016】
日本選手権ではデッキ構築とプレイングが冴えたmattun氏が優勝
モブキャストがプロゲーマーチーム発足で『ハースストーン』世界一を目指す

ハースストーン

ジャンル
TCG
メーカー
ブリザード・エンターテイメント
公式サイト
http://us.battle.net/hearthstone/ja/
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 6.0 以降/Android 4.0 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧