1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第545回『リバティーガイストをやっつけろ!(その1)』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第545回『リバティーガイストをやっつけろ!(その1)』

2016-07-06 14:08 投稿

h1(1)ファミ通App NO.028 Android
2016年5月12日発売!
★Amazonでの購入はこちら!

【ファミ通App Android】『パズドラ』の特典は10000モンポのハイぷれドラ

リバティーガイストをやっつけろ!(その1)

その日、俺は会社の仲のいい連中とともに岩登りに興じていた。そう、いわゆるボルダリング。前々から中目黒目黒らと「会社の近くにもあるらしいから、今度行ってみようぜ!」と話していて、ようやくこの日、実現した次第であった。ハンドボールをしていた時代と比べると15キロ近く肉がついてしまった身体は絶望的に重く、ただただ「重力ってスゲェ」を思い知らされてしまう。それでも、ふだん使わない筋肉を酷使する運動は思いのほか心地よく、我々は口々に、

「一度やったので今後は“趣味はボルダリング”と言い切ってしまってなんら問題はないだろう。これからは週イチくらいのペースで通いたいものだねえ」

なんて言い合って、ジムの近所にあるビアホールでガシャーンと大ジョッキをぶつけたのだった。

そんなとき。

パズドラ界隈は、なかなか騒がしくなっていた。我々がヒィヒィ言いながら壁に取り付いていたころ、パズドラ&パズドラクロスの公式生放送が行われていて、いろんな発表が行われていたようなのである。しかし“ようなので”と書いていることからもわかる通り、筋肉疲労でボロボロだった俺たちはアルコール消毒に必死で、生放送を視聴する余裕がなかった。なので、どんなことが発表されたのか知る由もなかったのであった。

……これが、今回の物語の前提である。

この生放送(と、ボルダリング)に並行するように、パズドラに新たな降臨ダンジョン“リバティーガイスト 降臨!”がやってきた。そこで金曜日の夜、いつものように同僚のたっちーに、

「おい!! またまた我らがプラントアーミーズに挑戦者が現れたぞ!! 協力プレイでノしてやろうぜ!!」

と声を掛け、さっそく対決。

 545-1

火がメインのダンジョンということもあって思いのほか苦戦させられたが、バステトアーマー・エースの超火力をもってどうにか退けることができたのだった。

 545-2
 545-3

……3回くらい失敗したけどな^^;

俺とたっちーは口々に、「今度こいつとやるときは、エレメンタルジャマーを持っていこうw」と言い合い、それでも無事にリバティーガイストをゲットできたことに満足して家路についたのであった。

そして、帰宅後。

金曜の夜にしては珍しく早めに家に着いたので、「こういうときこそ、トッテオキのお酒を^^」ってんで、大好きな芋焼酎、赤兎馬をロックで嗜んでいた。ツマミは、自分でスモークしたナッツ類とチーズ。これが意外なほど芋焼酎にマッチし、俺は1杯、また1杯と杯を重ねていったのである。

そんな、ほろ酔い加減の22時過ぎ。山本プロデューサーからSMSが届いた。瞬間的に、

「お。どこぞの街で飲んでいるな? さあどうしよう。いまからだと合流は24時近くなるぞ。しかも俺は、すでにほろ酔いだ。はてさて、そこまでたどり着けるだろうか?」

そんなことを考える。しかし山本さんからのメッセージは飲みの誘いではなく……なんと協力プレイへのお誘いだった! メッセージには、こんなことが書かれていたのだ。

「大塚さん! リバティーガイストの降臨、ノエルルージュ入りでマルチでやりましょうよ!!」

山本さんの言っている意味が、まったくわからなかった。

「……? の、のえる?? ……山本さんが“ノエルドラゴン・ルージュを編成してやろう”って言っているように見えるのだが……もしかして飲みすぎたか? 俺」

疑問をそのまま、山本さんにぶつけてみた。

「の、のえる入りって……どういうことです?w」

今度は山本さんのほうが驚いたようだった。

「あ!! 今回のイベント、知らなかったのですか!! 詳しくは運営サイトにありますが、ノエルドラゴン・ルージュを入れてリバティーガイストをノーコンクリアーすると、いろいろといいことがあるんですよ!!」

「え!!」と驚くと同時にブラウザーを立ち上げ、パズドラ運営サイトをチェックする。すると……我々がボルダリングにうつつを抜かしている間に、リバティーガイスト×ノエルドラゴン・ルージュのイベントが発表されていたことが判明!! 山本さんが言うように、チームのサブモンスターにノエルドラゴン・ルージュがいる状態でリバティーガイスト降臨の超地獄級をノーコンクリアー(協力プレイでも可)すると、レベル最大のルージュが3体もらえたり、クリアー人数に応じてルージュの経験値が増加するなどさまざまな恩恵が得られるというのだ!

「やりましょう!!!!」

俺は即答した。フルメンバー挑んでも苦戦させられたダンジョンではあるが、“クリアー人数に応じてルージュの経験値がアップする”なんていう一文を見たら、

「わしが貢献しないわけにはいかぬ!!!」

という気持ちにさせられるからな。

そこでさっそく、ルージュ入りパーティーでリバティーガイストに挑むことになった。山本さんから「バステトアーマー・エースパでいきましょう!」と提案があったので、その準備をする。俺のバステトアーマー・エースパは、サブに覚醒アルテミス、覚醒劉備、オシリス、ヴェルダンディで、オシリスにはスクルドを、アルテミスにはスサノオノミコトをスキル継承してある。この面子から、ひとりをルージュに交換しないといけないわけだが……? 悩みに悩んだ末、俺は覚醒アルテミスをルージュと入れ替えることに決めて、新たなパーティーを結成した。時を同じくして山本さんも、

「僕はこれでいきます!!」

と言って、そのパーティーのスクショを送ってくれる。見るとサブメンバーは、ヴェルダンディ、カエデ、カエデ、ルージュという豪華なものである。

しかし……。

当たり前のことなのだが、ノエルドラゴン・ルージュのスペックがあまりにもお粗末であった。足を引っ張るどころの話ではなく、胴体に絡み付いて海の底に引きずり込む怨霊が如く、パーティーを陥れようとしている。こいつを多少でも使えるようにするには…………。

俺はある決意をし、それを山本さんに伝えた。

「ノエルドラゴン・ルージュに、+297ヘラを食わせてきます」

「うおおおおおおおお!!!!」

と山本さん。どうせやるなら、これくらい一気にいかないと意味がないからな。

そして俺は本当に、ルージュに+297ヘラを食わせた。

 545-4
 545-5

地上最強のノエルドラゴン・ルージュ、完成(笑)。すると山本さんも、

「僕も…………やってきますっ!!!」

と言い、数分後に、

「ドロリフも振りました!!!」

のセリフのもと、

 545-6

+297だけでなく、前田慶次のスキル“花鳥風月の杯”をスキル継承させた宇宙一のノエルドラゴン・ルージュを完成させたのであった(笑)。

そして、

 545-7

このメンバーでリバティーガイストに挑んだのだが……!

続きは次回~。

←第544回を読む

第546回を読む→

パズドライラスト集第3弾発売中!

パズドラ_H1

amazonはコチラ

大塚角満(おおつか・かどまん)…… 週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モ ンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズな ど。ファミ通Appでは、“熱血パズドラ部!”を始めとするスマホゲームの執筆活動も行っている。

[関連記事]
【パズドラ攻略まとめ】TOPページへ
【パズドラW攻略まとめ】TOPページへ
大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー

パズル&ドラゴンズ

ジャンル
パズルRPG
メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone/iPod touch/iPad iOS5.0以降の対応機種、Android OS 2.3以降、Kindle Fire、Kindle Fire HD

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧