1. サイトTOP>
  2. 【新作】真っ白な極限の世界で目覚めた男の正体は!?リアルタイムトークの緊張感が溢れる『Lifeline:ホワイトアウト』

【新作】真っ白な極限の世界で目覚めた男の正体は!?リアルタイムトークの緊張感が溢れる『Lifeline:ホワイトアウト』

2016-06-15 22:22 投稿

突然のコンタクトから通信相手を救い出すシリーズ第4弾

今回紹介する『Lifeline:ホワイトアウト』の舞台は、雪と氷に覆われた不毛地帯。通信デバイスからの呼びかけに応えることで主人公を生還へと導いていく、人気のアドベンチャーゲーム『Lifeline』シリーズの最新作だ。

lifeline01
ゲームの見どころ
●リアルな“時間”を感じさせる駆け引き
●何度でも遊びたくなる無数の結末
●ウォッチデバイスでいつでもサポート

リアルな“時間”を感じさせる駆け引き

極寒の地からの通信者、その名はV.アダムズ。名前こそ身に着けていた衣服から判明したものの、彼は記憶を失っており、なぜそんな場所にいたのか、何をしていたのかまったく覚えていない。極限状態で冷静な判断ができない彼にかわり、メッセージの内容からベストだと思う選択肢を選び、導いていくのがプレイヤーの役目だ。

極寒の地にいったこともなければ命を懸けたサバイバルの経験も当然ない筆者だけれど、ここは数々のゲームで鍛えたトレジャーハンティングスキルを活かしてアダムズを救ってやるぜ!

 lifeline02.jpg書き込みlifeline03.jpg書き込み

『Lifeline』シリーズに共通する大きな特徴は、救助を求める相手と行うリアルタイム感覚の交信だ。今回も簡単なやりとりは瞬時に、遠く離れた場所への移動ではその距離に、厄介な調査であればその内容に応じた時間が経過した後、アダムズからの通信が届くようになっている。

そのあいだプレイヤーはじっと待つことになるけれど、こうした時間の感覚が臨場感を増してくれる。バックグラウンドでの起動中にもゲーム内の時間は経過しているため、アダムズが取り込み中のときは別のゲームを遊んでいたってオーケーだ。

 lifeline04.jpg書き込みlifeline05.jpg書き込み

ちなみに、通知機能をONにすればアダムスからの交信をいつでも瞬時に確認することができる。こちら側からのコンタクトが遅れても大きなデメリットはないので、プレイスタイルに応じて設定しよう。

 lifeline06.jpg書き込み
▲アダムズの安否が気になる人は迷わずON!

何度でも遊びたくなる無数の結末

本作は選択肢によっていくつものルートに分岐していくため、プレイするたびに予測もつかない展開が楽しめる。当然選択を誤ればアダムズを死に追いやることになるし、たとえ生還することができたとしても、救いのある結末になるとは限らない。

これまで『Lifeline』シリーズの舞台になってきた場所のなかでも、ダントツにイメージしやすい雪と氷の世界。それがプレイヤーを夢中にさせ、それゆえ選択のたび深く考えることになり、ふたつの意味でハマってしまう要因になっていると感じた。

そこでひとつ、物語の行方を大きく左右する(であろう)大切なポイント、犬の存在について話したい。墜落したヘリを発見後、周辺に散らばる瓦礫を調べるうち、暖がとれそうな建物が見えてくる。

 lifeline07.jpg書き込み lifeline08.jpg書き込み

そこで檻に閉じ込められ、痩せこけたシベリアンハスキーを発見。少しだけ持っていた食事を分け与えるかどうかの選択が、のちのアダムズに大きな影響を与えることになるのだ。

 lifeline09.jpg書き込み lifeline10.jpg書き込み

どんな結末を迎えるかは全体を通しての選択次第だけど、アダムズを助けたいのであれば、とりあえずシベリアンハスキーは助けてあげることをオススメしたい。

 lifeline11.jpg書き込み

ウォッチデバイスでいつでもサポート

アダムズの生死が気になってしかたないけど、仕事中にスマホを何度も見るわけにはいかない……そんなアナタにオススメなのが、Apple watchなどのウォッチデバイスだ。

 lifeline12.jpg書き込み

これなら仕事の合間や電車の中でもさりげなく、アダムズと交信を行うことができる。残念ながら筆者は持ってないけれど、もし持っていたら間違いなく活用しちゃうね!

ちなみにアダムズが死んでしまった場合、特定の場所からやり直すことができる。さらに、バックログから選択肢をタップすれば任意の場所からのリトライも可能。どちらも役立つ機能なので、生還を目指すサバイバルの大きな助けになること間違いなし!

 lifeline13.jpg書き込み lifeline14.jpg書き込み

ある程度進めてからの要素として、1度ゲームオーバーになると高速モードを選択できる。これはアダムズが移動・探索を行う際にもすぐに完了するという便利な機能。本作を象徴するリアルタイム感覚での交信は損なってしまうけれど、すでに通ったルートを途中までサックリ進む場合などに重宝するぞ。

それぞれが魅力的な『Lifeline』シリーズ

墜落した宇宙船の乗組員・タイラーからの通信を偶然キャッチするところから始まった第1作目の『Lifeline…』。異世界に消えた弟の救出を目指す少女と、不思議な力で交信を行う『Lifeline 2』。そして第3作目となる『Lifeline:サイレント・ナイト』では、1作目の主人公・タイラーが復活! まさかの展開に、筆者を含む多くのユーザーが驚いた。

シリーズを通して遊びかたは一貫しているので、本稿で興味を持ってくれた人はぜひ、ほかの『Lifeline』にも触れてみてほしい。

▼シリーズ過去作品の記事もチェック!
SFアドベンチャー『Lifeline…』を最高に楽しむ!
異世界の人間とつながる『Lifeline』第2作は邪悪な力との戦い
『Lifeline:サイレント・ナイト』でタイラーに再び危機が迫る

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

動画でも新作紹介しています

気に入ったものがあったら更新
角満&中目黒のこれ、知ってる?


毎日更新午後3時
に更新中

編集長!これ、どうでしょう!?


YouTubeチャンネル登録して動画をいち早く見よう!

ファミ通AppのTwitterをフォロー

Lifeline:ホワイトアウト

ジャンル
リアルタイムアドベンチャー
メーカー
3 Minute Games
配信日
配信中
価格
iOS:360円/Android:330円
対応機種
iOS/Android

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧