1. サイトTOP>
  2. 滑らかなアクション&爽快コンボに脱帽!王道ファンタジーRPG『追憶の青』プレイリポート

滑らかなアクション&爽快コンボに脱帽!王道ファンタジーRPG『追憶の青』プレイリポート

2016-08-22 20:40 投稿

スマホRPGとして目を見張るデキ!

追憶の青_メインビジュアル

Wright Flyer Studiosがリリース予定のアクションRPG『追憶の青』。昨年行われたゲームの祭典“東京ゲームショウ2015”で発表されて以来、注目を集める大型新作だ。

事前登録も開始された本作。今回は先んじて、2016年6月13日~20日にかけて実施されたクローズドβテスト(以下、CBT)のプレイリポートをお届けする。

【関連記事】
⇒レジェンドクリエイター集結の大作、事前登録スタート!
⇒【闘会議2016】『追憶の青』Wright Flyer Studios新作がヒットの予感
⇒【TGS2015】グリー大型新作『追憶の青』はベルトスクロールアクションRPG

【『追憶の青』事前登録】

『追憶の青』の魅力

  • ・コンボが超爽快! スマホ最高レベルにヌルヌル動くバトル
  • ・練り込まれた世界観! 骨太な王道ファンタジー
  • ・マルチプレイやPvPも! 豊富なモードでトコトン遊べる

コンボが超爽快! スマホ最高レベルにヌルヌル動くバトル

本作はいわゆるベルトスクロールアクション。キャラクターを操り、迫り来る敵をなぎ倒していくことが基本となる。

『追憶の青』_1
▲縦持ちタイプのアクション。バーチャルパッドやスキル発動ボタンの配置が画面下部のため、キャラクターの動きが手で隠されてしまうことがなく快適。
『追憶の青』_24『追憶の青』_25
▲基本操作はこちら。直感的な操作で非常にわかりやすい。

ここまでは、よくあるタイプのアクションゲーム。特筆すべきは、キャラクターたちが目を見張るほどにヌルヌル動くということ。

ひとつのスキルを出すわずかなあいだでも、複数の箇所がスキルのアクションに連動して細かく動くため、全体として見たとき、非常に滑らかに動いているように見えるというわけだ。

まずは、1秒にも満たないスキル発動の瞬間を切り出したものを見てほしい。

『追憶の青』_モーション1『追憶の青』_モーション2
『追憶の青』_モーション3『追憶の青』_モーション4
『追憶の青』_モーション5『追憶の青』_モーション6
『追憶の青』_モーション7『追憶の青』_モーション8
『追憶の青』_モーション9『追憶の青』_モーション10

技を出す予備動作として体を沈める様子や敵が吹っ飛んでいく様子などが非常に細かく描かれていることがお分かりいただけると思う。敵・味方含めたすべてのキャラクターがこのクオリティで描かれているため、プレイしているほうとしては「スマホでここまで動かして大丈夫なのか!?」と驚きっぱなしだった。

『追憶の青』_モーション11『追憶の青』_モーション12
▲左右の画像が少し違うことに気づいただろうか? じつは女性キャラクターのポニーテールが微妙に動いているのだ。この滑らかな動きは、100個ほどに分かれたキャラクターの部位を、それぞれ動かしているから、とのこと。

コンボをつなげて強敵を倒せ!

本作のバトルの醍醐味はなんと言ってもコンボにある。

たとえば主人公の場合、所持している3つのスキルをタイミングよく発動させることで、すべてつなげることが可能。通常攻撃と組み合わせることで、爽快な連撃を楽しむことができる。

『追憶の青』_2
▲通常攻撃⇒スキルをはじめ、タイミングを狙えばスキル1⇒スキル2⇒スキル3もつながるようになっている。

敵の行動も一本調子ではないため、工夫して対処する必要がある。ガードを崩してから大ダメージを与えたり、飛び道具をたたき落とすなどの駆け引きもアツい。

『追憶の青』_26『追憶の青』_27
▲矢はたたき落とすことが可能。そのほかにも意外な対処法でバトルが有利に進むことが多々ある。

この一連のシステムは、“アクションRPGに格闘ゲームを持ち込んだ”と言っても遜色のないレベルと思う。「この通常攻撃とこのスキルがつながるのか!」と気づいた瞬間がとにかく気持ちいいのだ。

なお、ベータテスト時点の難易度は高めだった印象。キチンと対策を考えていかないと、序盤のボスにすらアッサリ負けてしまうことも多々あった。

『追憶の青』_28『追憶の青』_29
▲こちらは劇中何度も刃を交わす仇敵・オズマ。第1章のクエスト4という、チュートリアルが終わって間もなく戦う相手にも関わらず、とんでもなく強い。攻略パターンがわかり勝てたときには、嬉しさのあまり思わず「やったぜ!」と叫んでしまった。

主要ジョブ4つを紹介!

本作では4つのジョブがあり、それぞれが個性豊かな能力を持つ。主人公たちだけではなく、ガチャ排出のキャラも使用可能なため、幅広い戦いかたを楽しむことができる。

ナイト

ナイトは近接攻撃に長けているジョブで剣を装備して戦う。攻撃範囲が後述のファイターよりも広く耐久性に優れるため、使い勝手は4つのジョブのなかでも上位。

ナイトのモーション例

『追憶の青』_3
『追憶の青』_4
『追憶の青』_5

ファイター

ファイターは近接攻撃を得意とするジョブ。全ジョブ中で最速の動きを誇るため、敵の攻撃の出を潰しやすい。レンジは短いものの、連続攻撃で敵を圧倒することができる。

ファイターのモーション例

『追憶の青』_6
『追憶の青』_7
『追憶の青』_6

マジシャン

マジシャンは遠距離攻撃が得意なジョブ。敵のレンジ外からの攻撃が可能なため被ダメージを抑えやすいが、通常攻撃での瞬間火力が低く、発生は遅め。やや上級者向けの性能と言える。

マジシャンのモーション例

『追憶の青』_9
『追憶の青』_10
『追憶の青』_11

プリースト

プリーストは4つのジョブのなかで唯一回復スキルを持つ。バトル中は安定した回復手段に乏しいため、ゲームが進むにつれジリ貧になってしまうことが多い。高レアリティのプリーストがいるだけで難易度がグっと下がる局面もしばしば見られた。

プリーストのモーション例

『追憶の青』_12
『追憶の青』_13
『追憶の青』_14

状況に応じてキャラを切り換えよう

戦闘ではこれら4つのジョブから3人パーティーを編成、状況に応じてキャラを切り換えつつ戦っていくことになる。

『追憶の青』_15
▲編成は自由だが、回復ができるプリーストはできるだけ入れておきたい。

なお、キャラクターの基本的な方向性は各ジョブごとに決まっているものの、同じジョブでもキャラ固有の動き、コンボなどがあるため、使い勝手がまるで異なる。

格闘ゲームさながらに、各キャラを使い込み、プレイヤースキルを磨いていくことも本作の醍醐味のひとつと言えよう。

練り込まれた世界観! 骨太な王道ファンタジー

本作の魅力のもうひとつは、群像劇的なテイストも含む、硬派な王道ファンタジー。

舞台となるヴァインランド島は、西の宗教連合国、東の軍事国家に挟まれた立地ながら、魔石使いの一族によって独立を守られてきた。

しかし、魔石の力を欲する両国の思惑により、島の内情は徐々に変わり始め、銀の氏族を中心とした連合派、白の氏族を中心とした帝国派、青と赤の氏族を中心とした、どちらにも汲みせず中立を謳う派閥に分かれてしまうことになる。

かつて手を取り合った者同士がさまざまな思惑を抱き、島は内紛の時代へと突入してしまうのだった……、というのが基本的なストーリー。

追憶の青_ビジュアル
▲公式HPより。色の名を冠した氏族の、さまざまな政治的思惑が錯綜する重厚な王道ファンタジー。

フリオ(CV:松岡禎丞)

『追憶の青』_フリオ

本作の主人公。青の氏族長エドワードの息子であり、青の継承者。優しくまっすぐな性格の持ち主で、幼少期よりオズマに鍛えられ、優れた剣の使い手へと成長する。

『追憶の青』_オズマ1
▲暴走するかつての師に向かって。徹底して戦わない道を模索することがポリシーとなっている。
『追憶の青』_オズマ2
▲剣を取りはするものの、できるだけ戦いを避けたいという考えは揺れることがない。

シリル(CV:小清水亜美)

『追憶の青』_シエル

黒の氏族で、オズマの妹。やさしい性格でちょっと天然。フリオの侍女として行動をともにする。オズマに鍛えられ、おとなしい外見に似つかず、優れた魔石の使い手である。

『追憶の青』_シエラ2
▲ふだんはおっとりしているものの、平和を乱す者はたとえ兄であっても容赦はしない芯の強さを持つ。
『追憶の青』_シエラ2
▲フリオのことを信じ切っているがゆえの台詞。彼に対して、単なる主従関係以上の思いを抱いている様子だ。

ロビン(CV:赤羽根健治)

『追憶の青』_ロビン

フリオの従者である、青の氏族の青年、お調子者だが、いざというときは頼りになる兄貴分的な存在。フリオは兄弟同然に育ち、オズマによって戦闘術を叩きこまれた。

『追憶の青』_ロビン1
▲美人にはめっぽう弱く、臆面もなくデレデレする素直さがよくも悪くも持ち味。
『追憶の青』_オズマ5
▲フリオ一行のなかではいちばんの楽天家ながら、シリルのために静かに怒りを燃やす、仲間思いな一面も。

アイシャ(CV: 佐倉綾音)

『追憶の青』_アイシャ

赤の氏族長サイモンの娘で、赤の継承者。正義感に溢れ、明るく元気いっぱいの女の子。気が強いが涙もろい。フリオとは幼なじみ。

『追憶の青』_アイシャ1
▲フリオに「待っているように」と言われたものの、街を救う度に飛び出してきてしまったアイシャ。正義感は非常に強い。
『追憶の青』_アイシャ2
▲口調はキツめだが、フリオの力になりたいと強く思っていることが見え隠れする。

オズマ

『追憶の青』_オズマ

黒の氏族長であり、中立強硬派の中心となる人物。中立派でありながらも好戦的な思考であり、血の気が多く誰とでも衝突をしてしまう。ある種のカリスマ性を持っており、彼を慕うものも多い。

『追憶の青』_オズマ4
▲自身を止めにきた弟子たちを前にしての発言。かなり過激な破壊活動なども行っているが、本人なりのポリシーあってのことで、いわゆる狂人ではない。彼の真の目的はいったい……?
『追憶の青』_ロビン2
▲銀の氏族の根絶やしを、当たり前のことのようにサラっと口にするオズマ。とはいえ常軌を逸した強さを見るに、軽くやってのけそうな気もする。

マルチプレイやPvPも! 豊富なモードでトコトン遊べる

白熱のバトルと王道のストーリーに加え、本作ではマルチプレイをはじめとしたモードが充実していることが特徴。

(1)マルチプレイで高難易度モードに挑もう
(2)イベントクエストで限定武器をゲット!
(3)錬磨の塔でほかのプレイヤーとバトル&豪華装備をゲット!

(1)マルチプレイで高難易度モードに挑もう

本作はソロプレイでも十分におもしろいが、ほかのプレイヤーと協力し、最大3人でパーティを組んでクエストに挑むこともできる。

『追憶の青』_17
▲マルチプレイは最大3人で挑戦可能。
『追憶の青』_18
▲仲間と協力して強敵に立ち向かうのは白熱すること請け合い。

難易度高めなゲーム性も相まって、サービス開始後はかなり盛り上がるモードになるのではないだろうか。

(2)イベントクエストで限定武器をゲット!

キャラクターの育成とはべつに、本作では装備品によって戦力をアップさせることが可能。

武器はガチャでの排出だけではなく、クエストでの入手も可能。武器は進化させることで強力に育てることができるため、戦力アップにはもってこいだ。

『追憶の青』_16
▲属性が付与された強力な武器などを入手可能なクエスト。属性相性が重要性を増してくる中盤以降の戦力増強にはもってこいだ。

(3)錬磨の塔でほかのプレイヤーとバトル&豪華装備をゲット!

装備の入手方法はガチャやクエスト、ドロップだけではない。錬磨の塔と呼ばれるPvPモードを勝ち進むことでゲットできるメダルと、強力な装備を交換することができるのだ。

『追憶の青』_19
▲PvPは3体3の戦い。この手のモードでありがちなオート戦闘ではないため、非常にスリリング。
『追憶の青』_20
▲塔を勝ち進むことでゲットできるメダルと豪華装備品を交換可能! 強力な装備品を手に入れるチャンスなので、小まめに挑戦しておきたいところ。
『追憶の青』_21
▲塔では自軍のキャラクターすべてで臨むことが可能。ふだん使っていないメンバーにも育成価値がある。

『追憶の青』はどうだった?

率直に、ベルトスクロールアクションとしての本気を感じる作品と思う。

中世ファンタジーのアクションRPGという、題材としては目新しくはないものの、そのすべてが高レベルでまとまっているのではないだろうか。

とくに、コンボを自分で考えてつなげなくては効率的に戦えないゲームシステムは、連打でなんとかなりがちなスマホゲームとしては逆に新鮮。くり返し練習してプレイヤースキルを上げるという、オーソドックスなゲームをプレイする楽しみを味わうことができた。

『追憶の青』_23
▲UI部分は変更可能。スキルボタンを右に配置すれば、あたかもコンシューマのコントローラのような操作感に。左利きの人にもオススメだとか。スマホベースでのアクションRPGをトコトン追求する気概を感じた。

硬派なファンタジー好きには確実に“刺さる”であろうストーリーも秀逸。綿密に練り込まれた世界観と、キャラの息遣いを感じる群像劇的なテイストは一見の価値アリだ。

個人的には、物語終盤(らしき)部分をチュートリアルにもってくるという作りかたに引き込まれた。

『追憶の青』_30『追憶の青』_31
▲第10章と銘打ったチュートリアルでは、フリオが父エドワードと直接対決! この後からはじまる序盤のストーリーでは決裂したような印象はまったくないため、「なぜこうなってしまうのか?」と疑問を抱かせ、物語にグイグイと引き込ませる作りがグッド。

ただし、今回はCBTという特性上、やはり調整が必要な箇所はそれなりにあったように思える。

まずは戦闘の難易度について。途中までは工夫とトライ&エラーで突破することはできるものの、中盤から一気に難易度が跳ね上がる。ガチャ限定の高レアキャラや特定属性の強力な装備などがないと、突破が困難な箇所がいくつもあった。

『追憶の青』_32『追憶の青』_33
▲撃破時に爆発し、大ダメージ&毒状態を付与するゾンビ。遠距離から攻撃できる優秀な攻撃性能を持つマジシャンがいないことにはクリアーは難しい。フレンドが勝手に死亡してしまうことも多々あった。
『追憶の青』_22
▲第3章クエスト7のエンシェントドラゴンゾンビは、これ以前に登場したボスとは別次元の強さ。ふつうにゲームを進めているだけではまず勝てず、鍛えこんでも撃破は困難。

歯ごたえのあるバトルは、間違いなく本作の魅力のひとつなので一概には言えないが、個人的にはノーマルモードの難易度を少し抑えてもよいのでは? と感じた。

また、マルチプレイそのものはおもしろいものの、プレイできるのはノーマルモードをクリアーした後に解放される、ハード以降のモードのみ。

前述の「難しい」と筆者が言っていたのはあくまでノーマルモードの話なので、現状の難易度のままでは、ソロでのクリアーは難しいのではないか。

そして戦闘システムの一部・魔石解放の発動条件が厳しすぎる点も気になった。

『追憶の青』_34『追憶の青』_35
▲チュートリアルで見ることができる魔石解放。必殺技のようなものと思われる。

魔石解放の発動条件は、スキルを敵にヒットさせ、画面左下のゲージを最大まで溜めること。

しかし、ゲージは時間経過でどんどん減っていくため、最大までもっていくにはスキルを連続で当て続ける必要がある。

マルチプレイでは比較的発動しやすいのかもしれないが、ソロではよほどのプレイヤースキルがない限りきびしい。もう少し敷居が低くても……とは思う。

筆者が感じたおもな問題点は以上。しかし、これらの問題を吹き飛ばすほどの圧倒的な魅力を感じたことも事実。

個人的な感想を端的に言わせてもらえば、「世界観とストーリーとバトルがメッチャおもしろい&音楽が最高!」といったところ。

追憶の青_メインビジュアル
▲公式サイトより。イメージイラストは『FF』シリーズでおなじみの天野喜孝氏、楽曲は『オウガバトル』シリーズなどを手掛けた岩田匡治氏、シナリオは『テイルズ』シリーズに携わってきた田中豪氏、松元弘毅氏とそうそうたる面子がそろい踏み。“極上のファンタジー”を作ることへの意気込みをヒシヒシを感じさせるキャスティングだ。

リリース時期は不明ながら、公式Twitterの様子を見るに、ひょっとしたらもうすぐなのかも? この内容はCBTのバージョンだが、一部仕様を見直している部分もあるらしく、本リリース時にはさらにブラッシュアップした『追憶の青』を楽しめるようだ。リリースを心待ちにしたい。

【『追憶の青』事前登録】

【『追憶の青』公式Twitter】

【『追憶の青』公式サイト】

※2016/8/25 天野喜孝様のお名前に誤りがございました。訂正お詫び申し上げます。

追憶の青

ジャンル
アクションRPG
メーカー
Wright Flyer Studios
公式サイト
http://blue.wrightflyer.net/
価格
基本無料
対応機種
iOS / Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧