1. サイトTOP>
  2. 新たな開発会社の情報も!『テラバトル』坂口博信氏による講演【BitSummit 4th】

新たな開発会社の情報も!『テラバトル』坂口博信氏による講演【BitSummit 4th】

2016-07-09 15:06 投稿

『テラバトル』ダウンロードスターター&新会社について坂口氏語る

“BitSummit 4th”ステージで、『テラバトル』を手掛けるミストウォーカーの坂口博信氏による講演が行われた。

▼今年もまたアツい夏がやってきた
4回目を迎えるインディーゲームの祭典、京都で開幕!

坂口博信
ビットサミット4th_坂口氏講演01
▲BitSummit 4thのステージに坂口氏が登壇。

冒頭、スクリーンに流れたのは『テラバトル』ダウンロードスターター(※)に参戦した著名人たちのメッセージ映像。

※『テラバトル』のダウンロード数に応じて、アーティスト参戦、ゲームの新モード追加、コンサート開催、本・フィギュアの制作が開始されるプロジェクト。

『テラバトル』ダウンロードスターター詳細ページ

映像が終わると、「いろいろな方々に支えられているなと。今回、それをまんまと利用できたというか(笑)、友情出演的な形で協力していただけた」と、坂口氏はダウンロードスターターについて振り返る。

ビットサミット4th_坂口氏02

そして話題はダウンロードスターターについて。まず「今日はインディーゲームのショウということで、皆さんの中にキックスターターを知っている人や関わっている人もいるかと思います」と切り出した坂口氏。

じつは『テラバトル』開発時に「キックスターターどうですか?」(坂口)と聞かれたそうだが、すでに開発が進んでおり、キックスターターの活用を見送った。

それでも「キックスターターの仕組みはおもしろいと思ったので、ダウンロード数を積み上げるとゲームがグレードアップしていくプロジェクトをやってみた」(坂口)と、『テラバトル』でダウンロードスターターを採用した経緯を明かし、「おかげさまで『テラバトル』は現在260万ダウンロードを達成し、だいぶ落ち着いてきましたけど、積み上げていく中でつぎつぎとクリエイターさんが参戦してくれるのは、作っている側として新鮮味がありますね。これからも続いていきます」と述べた。

ビットサミット4th_坂口氏03

続いて坂口氏の口から語られたのは、新たな開発会社について。

坂口氏曰く「2016年9月くらいから、ミストウォーカー関連の新しい開発会社を作るので人材を募集中です」とのこと。この開発会社の中には放送スタジオもあるそうで、その理由について坂口氏はこう語る。

「最近、皆さんもニコ生やYoutubeでいろいろ放送していますが、我々もミストウォーカーで番組をやっています。最近、放送をやっているとおもしろいと感じるんです。出ること自体じゃなく、コメントを見たりゲーム実況したりす。どういうスタイルかわからないけど、何かその先に新しい発見があるかもしれない。何かが生まれるんじゃないかと思い、新会社にも放送スタジオがあるんです」(坂口)

最後に坂口氏は、「つぎの作品でもダウンロードスターターや放送をやっていきたいと考えています」とコメントした。

ビットサミット4th_坂口氏05
▲「『FF』を作った人間として告知いたします」と、坂口氏は本日(2016年7月9日)公開の劇場版映画『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』についても触れていた。曰く、「とてもいい作品ですのでぜひ観てください」(坂口)

『テラバトル』ブースにも坂口氏が登場

BitSummit 4th会場の一角には『テラバトル』ブースが設けられており、クリアファイルや小説、キャラクターデザイナーの藤坂公彦氏による複製原画といった、ファンにはたまらないグッズがズラリ!

ビットサミット4th_テラバトル02

また、講演を終えた坂口氏も『テラバトル』ブースに駆け付け、グッズ購入者へのサイン対応などファンサービスに精を出していた。

ビットサミット4th_テラバトル01
ビットサミット4th_テラバトル03

▼今年もまたアツい夏がやってきた
4回目を迎えるインディーゲームの祭典、京都で開幕!

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧