1. サイトTOP>
  2. 【超会議2016】デフォルメされた乙女たちに萌えまくり!ディフェンスゲームになった『戦国乙女』を遊んでみた

【超会議2016】デフォルメされた乙女たちに萌えまくり!ディフェンスゲームになった『戦国乙女』を遊んでみた

2016-04-30 22:51 投稿

ちびキャラ化した乙女たちに胸キュン必至!

01

2016年4月29日、4月30日の2日間にわたって開催された超会議2016。今回は、平和が手掛けるスマートフォン向けゲーム『戦国乙女~天下無敵の乙女バトル~』を遊んできた所感をお届けするぞ。

『戦国乙女』はパチンコメーカーである平和が手掛ける大ヒットコンテンツで、織田信長や豊臣秀吉など有名武将をモチーフとした美少女たちが多数活躍するという内容。田村ゆかり、釘宮理恵、能登麻美子など有名声優の起用も見所のひとつだ。

そんな本作が、なんとスマートフォンアプリとしてリリース予定とのこと。気になる具体的な内容を紹介していこう。

乙女たちがヌルヌル動くタワーディフェンス

『戦国乙女~天下無敵の乙女バトル~』は横スクロールタワーディフェンスゲーム。乙女たちを出陣させ、敵を蹴散らしていくことが基本となる。

 02
▲プレイブースではスコアアタックを遊ぶことができた。
03
▲デフォルメされた乙女たちがかわいい!

ルールは“敵軍の総体力を0にすれば勝ち”、“自軍の総体力が0になると負け”と非常にシンプル。

 04
▲“いざ出陣”のアイコンが表示されている乙女を場に出すことが可能。

戦闘はオーソドックスなタワーディフェンスゲームのように基本はオートだが、適宜パワーアタックと必殺技を発動させバトルを進めていく点が独特。

 05
▲乙女のゲージがマックスになるとパワーアタックを発動可能。通常より強力な攻撃を放つことができる。
 06
▲パワーアタックを使用可能な状態で、必殺技の勾玉“榛名(はるな)”が出現した場合に限り、乙女固有の必殺技を発動可能。

必殺技はもちろん原作準拠。いずれも眼福のカットインとともに強力な攻撃を仕掛けてくれる。

08
▲今川ヨシモト、烈風真空波(れっぷうしんくうは)。
09
▲武田シンゲン、炎竜軍配撃(えんりゅうぐんばいげき)。
10
▲毛利モトナリ、黒葬の舞(こくそうのまい)。
11
▲豊臣ヒデヨシ、天翔槌打岩撃(てんしょうついだがんげき)。
12
▲必殺技はド派手&強力! お気に入りの乙女で敵を一気に蹴散らすのはまさに快感。
13
▲原作に登場した刃頭雨流(バズール)も確認。こちらもデフォルメによって若干かわいらしくなっている。

リリースは2016年6月予定

今回プレイすることができたのはバトルのみだったが、ゲームとしては“ここぞというタイミングで必殺技を活用できるか否か”が肝となりそうな印象。装備させる武器によって見た目も変わるとのことなので、お気に入りの乙女をとことん愛でることができそうだ。

特筆すべきは、チビキャラ化した乙女たちの動きがいちいちかわいい! ということ。一挙一動ごとに表情がコロコロ変わることをはじめ、引き込まれてしまう萌えポイントが多数。筆者は公衆の面前にもかかわらず始終ニヤニヤしっぱなしだった。

 14
▲武田シンゲンの扇に“ふうりんかざん”の文字が。原作の扇に描かれているのはもちろん漢字で“風林火山”。細部までデフォルメされているところにこだわりを感じる。かわいい。

リリースは2016年6月予定とのこと。スマートフォン版でも原作同様に豪華CVを楽しむことができるのかなど、続報に期待しよう。

2016-04-30 20.04.09
▲本ブースでは来場者に特製ステッカーのプレゼントも。

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧