1. サイトTOP>
  2. 【新作】宇宙の迷子タイラーに再び危機が迫る!スマホ版ゲームブック『Lifeline:サイレント・ナイト』

【新作】宇宙の迷子タイラーに再び危機が迫る!スマホ版ゲームブック『Lifeline:サイレント・ナイト』

2015-12-15 13:11 投稿

ちょっと頼りない宇宙飛行士タイラーを会話で導け!

Lifeline3_00

人気アドベンチャーゲーム『Lifeline』シリーズ待望の最新作、『Lifeline:サイレント・ナイト』がついにリリース!

本作は“デジタル版ゲームブック”とも表現されるアドベンチャーゲームで、選択肢を選んで進める”会話”によって主人公に協力し、襲い来る窮地を乗り越えられるように導くことが目的だ。

ストーリーはシリーズ第1作『Lifeline…』の続きとなっており、主人公は『Lifeline…』でも主役を務めた宇宙飛行士の訓練生タイラー

作品の舞台は、タイラーが乗っている宇宙船の内部となっている。

本記事の終盤では、実際に『Lifeline:サイレント・ナイト』の序盤を遊んだ様子を紹介しているので、興味のある方は是非とも購入の参考にしてほしい。

過去作との繋がりについて

本作のストーリーは過去作を遊んでいなくても理解できる内容となっているため、もちろん本作からプレイしはじめても問題はない。

ただし、本作よりも先に前作をプレイしておくと、本作のストーリーをより深く楽しむことができるのは間違いないだろう。

【↓シリーズ過去作品の記事はこちら↓】
第1作『Lifeline…』
【新作】実時間連動が最高のリアリティを生むSFアドベンチャー『Lifeline…』
【注目】話題のSFアドベンチャー『Lifeline…』をムード作りから入って最高に楽しむ!
【毎日15時更新】宇宙の彼方からSOS受信!話題のSFアドベンチャー『Lifeline…』
【毎日15時更新】宇宙の彼方からSOS受信!話題のSFアドベンチャー『Lifeline…』#2

第2作『Lifeline2』
【新作】異世界の人間とつながるリアルタイムのトークアプリ『lifeline』第2作は邪悪な力との戦い

第1作 『Lifeline』との違い

冒頭に書いた通り、本作は『Lifeline』の続編となっているが、『Lifeline』から新たに追加された要素が存在する。

これによって『Lifeline』よりもタイラーの状況を理解しやすくなったため、よりスムーズにゲームを進めることが可能だ。

新要素1.マップでタイラーの現在位置を確認可能

前作にあたる『Lifeline』では、タイラーの居場所を把握する方法は会話のみだった。そのため、細かい位置などは掴めず、分かる範囲の状況を元にしてタイラーに指示を出す必要があった。

しかし、今作にはマップ画面が追加されており、周辺エリアの作りやタイラーの現在位置を確認することができる。これによって、タイラーがどのように行動しているのかを把握しやすくなった。

Lifeline3_01Lifeline3_06
▲マップを参照すれば、いつでも艦内の間取りとタイラーの現在位置を確認することができる。

新要素2.タイラー以外のセリフも聞くことができる

今作では、宇宙船に同乗している他の乗組員が存在する。そのため、タイラーの持つコミュニケーターを通して、彼らのセリフや会話を聞くことが可能だ。これによってタイラーが持っていない情報を得られることもあり、場の状況が理解しやすくなっている。

Lifeline3_04
▲帯付きで表示されているのが自分、白がタイラー、色が変わっているのが他のメンバーのセリフだ。

ゲーム序盤をプレイした模様を紹介!

それでは、ここからはゲーム序盤を実際にプレイしてみた様子を、画面写真を交えて紹介していこう。

ただし、本作のシナリオは主人公との会話によって展開が変化していく仕組みなので、選ぶ会話の内容によっては今回とは全く別の展開になる可能性もあることは覚えておいてほしい。

また、序盤とはいえ若干のネタバレを含むので、既に本作を遊ぶつもりの方は、このままUターンしてアプリをダウンロードしに行くことをオススメするぞ!

ちなみに、実は筆者は本作がシリーズ初プレイ。
ストーリーがどんな風に進んでいくのか、またタイラーはどんな男なのか、ドキドキしながらのゲーム開始である。

謎の通信が届く

ゲームが開始すると、いきなり自分の端末(iPhone)に謎のメッセージが届く。
あまりにも唐突な内容で訳が分からず、思わず「誰だお前は」と返すと、彼はタイラーと名乗った。

LL01LL02
▲突然届いた謎のメッセージの送り主は、『Lifeline…』の主人公でもある宇宙飛行士のタイラーだ。

なるほど、君が噂のタイラー君か。
初対面にも関わらず、第一声から若干アクセルを踏み込みすぎている感はあるが、口調からは気のいい青年に思える。
どうやら彼は宇宙飛行士なのだが、宇宙船が見知らぬ星に墜落してしまったとのこと。
そして遭難しかけたところを採掘船ホワイトスター号に救助され、現在はその船に同乗しているところらしい。

タイラーが救助された経緯を聞いていると…

LL04LL03
▲“おしりから虹”のくだりを気に入ったらしいタイラー。窓の外に何かを発見して声を上げる。

さらに詳しく話を聞いていると、突然声をあげるタイラー。
しっかりとは確認できなかったが、何やら窓の外に発光する何かが見えたらしい。
さらに、タイラーのいる宿舎からでは見える範囲が狭いためよく分からないが、コックピットへ行けば詳しく確認できるかもしれないという。

マップを確認してみたところ、どうやらコックピットは宿舎の近くにある模様。
せっかくなので、コックピットへ調べに行ってみるよう提案してみた。

着替えシーンは覗けない

LL05
▲リアルタイムに連動している本作ならではの“着替え待ち”が発生。急いでくれ、タイラー。

どうやらタイラーはまだパジャマ姿だったようで、着替えてからコックピットに向かうと言ったきり反応がなくなってしまった。
本作ではリアルタイムに連動してストーリーが進むシステムになっており、タイラーが時間のかかる作業をしている間は連絡がつかなくなるようだ。
筆者は『Lifeline:サイレント・ナイト』をプレイしながらリアルタイムで本記事を執筆中なのだが、[タイラーは支度をしています]と言われては仕方がないので待つことに。
とはいえ、原稿の〆切は数時間後である。
なるべく急いで着替えてくれ、タイラー。

ちなみに、本作のストーリーは基本的に会話画面のみで進んでいくため、着替えシーンを覗くことはできない。
まあ、タイラーの着替えを覗けたところで、別に覗きたくもないのだが……。

タイラー、コックピットへ

5分ほど待っていると、すぐにタイラーからの連絡が来た。
どうやらコックピットへ到着したようで、船長から謎の発光する物体についての説明を受ける。

LL06
▲タイラーが見た謎の発光物体は宇宙船らしい。

船長いわく、件の物体は所属不明の宇宙船で、進路を計算したところ、こちらの船の進路を塞ぐように接近してきているらしい。
前回(『Lifeline…』)で大変な目に遭ったばかりらしいタイラーは、早くも「あ~。なんだかいやな予感がするな」などと泣き言を漏らし始めている始末。

LL07
▲早くも泣き言をいうタイラー。彼が特別ネガティブという訳ではなく、以前ヒドい目にあったことが原因のようだが……。

そんなことを言っているうちに、船長によって「しばらく宇宙船の様子を見るが、最後の手段として回避経路を計画しておく」という案で話がまとまった。
すると、やることのなくなったタイラーが「とりあえず横になる、起きたらまた連絡する」と言い残して通信を切った。

え?

さっきも言ったけれど、筆者は今まさに本記事の原稿を執筆していて、〆切が差し迫っているのである。
待ってくれ、タイラー。寝るのはまずい。それだけはまずい。
焦って必死に呼びかけるも、画面には無慈悲にも[タイラーは寝ています]という表示が。

連絡がつかないのなら仕方ないので、諦めて待つことにしたものの、果たしてタイラーの野郎は間に合うんだろうか……。
あいつがバッチリ8時間睡眠なんて取ろうものなら、宇宙船よりも先に筆者の方がゲームオーバーである。

LL09
▲筆者の予定など知らぬまま、そそくさと寝てしまうタイラー。リアルタイム連動ならではのハプニング!

帰ってきた男

かれこれ1時間ほど、奴からの連絡がない。

もうダメか……と迫りくる絶望の足音を聞きながら呆然としていると、なんと突然iPhoneに反応が!
男・タイラー、(夢の世界から)無事の生還である。

とっさに通信を確認すると、宇宙船全体が突然傾き、それに驚いて飛び起きたらしいタイラー。
何だか分からないが、タイラーを起こしてくれてありがとう!ナイスハプニング!!

LL10
▲焦って飛び起きるタイラー。起きたのはいいが、いったい何事!?

タイラーと同じ宿舎にいた仲間のドナルドが揺れの原因を調べてきてくれると言うので、タイラーに船長と連絡を取ってみるよう提案。
さっそく通信を送ると、船長の音声が突然ブッツリと途絶える。
若干焦りつつ、準備室へ向かったドナルドとも連絡を取ろうと試みるも、「応援をよこしてくれ!」という声を最後に連絡が取れなくなってしまう。

LL12LL13
▲状況は刻一刻とマズい方向に進んでいる様子。ホワイトスター号(とタイラー)の運命やいかに!?

さらばタイラー(仮)

急展開を見せるホワイトスター号船内。
明らかにヤバい状況を前に、当然のごとくビビりまくるタイラー。
とはいえ宿舎に閉じこもっていても始まらないので、応援を求めていたドナルドの様子を見に行くよう促す。

LL14
▲いいから早く行ってこい!

タイラーは様子を見に行きたくないあまり、こちらに突っかかってくるが、嫌味を受け流しつつ背中を押す。
しぶしぶ納得して準備室へ向かったドナルドの後を追おうとする。

が、言いくるめた説得したのも束の間、突然「マ、マジか」などと焦りだすタイラー。

LL15
▲しぶしぶ先へ進もうとするタイラーだが、またしてもアクシデントが!

何が起きたのか問い詰めてみると、船内の明かりが落ちてしまい、周囲が真っ暗闇になってしまったらしい。
いよいよもって差し迫った状況になっている予感が沸き上がるが、原稿の〆切も相当に差し迫っている
ダブルの焦燥感に駆られつつ、暗闇の中を手探りで進むタイラーが準備室へ到着するのを待つことに……。

LL16
LL17
▲危険な香りが漂う船内へと歩き出すタイラー。心配。

ここから先は実際にプレイして確かめてみてほしい!

そんな訳で、筆者は現在タイラーからの連絡を待っている状態である。
この先、いったいどんな展開が待ち受けているのだろうか……。
筆者とタイラーは気が合いすぎるのか、ややコミカルな雰囲気を醸し出してしまったような気もするが、実際のところ非常にシリアスかつ危険な展開である。
既に物語へ引き込まれてしまい、こうしている間にもタイラーのことが気になって仕方がない。

もし、ここまでの記事を読んで『Lifeline:サイレント・ナイト』に興味を持った方がいれば、是非とも実際にプレイしてみることをオススメしたい。
死亡フラグの臭いが充満する船内を進むタイラーの命運は、君の手にかかっているぞ!!

 

 

……おっと、タイラーからの通信だ……何だって!?

まさか、準備室でそんなことが起こっ――

Lifeline:サイレント・ナイト

ジャンル
アドベンチャー
メーカー
3 Minute Games, LLC
配信日
配信中
価格
360円[税込]
対応機種
iOS 8.0 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応。 Apple Watchに対応。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧