1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. VR>
  4. 驚異の視線追跡型VR HMD”FOVE(フォーヴ)”がTGS2016にプレイアブル出展決定!

驚異の視線追跡型VR HMD”FOVE(フォーヴ)”がTGS2016にプレイアブル出展決定!

2016-08-31 17:59 投稿

TGS2016でFOVEを体験できる!

FOVEは、2016年9月15日~9月18日に幕張メッセにて開催される、東京ゲームショウ2016に参加することを発表した。

同社ブースでは、視線追跡技術のゲームへの活用方法に関するプレゼンテーションが30分に1回実施されるほか、VRヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)”FOVE”の最新情報の発表、最新デモの試遊などの展示が予定されている。

FOVE_PressRelease_Blackv2

FOVEとは?

体験者の目の動き(眼球の動き、視線、瞬きなど)を認識する視線追跡型VR HMD。

一般的なVR HMDならば必ず首を動かして視線の変更を行うが、本機では体験者の眼球移動だけで視線の変更ができる

そのほか、”視線の先の周囲の焦点をぼかす”なども行えるようだ。

▼FOVEのPV(※映像内のデザインは旧バージョンのものとなります)

FOVEデベロッパーズキット版ニューカラーバリエーションの展示

先日発表された、デベロッパーズキット版の最新バージョンが展示される。

以前発表されたホワイトカラーバージョンに加え、ブラックバージョンのデザインモデルも初展示される。

視線追跡を生かした新規デモゲーム3タイトルを展示

FOVEのブースでは、視線追跡、瞬き認識などの機能を盛り込んだ3つの新規デモゲームが展示され予定だ。

当日は実際にFOVEのプロトタイプ機を用いて、新規デモゲームを体験できる。

TGSで公開するデモゲームについては以下の通り。

(1)『Project Falcon(プロジェクトファルコン)』

視線追跡を利用したファーストパーソン・シューティング(一人称視点シューティング)ゲーム。

視線追跡技術を用いて見るだけで素早く敵をロックオンするなど、直感的な操作が可能。視線追跡技術の使用例として展示される。

ProjectFalcon12
ProjectFalcon13
ProjectFalcon4
ProjectFalcon5
ProjectFalcon11

 

(2)『Judgement(ジャッジメント)』

表示される選択肢を意識的に選ぶのではなく、プレイ中に注目した物や場所によりストーリーが自然に分岐していく脱出系ゲーム。

監禁された状態からスタートし、尋問をくぐり抜けどのようなエンディングになるかはプレーヤーの行動次第。

視線追跡を用いた新しいコンテンツ例として展示される。

Judgement

 

(3)『Functions(ファンクションズ)』

目の動きによるキャラクター操作や、目の開閉による演出変化等、最先端視線追跡技術を活用したミニゲーム集。

目の動作(開閉、注視等)による操作および演出変化の具体例として展示される。

Functions2
Functions1
Functions3

▼あわせて読みたい

コロプラも出資している視線追跡型VR HMD”FOVE”の最新デザインが公開

FOVE代表&VR ZONE Project i Canの仕掛け人も登壇! 命綱必須のVRにおける予想外な出来事とは!?

コロプラが”Colopl VR Fund”を通じて視線追跡型VRヘッドマウントディスプレイを開発するFOVEへ出資

VR▲VRのまとめページができました

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧