1. サイトTOP>
  2. X JAPAN・Toshlがサウンドプロデューサー就任! テレビ局初のゲーム会社“フジゲームス”設立発表会リポート

X JAPAN・Toshlがサウンドプロデューサー就任! テレビ局初のゲーム会社“フジゲームス”設立発表会リポート

2016-03-25 20:35 投稿

フジテレビがゲーム業界に本格参戦!

フジ・メディア・ホールディングス及び、フジテレビジョンのゲーム事業を担う新たなゲーム会社として、2016年4月1日付で設立されるフジゲームス。

[関連記事]
※フジゲームス代表・種田慶郎氏に訊く! 新会社設立の狙いとその先に見据える未来とは?
※フジテレビ、フジ・メディア・ホールディングスがゲーム事業に本腰!”フジゲームス”が2016年4月1日に設立

そのフジゲームスの設立記者発表会が、2016年3月25日にお台場にあるフジテレビで行われた。フジ・メディア・ホールディングス、そしてフジテレビジョンがこれからゲームに対し、強く結びついていく印象を受けた本発表会、その模様をお届けする。

TN4_5078

6年前からゲームに関する下地はあった

発表会冒頭に登壇したのは、フジテレビジョン常務取締役の大多亮氏。ゲーム会社設立は唐突なように思えるが、じつは6年ほど前から、ガラケーやブラウザゲーム向けのタイトルを手掛け、「売り上げはそこそこあった」(大多)という。そして、市場は徐々にスマホ向けアプリが主流になり、そのタイミングで設立したFuji&gumi Gamesで得た実績が、今回のフジゲームス設立につながったという。

TN4_5099

さらに大多氏は、いま国内でもe-Sportsの人気が高くなってきていることを受けて、「(テレビ局として)e-Sportsにも力を入れていきたい。メディア力をいい形で使って、ゲームを盛り上げていければ」(大多)と話した。

そもそもe-Sportsは、対戦ゲームなどをスポーツの競技として表現したもので、プロゲーマーも存在する。今回の発表会では、e-Sportsを実況し、生放送する新番組『いいすぽ!』の情報も公開。また、初回放送(2016年4月23日18時~)は、Twitchとのコラボで全世界同時配信されるという。

TN4_5177
▲初回放送では、カプコンの『ストリートファイターV』が種目になるようだ。

発表会では、番組プロデューサーの門澤清太氏、Twitchの中村鮎葉氏とエリック氏、プロe-SportsプレイヤーのOtofu、そして番組MCを務めるタレントのバカリズムが登場。

TN4_5137
TN4_5139
▲プロe-SportsプレイヤーのOtofu。

同番組のMCを務めるバカリズムは、「ゲームがうまい人はもっと評価されるべきだと思います!(番組に関わることで)スポーツ選手のように、ゲーマーってカッコいいと思われるように番組を盛り上げたい」と意気込みを語っていた。

TN4_5188
▲番組MCのバカリズム。

フジゲームスのロゴ公開! そしてX JAPAN・Toshlが登場

発表会は本題となるフジゲームスについて。フジテレビジョン コンテンツ事業局長の山口真氏から「フジゲームス代表取締役社長」と紹介されて登壇したのが、種田慶郎氏(フジテレビジョン ゲーム&インキュベーション事業部長 / フジゲームス 代表取締役社長)。

TN4_5335
▲フジゲームス代表取締役社長、種田慶郎氏。

フジゲームスはいかにして立ち上がったのか? どういう展開を見据えているのか? その問いに対し、「いまさらかよ、と思われるかもしれませんが、大きな組織を作るというよりも、外の会社さんやクリエイターさんの協力のもと、新しいIPやテレビ局のメリットを活かして、アニメ・ゲーム・雑誌出版・音楽などのマルチ展開を中長期的にやっていくための、ハブになる会社になればいい」と展望を明かした。

[関連記事]
※フジゲームス代表・種田慶郎氏に訊く! 新会社設立の狙いとその先に見据える未来とは?

フジゲームスロゴ4C
TN4_5340
▲こちらはフジゲームスのロゴ。

するとここで、フジゲームスのサウンドプロデューサーの紹介する流れに。照明が落ち、ステージのモニターが半分に割れ登場したのは、なんとX JAPANのToshl!

3G2A0364

Toshlは就任あいさつとして、「今回こういう話を頂けて、世界に向けて日本の、メイドインジャパンのカルチャーを世界に届けられるような仕事をしていきたい」とコメント。

サウンドプロデューサーにToshlを起用した理由について、「ゲームやアニメを世界に向けて発信することを考えたとき、(音楽で)それを体現されていて、その象徴といえるのがToshlさん。ダメ元でお願いしたら受けてもらえたので、正直驚いています(笑)」と種田氏。

その言葉を受けてToshlは「世界のイベントに出演したときに、音楽以上にゲームの盛り上がりというものを肌で感じました。日本のゲームは世界中から期待されているので、自分でもチャレンジしてみたい」と語った。

3G2A0349

サウンドプロデューサーとして、どんな仕事をするのか? その問いに対しては、「種田社長への挨拶と、今日の発表会への出演と、まだ2回だけです」(Toshl)と会場の笑いを誘った。なお今後の仕事としては、手始めに種田氏からはフジゲームスのサウンドロゴを依頼されているとのことだ。

一言一言に注目が集まったToshlには、会場から盛大な拍手が贈られていた。

そのほかにも豪華なゲストが発表会に駆け付けた

TN4_5201

発表会には、Fuji&gumi Gamesのプロデューサー、今泉潤氏も登壇。『誰ガ為のアルケミスト』や『ファントム オブ キル』の今後の展開について紹介したほか、新作『シノビナイトメア』について「アニメみたいなゲームがコンセプト。(楽曲を手掛ける)久石譲さんの音楽を聴きながらプレイできるので、是非楽しみにしてください」と語った。

TN4_5213

ただ、今回設立されるフジゲームスについて「Fuji&gumi Gamesにとって競合他社(笑)」(今泉)と、一抹の不安を覚えていたそうだ。しかし、発表会に呼ばれたことで、「パートナー、仲間と認めてもらえて安堵できた(笑)」(今泉)と会場を笑わせつつ、「ゲームとテレビを越えるコンテンツを作っていきたい。いろんなエンタメを提供していければ」と抱負を語った。

TN4_5276
▲Fuji&gumi Gamesの名誉会長を務める大久保佳代子からのビデオレター。「3月末で名誉会長の契約が切れるけどどうなってんの?」と今泉氏にメッセージを寄せていた。ちなみに名誉会長の「抱かれ損」発言については「抱いてません!(笑)」(今泉)と全力で否定していた。

そのほか、『誰ガ為のアルケミスト』公式サポーターとして女優の武田玲奈、『ファントム オブ キル』イメージキャラクターのでんぱ組.incも登場し、発表会に華を添えた。

TN4_5228
▲武田玲奈は、コスプレイヤーたちとともに登場。
TN4_5241
▲『ファントム オブ キル』のイメージキャラクターを務める、でんぱ組.inc。

そのほか、番組コラボレーションゲームとして紹介された『ダービーロード』からは、井崎脩五郎、足立梨花のふたりの姿も。

TN4_5289
TN4_5296
▲井崎脩五郎(写真上)と、『ダービーロード』公式サポーターの足立梨花。
TN4_5319
▲新機能のユーザー対戦を利用して、井崎脩五郎と足立梨花がそれぞれ育成した競走馬を出走させたレースも行われた。

さまざまな情報が発表され、豪華ゲストも多数登壇したフジゲームス設立発表会。ゲームとテレビが連携したマルチメディア展開を始めとした同社の今後の展開に期待がかかる。

3G2A0280

※フジゲームス公式サイトはこちら

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧