1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. VR>
  4. “自転車でVR”会場でひときわ存在感を放っていた『VRサイクリング』に試乗してみた【BitSummit 4th】

“自転車でVR”会場でひときわ存在感を放っていた『VRサイクリング』に試乗してみた【BitSummit 4th】

2016-07-10 14:41 投稿

忠実に再現された鈴鹿サーキットをチャリンコで疾走!

▼“BitSummit 4th”関連記事のまとめはこちら
4回目を迎えるインディーゲームの祭典、京都で開幕!【BitSummit 4th】

“BitSummit 4th”に出展されていたVR作品で、ファミ通App編集部が注目したのが『VRサイクリング』。

やっぱVRってヘッドマウントディスプレイだけじゃなく乗馬マシンだったり扇風機(風)だったり霧吹き(水)だったり、“何か体感できるもの”がプラスされていると、わかりやすさ・没入度が俄然変わるんだよね。

今回体験するこの作品では、ヘルメットの代わりにヘッドマウントディスプレイを装着し、自転車のペダルをこいで操作。ペダルをこぐ速さによって自転車の速度が変化。さらに体重移動によってコーナリングができたりと、自然なサイクリングを体感できるのが注目ポイントだ。

Bitsummit_VR_02

▲『VRサイクリング』に搭乗中の参加者。手元がガクガク動いていたが、振動など機能はないとのこと。なんだろう、ちょっと不安。

Bitsummit_VR_03

▲今回は“鈴鹿サーキット”だったけど、コースが変えられるようになったら屋内でいろんな景色の中を“仮想サイクリング”できるとか、ちょっと魅力的過ぎじゃない!?

【イメージしやすい『VRサイクリング』のPVがこちら】

さっそく試乗!

Bitsummit_VR_04

ヤベェ、腕が震える!

自分の見ている映像とヘッドマウントディスプレイの外の状況の違いが把握できないことが、若干の恐怖心になるのかも。

自転車自体はガッチリ固定されているので転倒する心配はないんだけど、怖さのせいで腕が震えてうまく走行できない! まるで、子どものころ初めて自転車に乗ったときのようなヨタヨタ感を披露してしまうことに。

「慣れないと腕に力が入って重心が前にかかりすぎるので、手を添えるくらいの感覚でハンドルを触ってみてください」と、製作者の小幡篤史氏からアドバイスを受けると……。

Bitsummit_VR_05

お、スイ―っと走れるようになった!

自転車初心者を卒業した瞬間を再び味わうことになるとは! アドバイスを受けてから、ものの5分でフツーに走行できるように。そのあとは画面に登場するユニティちゃんの後をつけてサイクリングを楽しめた。

んー、これ家にあったらとても健康的な生活が送れそう。ちょっと筐体が大きいから、近所のジムとかに設置されるでもいいかな。

VR、まだまだいろんな驚きの体験ができそうね。

▼“BitSummit 4th”関連記事のまとめはこちら
4回目を迎えるインディーゲームの祭典、京都で開幕!【BitSummit 4th】

VR
▲VRのまとめページができました

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧