1. サイトTOP>
  2. 【読プレ】新武器の正体は“杖”!! 『モンギア』全国大会“BHC2016 in Summer”の優勝賞品“最高会議in沖縄”をリポート

【読プレ】新武器の正体は“杖”!! 『モンギア』全国大会“BHC2016 in Summer”の優勝賞品“最高会議in沖縄”をリポート

2016-10-04 10:00 投稿

モンスターギア(モンギア)バナー▲モンスターギア(モンギア)攻略まとめはこちら▲

読者プレゼントあり!

セガゲームスから配信中のハンティングアクションRPG『モンスターギア バースト』(以下、『モンギア』)。2016年8月27日に、本作のNo.1プレイヤーを決める大会、“モンスターギア ブキバッカ王国 ハンター選手権2016 in Summer/Kingdom of BUKIBACCA Hunter Championship in Summer(以下“BHC2016 in Summer”)”が開催され、テクニカルコースは“伊藤弟ぴヨ@G7”、エキスパートコースはチーム“DMG”が優勝。

両名(計5人)には“モンギア最高会議 in 沖縄”の参加権が贈られた……。

そして、2016年9月30日から10月2日の2泊3日で、“モンギア最高会議 in 沖縄”がついに実施! 『モンギア』の新装備や改善案などを決める会議が沖縄で行われたのだ。

<“モンギア最高会議 in 沖縄”で決まったこと>
・ブキバッカⅠ世が★6に進化
・新超レジェンドギアは初心者でも使いやすい強力ギア!
<“モンギア最高会議 in 沖縄”で明らかになったこと>
・新武器種として杖が実装

 モンギア_BHC2016iS_logo

初日:最高会議実施

沖縄に到着し最初に訪れた場所は、“琉球村”。そこでは、沖縄の昔ながらの建物や踊り、などを見学。優勝者たちもテンション上昇! カメラを向けると楽しそうにポーズ! 完全に観光気分丸出しな1枚だと思うかもしれないが、夜に行われた“最高会議”(後述)の様子は、決してタダの観光だけでは片付けられない熱いものだった。

 DSC_1765
▲左から、シャカ@DMG、わらび、もかお、伊藤弟ピヨ@G7、もっさん

そして琉球村で、最高会議に使う重要な書類を優勝者代表として“もっさん”(DMG)が中村プロデューサー(中村P)に手渡した。この封筒の中には、現段階の『モンギア』の“改善要望”と“提案書”が入っている。

 DSC_1777

琉球村を後にし、向かうのはこれから2日間滞在するホテル。ちなみに、移動中のクルマの中は『モンギア』楽しむメンバーの姿が! やはりどこにいても『モンギア』をプレイしているメンバーが集まればマルチプレイでワイワイ盛り上がってしまうようだ。

DSC_1881
▲最高会議に合わせて地域限定クエストが開催されていたので彼らはそれをマルチで遊んでいたようだ。

クルマで『モンギア』をプレイしているとあっという間にホテルに到着。荷物を置いてホッと一息ついたころに夕ご飯タイム。

夕ご飯は、ホテルのビュッフェ! 中華、和食、イタリアン、デザートなど種類豊富なメニューに何を食べようか悩んでいるメンバー。

 DSC_1910

ご飯を食べ終えると、やっと会議に。今回は、エキスパートコースのDMGには“新超レジェンドデザイン権”、テクニカルコースの優勝者は“進化ギア指名権”が与えられ、この会議で決定することに。

先ほどまでおいしいご飯を食べてニコニコしていた表情も、『モンギア』の会話になると真剣な顔になるメンバー。

 DSC_1938
▲まずは、“ギアモデルデザイン”を考える。6つのモデルデザインから自分たちのイメージに沿うものを決める。
 DSC_1947
▲つぎに、ギア性能を考えることに。こちらは、開発側から各部位ごとのパラメーターやアビリティ、ギアバーストが選べるようにシートが用意されていたのでその中から選ぶことに。各効果やパラメーターには“コスト”が設定され、定められた上限コストの中で好きなものが設定できる。

オーブの作成は、ギア性能のときと同じように開発側から効果がまとめられたシートをみて、選択し作成。今回の超レジェンドギアが大剣なので、オーブは“大剣用”か“全武器用”のふたつから選ぶ形となった。

 DSC_1976
▲伊藤弟ぴヨ@G7は、好きな進化ギアを用意したリストの中から選択することができる。基本的には、現在でている★5で進化していないものであれば何でも対応可能とのこと。そして、彼が選んだものは“ブキバッカⅠ世”。

そして、最後に決めたのは今回デザインした超レジェンドギアで挑む“クエスト”だ。提示された条件やモンスターをリストの中から選ぶ形で作成が進んだのだが、議論が白熱してしまい時間内に終わらずいったん持ち帰ることに! エキスパートコース優勝チームのDMGは深夜3時まで話し合いを重ねたそうだ。

そして、決まった“超レジェンドクエスト”はいつもの降臨系クエストとは違った、歯ごたえのあるクエストとなった。ぜひ、今回の会議で決まった“超レジェンドギア”を使って挑もう!

DSC_1975

話合いが終わると、つぎは『モンギア』への要望を開発チームにぶつけることに。要望は以下の通り。

次回アップデートで実装されているもの
・フレンド枠の上限解放
→1.5.0で“100”まで開放。
※一律“10”開放され、以降はレベルに応じて段階的に開放。
・ルーンドライブのエフェクトを軽減してほしい
→1.5.0でオプションで段階的にエフェクトを外せる機能を実装。
・新しい武器種を増やしてほしい
→今回あきらかになった“杖”
以降のアップデート計画に盛り込まれる内容
・ゴールドルシファーやゴールドミカエルを、通常のルシファーやミカエルで限界突破させられるようにしてほしい
・オーブがどのギアに装備されているのか探しやすくしてほしい
・クエスト終了後のマッチング情報をオン・オフで切り換えるようにしたい
・ひとつのオーブに対してレベル1からMAXまで一気に進化ができるようにしてほしい(回復選択でも可能)
・攻城戦の開催時間について、6~24時の開催はやめてほしい
→攻城戦については様々な意見があり、全てのお客様に満足いただけるレギュレーションを1つには定めづらいため、今後も様々な時間、レギュレーションで開催していきたい。
・ギルドのチャット入力欄の表示を拡大
・サブのAIに対して、プレイスタイルの定義ができるようにしたい

どの要望も、前向きなコメントや、つぎのアップデートで実装されるとの回答を得られてひと安心。また、ココに記載されていない内容についても、随時アップデート計画に盛り込まれていく予定とのこと。

さらに、新武器種として杖が実装されることも明らかになった。突然の最新情報にメンバーはやや興奮ぎみ。最高会議終了後に中村Pに聞いたところ、杖は、回復や補助効果などをチーム全員に与えたり、モンスターに状態異常やダメージを与えられる等の複数のスキルを切り替えられる特殊攻撃を使うことがとのこと。詳細はまもなく発表されるのでこうご期待。

開発チームも、真剣に議論する優勝メンバーの様子をみて「いつもの企画会議と考え方や進め方が変わらない(笑)」と驚いていた。そして、ふだんラーメンのはなしばかりの中村Pも、この時は真剣な表情で話し合いに参加。「こんなにも『モンギア』のこと、ほかのユーザーのことを考えてもらって頼もしい」と発言していた。また、質問も的を得ているものが多く、聞いている記者もびっくり!

2日目:シーサーを作る! それが読プレに(笑)

白熱した議論が展開されたの日。美ら海水族館に行き魚たちを鑑賞したり、沖縄の守り神で有名な“シーサー”を作ることに。

シーサー作りは、優勝メンバーはもちろん中村Pや開発チームのメンバーも真剣に取り組んでいた様子。ちなみに、ファミ通Appのみいこもちゃっかりと体験。

 DSC_2189
▲慣れない手つきでシーサーを作っている。
 DSC_2183
▲この写真を見るとプロの貫録!(笑)
 DSC_2180
▲お手本を見つつそれぞれ個性あるシーサーを作っている。

今回の最高会議で、『モンギア』尽くしの2泊3日を過ごした優勝者たち。改めて『モンギア』の魅力とは何なのか、優勝者たちに聞いてみた。

DSC_2056

Q、モンギアの魅力

DMG:第1回大会で僕たちは違うチームで戦ってたんですが、そこで出会ってから縁がありましてチームを組みました。『モンギア』は、ひとりでも仲間とも出来るし、自分に合ったプレイ方法で遊べるのが魅力です。新しいクエストなどが出たときにどうやったら効率よく回れるのか攻略法を考える過程も楽しみのひとつです。

伊藤弟ぴヨ@G7:僕もギルドメンバーと攻略方法を考えたり、タイムアタックでどれだけ早く狩ることができるか考えることが楽しいですね。

Q、会議で決めた内容はなにを重視して決めたのか

DMG:まず、デザインを重視しました。つぎに、HPは低めだけど属性攻撃力の高さをメインに考えました。最近は物理攻撃を無効にする“スキルカット”というスキルを持っている敵が多いので、それに対抗するギアを作るのが狙いです。あと、オーブまで作っていいと思っていなかったのでびっくりしました(笑)。オーブはルーンドライブが発動する能力をもったものを少しだけカスタマイズしてお願いしました。大剣のギアなのでそれを生かしたオーブにできたと思います。

伊藤弟ぴヨ@G7:進化ギアは、ブキバッカ1世を選びました。いちばん攻撃力が高い大剣だし、アニバーサリー系のギアなので、なかなか進化されないだろうなと(笑)。

DSC_2061

Q,これから『モンギア』をどのようにプレイしていくのか

伊藤弟ぴヨ@G7:いま持っている自分のギアが弱いからダメだと思わず”いまも持っているもので最大限に戦って勝つ“という気持ちを忘れず、ずっと『モンギア』をやっていきたいです。第3回の大会があったらまた出たいです(笑)。

もかお:新クエストなどは誰よりもはやく攻略していくスタンスは今後も続けていきます。マルチでもソロでもランキングが大会で結果を残したいです!

わらび:自分はうまい人をみて真似するほうなのですが……今後はタイムアタックを意識して楽しくやれればいいかなと。大会は、誘われたら参加します(笑)

シャカ:僕はゲームを続けるかどうかの浮き沈みが激しいのですが、第2回大会で優勝して、これからも続けていこう、『モンギア』を最後まで見届けてやろう! という気持ちになりました。僕のプレイが、ほかのプレイヤーさんに少しで刺激になればと思います。機会があれば大会にも出たいです!

もっさん:自分はモンギアのテクニックがそんなにあるほうではないので、まずは“『モンギア』をみんなで楽しもう!”ってところ広めていきたいです。つぎの大会に出るチャンスがあるならもちろん出たいし、出るなら優勝したい! それが『モンギア』の魅力を伝えるためのいい循環になってくれたら文句ありません。

読者プレゼント! “手作りシーサー”

最後に、最高会議2日目でファミ通Appのみいこが作った“ヤンキー風シーサー”を抽選で1名様に読者プレゼント。住所、氏名、電話番号などを応募フォームにしっかり記入して応募してください。たくさんの応募お待ちしております!

 DSC_2206

プレゼント応募概要

●応募しめ切り
2016年10月14日午後11時59分まで

●結果発表
発表は、賞品の発送(2016年10月下旬頃)をもって代えさせていただきます。

【注意事項】
※かならず注意事項を確認いただき、同意のうえで応募してください
◎ひとりにつき、応募は1回まで。複数応募された場合でも、当選はひとり1口までとなります。
◎希望賞品、郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号は必須項目です。入力漏れや誤入力がある場合は、応募を受け付けられません。
◎賞品の発送先は日本国内に限ります。
◎賞品は譲渡しないことを応募・当選の条件とします。譲渡には、売ること、オークションに出品することなどが含まれます。譲渡が明らかになった場合、当選は取り消され権利をお返しいただく場合があります。
◎ご応募に際しお客様よりご提供いただいた個人情報は、弊社のプライバシーポリシーの定めるところにより取り扱わせていただきます。

【応募はコチラから】

モンスターギア(モンギア)バナー▲モンスターギア(モンギア)攻略まとめはこちら▲

モンスターギア バースト

ジャンル
ハンティングアクションRPG
メーカー
セガゲームス
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS、Android

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧