1. サイトTOP>
  2. 【TGS2015】セガ期待の新作アプリ情報も飛び出したオープニングイベント

【TGS2015】セガ期待の新作アプリ情報も飛び出したオープニングイベント

2015-09-17 14:24 投稿

アプリ情報を中心にセガゲームスの新作をチェック!

2015年9月17日より、千葉・幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2015。

セガブースのステージで行われたオープニングスペシャルプログラムでは、期待の新作アプリ『ワールド エンド エクリプス』ほか、同社の注目タイトルの数々が紹介された。本記事では、その模様をアプリ作品を中心にお届けする。

 01
▲新作アプリ『戦の海賊』(センノカイゾク)の映像出展も! セクシーなお姉さんたちが出迎えてくれたぞ。

意欲作『ワールドエンド エクリプス』への想い

セガステージの最初を飾る“オープニングスペシャルプログラム”と題して行われた、このイベント。司会は週刊ファミ通の林 克彦編集長が務め、セガグループが誇る4つのセクションのキーマンたちとともに同社期待のタイトルを紹介していった。

02
▲左から、司会の林 克彦(週刊ファミ通編集長)、大橋 修氏(セガゲームス コンシューマ・オンラインカンパニー コンシューマ研究開発本部 本部長)、瀬川 隆哉氏(セガゲームス コンシューマ・オンラインカンパニー オンライン研究開発本部 本部長)、菊池 正義氏(セガゲームス セガネットワークスカンパニー 執行役員 開発本部 本部長)、平岡 直人氏(アトラス 取締役 コンシューマソフトウェア局 局長)。

まずは、家庭用ゲームを手掛けるコンシューマ研究開発本部 本部長の大橋氏が、『セブンスドラゴンIII code:VFD』、『ミラクルガールズフェスティバル』、『初音ミク – プロジェクト ディーヴァ- X』、『龍が如く 極』など新作7タイトルを紹介。

王道のRPGからキャラクターもの、ハードなアクションまで、多彩な顔ぶれからは同社の懐の深さが感じられた。

続いて、家庭用やPCなどでオンラインゲームを作ってきたオンライン研究開発本部 本部長の瀬川氏がマイクを取り、2015年で3周年を迎えた『ファンタシースターオンライン 2』シリーズの振り返りと今後の展開についてスピーチ。

現在配信中の『エピソード3』が、2015年末に向けてクライマックスを迎える予定だが、それに合わせてスマートフォン版の『ファンタシースターオンライン 2es』でも連動してさまざまなイベントなどが行われるとのこと。

なお、シリーズ全体では2015年12月で15周年となり、コンサートの開催やアニメ化など、続々と新企画が発表されており、さらに盛り上がっていきそうだ。

また、セクションの垣根を超えたタイトルとして、『ワールドエンド エクリプス』が2015年10月よりリリース予定。

プロデューサーを『戦場のヴァルキュリア』を手掛けた本山氏が担当するなど、家庭用ゲームとオンラインゲームのスタッフを積極的に融合させてチームを作り、開発に当たっているというこのタイトル、事前登録数も堅調に伸びているようで、リリース後の展開も期待される。

 03
▲2014年の発表以来、高い注目を集めている『ワールドエンド エクリプス』。
04
 05
▲『オルタンシア サーガ 蒼の騎士団』や『プロ野球チームをつくろう! 2015シーズン』など、現在配信中の人気タイトルも。

バラエティー豊かなセガネットワークスの新作ラインアップ

セガネットワークスからは、開発本部 本部長の菊池正義氏が登場。新作『戦の海賊(センノカイゾク)』の紹介が行われた。

06
▲かつて『龍が如く』シリーズのプロデューサーを務めたこともあり、当時よりこだわりの姿勢が高い評価を受けていた菊池氏。『戦の海賊』にもかなりこだわりが盛り込まれている。

iOS、Androidで配信中のアプリ『戦の海賊』は、海賊のボスとなって船団を率い、育てながら世界を冒険していく“海洋冒険バトル”。海賊らしい冒険感と、ボリュームたっぷりのやり込み要素が魅力で、早くも100万ダウンロードを達成している。

菊池氏は、「これまで、1~2年かけてようやく作り上げたゲームですが、リリースしてようやくスタート地点に立てたという気持ちです。これからユーザーの皆さんを楽しませられるように運営を続けていきたいと思っています」と、固い決意を語っていた。

07
▲船団を率いてのド迫力のバトルや育成要素など、スケールが大きい『戦の海賊』。

また、最大4人で協力対戦が可能な、本格派のアクションゲームアプリ『モンスターギア』も300万ダウンロードを突破し、堅調ぶりを見せているようだ。

そして、『戦の海賊』に続く新作として全曲作詞を畑 亜貴氏が担当していることでも話題の、ミュージカルをテーマにしたミュージカルリズムゲーム『夢色キャスト』も今秋登場予定となっている。

これらのように、ジャンルを問わず多彩な作品を提供してきたセガネットワークスだが、今後もさらに新たな挑戦を続けていくとのこと。

08
 09
▲本格派のハンティングアクションが楽しめる『モンスターギア』や、異色の乙女ゲーム『夢色キャスト』など、多彩なラインアップが紹介された。

大トリを務めた、アトラスのコンシューマソフトウェア局 局長の平岡直人氏からは、『ペルソナ5』や『オーディンスフィア レイヴスラシル』、『十三機兵防衛団』といった注目作が紹介された。

『ペルソナ5』など、東京ゲームショウ2015期間中に新たに発表される情報もあるようなので、ファミ通.comでの速報やセガステージのニコニコ生放送などにも注目してほしい。

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧