1. サイトTOP>
  2. 「キャラが一切可愛くねぇ!」スクエニ特別謝罪担当がまたまたラッパーにDisられまくる

「キャラが一切可愛くねぇ!」スクエニ特別謝罪担当がまたまたラッパーにDisられまくる

2016-11-22 12:45 投稿

あの動画に早くも第2弾が登場!

2016年11月21日、『サムライ ライジング』の特別謝罪担当がひたすらラップでDisられ続けるという奇妙な動画を紹介した。

⇒この動画は何だ!? スクウェア・エニックス特別謝罪担当がラッパーにDisられまくる

あまりのインパクトにすぐさま記事で紹介したのだが、その直後、YouTubeのスクウェア・エニックスチャンネルでは早くも第2弾動画が公開されていた。

この第2弾動画、おそろしいことに第1弾以上に強烈なインパクトのある仕上がりとなっている。論より証拠、まずは実際に動画を観ていただこう。

▼“Disられザムライ”第2弾動画

今回の動画ではラッパーのACEによるDisが、より具体的な内容に踏み込んでいく。

その切り口の鋭さは、「え、公式でそれ言っちゃっていいんだ」と、見ているこっちがハラハラしてしまうほどだ。

2016-11-21_20h15_20

一方で徹底的にDisられ続けた特別謝罪担当が、なんとラップで反撃を開始するシーンも。

YO……

渾身のラップがモンスターラッパー・ACEに通用するかどうかは動画を見ていただくとして、プレイヤーにとっていちばん大事なのは「果たして『サムライ ライジング』は本当に可愛くなったのか?」というところ。せっかくだし、見比べてみることにしよう。

新旧キャラクターを見比べてみよう

まずは“黒歴史どころか暗黒史”とまでDisられた、初期のキャラクターから見ていこう。下の画像、左が“ソウジン”、右が“シジャク”だ。どちらも性能面では非常に優秀なキャラクターのため、プレイヤーがゲーム中でよく目にすることになるのだが……。

【初期キャラ】侍_ソウジン[1]【初期キャラ】白魔_シジャク[1]

これら初期のキャラクターに対し、10月に追加された新キャラクターが下の2体。侍の“オウカ”と白魔道士の“シュシュ”だ。追加の判断材料として、“シュシュ”のキャラクターボイスは声優の釘宮理恵が担当していることも付け加えておく。

 【新キャラ】侍_オウカ
【新キャラ】白魔_シュシュ

それからもうひとつ、動画内ではこんなシーンも。

イラスト追加

動画中、特別謝罪担当が必死でアピールしている“2Dイラスト”とはどういったものだろうか? こちらも実際のイラストを見ていこう。

まずは、黒魔道士のリンドウ。

黒魔道士リンドウ

そして、竜騎士のエンジュ。

龍騎士エンジュ

いずれも9月に実装された、比較的新しいキャラクターだ。ちなみにゲーム内の3Dモデルでは、それぞれ以下の姿となる。

 【限定キャラ】黒魔_リンドウ_1 【限定キャラ】龍騎士_エンジュ_1

少なからず変化は見て取れるが、“可愛くない ライジング”を脱却できたかどうかは、プレイヤーそれぞれが判断するところ。

願わくば、このキャラクター傾向の変化が、ラッパー・ACEのハートにも届いてほしいところだが……。

第3弾も近日配信?

そして動画の最後では、こんな不穏な予告が。次回もまた、えげつないDisが飛んできそうだ。

2016-11-21_20h16_50

果たして特別謝罪担当は、このモンスターのようなラッパーを下せる日は来るのか?

そして『サムライ ライジング』は、11月25日の大型アップデートで、離れていったプレイヤーを再び呼び戻すことができるのか?

結果がどう出るにせよ、いまはただ次回の動画と今後の展開を待つしかない。

『サムライ ライジング』公式サイト

『サムライ ライジング』Version2.0特設サイト

▼『サムライ ライジング』関連記事
⇒【新作】ありそうでなかった和風アクションRPG

サムライ ライジング

ジャンル
アクションRPG
メーカー
スクウェア・エニックス
公式サイト
http://samurai-rising.jp/
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS / Android

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧