1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. VR>
  4. 『ガンダム VR”ダイバ強襲”』ザクがこんなに怖いなんて……VRでモビルスーツ戦を体験せよ!

『ガンダム VR”ダイバ強襲”』ザクがこんなに怖いなんて……VRでモビルスーツ戦を体験せよ!

2016-08-25 17:56 投稿

迫力を超えた恐怖のモビルスーツ戦

バンダイナムコエンターテインメントが贈る数々のVR作品が体験できる東京・お台場のVR ZONE Project i Can。2016年8月26日より、『機動戦士ガンダム』のVRアクティビティ、『ガンダム VR”ダイバ強襲”』が稼働する。

⇒眼前でド迫力のモビルスーツ戦が展開する『ガンダム VR”ダイバ強襲”』

“戦場に民間人として居合わせる”という新体験が味わえる本アクティビティの先行体験リポートをお届け。

ガンダムVR ダイバ強襲キービジュアル

【ガンダム VR”ダイバ強襲”概要】
●体験料:930バナコイン(1000円)
●体験時間:8分
※体験は抽選になる場合があります。詳細は公式サイトにて。
※Project i Canの営業は、2016年10月10まで。
(c)創通・サンライズ

自分はパイロットではなくただの人

『ガンダム』で誰もが憧れるのが、”自分がエースパイロットとなって戦場を駆ける”、というもの。なんだかんだでそういったゲームはいままで多数発売されているので、エースになれる機会はいくらでもある。

しかし、『ガンダム VR”ダイバ強襲”』では、ひとりの一般人として、モビルスーツどうしが戦う場を眼前で味わえるのだ!

アクティビティの全景は下記の通り。

 ガンダム VR”ダイバ強襲”001
▲椅子が謎の形をしているが、これはモビルスーツの手を模しているから。その理由はのちほど。

プレイヤーはVRのヘッドセット、ヘッドホン、ベルトをセット。準備ができたら、あとは立って待っていればオーケー。

 ガンダム VR”ダイバ強襲”009
▲『機動戦士Zガンダム』のカミーユのように親指を立てているが、戦争に巻き込まれたただの一般人です。

スタートすると、目の前にお台場に立っているおなじみのガンダムが出現! このRX-78-2ガンダム、全長は18メートルあるので、そこらの人の約10倍、ビルだと6階分くらいある。それが目の前に立っているわけだ。

 体験映像_01
 体験映像_02
▲人間は足の先くらいのサイズしかない。超デカイ。

とはいえ、お台場には等身大のガンダム立像があるので、デカいのを見たいだけなら、それを見ればいいという話もある。

『ガンダム VR”ダイバ強襲”』のすごいところは、この18メートルのガンダムが、目の前で起動し、動くところ! 脚部や腕、各種パーツが動き、まさに「こいつ動くぞ!」状態に。

「やべぇ、でかいガンダムがマジで動いてるスゲー!」

「腰のところってあんな風に可動するんだ……。スゲー!」

ってなること間違いなし。ガンダムが動くのはいろいろな映像やゲームで見られるものの、超巨大なガンダムがまさに目の前で動いている感覚で見られるのは、VRならでは。

体験映像_03
▲ダイナミックな動きはもちろん、細かいギミックまで目が離せない!

目の前のガンダムに注目しがちだが、後ろを見るとジオン軍のザクIIがこっちに向かってやってきているのも確認できる。「ザクIIとかやられ役でしょ(笑)」とか思ってる人も少なくないだろうが、なんせこっちは生身。デカいザクIIがドンドンやってくるのがスゲー怖い。

さらに、近づいてきたザクはザクマシンガンを容赦なく発射。

「足元に民間人がいるんだぞ!」

……と、叫んでもムダで、ザクマシンガンはドンドン放たれる。このとき、ガンダムのボディからひしゃげた緑の物体が落ちてくるのだが、これはザクマシンガンの弾丸らしい。

ヘルメットくらいの大きさのものがボロボロ落ちてくるので、「これ当たったら死んでない?」とか思って上を見ながら、ついつい避けてしまう。

 ガンダム VR”ダイバ強襲”010
▲「あれ当たったら死ぬな……」の図。ザクマシンガンって弱そうなんだけど、120ミリもあるから弾もマジでデカい。こんなの食らって平気なガンダムは、マジでバケモノ。

そうこうするうちに、プレイヤーはガンダムの左手に乗ることになる。そのとき、謎の形をしていた椅子の親指部分につかまるというわけ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▲せっかくなので綺麗なお姉さんの写真を使用。ガンダムの親指にしっかり捕まろう。

その後、ガンダムは左腕を胸部当たりまで持ち上げるのだが、このときに椅子の微妙な動きとVRの視界で、プレイヤーも高いところ(10~15メートルくらい)にいるような感じにさせられる。

「マジかよ! すげー高いぞ! 落ちたら死ぬんですけど!」

って感覚に陥るが、実際には数センチしか上がっていないらしい。やってる本人はマジで怖いので、高所恐怖症の人はちょっと考えたほうがいいかも知れない(笑)。

 ガンダム VR”ダイバ強襲”011
▲あまりの高さにビビり、思わず足元を見るオッサンの様子。外から見ると何にビビってるのか謎だが、すげー高いところにいる感覚になるので、かなり怖い!

高さにビビるのは序の口。このアクティビティの本番は、ガンダムとザクIIによる近距離戦闘だ。ザクIIはヒート・ホークで斬りかかってきて、ガンダムがビーム・サーベルで応戦するのを、目の前、本当にマジで目の前で見ることができる。

 体験映像_04
▲相変わらず容赦ないザクIIは、胸元に斬りかかってくるので、目の前でつばぜり合いが発生!

ちなみに、つばぜり合いしているときは、椅子の近くにあるヒーターが起動して、ヒート・ホークとビーム・サーベルの熱まで体感できちゃう。つーか熱いよ! こっちは民間人だぞ!

 ガンダム VR”ダイバ強襲”012
▲このヒーターなんだろう? と思ったら、そういう使いかたが! なお、ビーム・サーベルは温泉を沸かせるくらい熱い。覚えておこう。

そんなこんなで、人がいかにモビルスーツに対して無力かを痛感させられる、いままでにない体験ができるのが『ガンダム VR”ダイバ強襲”』だ。これをプレイすると、モビルスーツを見る目が変わるかも知れない!?

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧