1. サイトTOP>
  2. TRFとEvery Little Thing、話題(?)のふたりが『オルタンシア・サーガ』新CM発表会でもいい味出していた

TRFとEvery Little Thing、話題(?)のふたりが『オルタンシア・サーガ』新CM発表会でもいい味出していた

2015-04-27 20:05 投稿

エイベックスの大物アーティストが共演

2015年4月27日、東京・青山にて、セガゲームスによる『オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-』(以下、『オルサガ』)新CM発表会が開催された。

00

本イベントでは、同作のプロデューサー・斉藤誠記氏に加え、ゲストとしてCMに出演したふたりのアーティスト、TRFのDJ KOO氏とEvery Little Thingの伊藤一朗氏が登場し、トークセッションやゲーム対決をくり広げた。

まずは、斉藤誠記氏が登壇。『オルサガ』のゲーム概要について説明を行った。

事前登録がセガのアプリで史上最多の24万人を突破したという本作は、2015年4月22日のサービス開始以降、順調に登録者数も伸びており、イベント当日時点でも40万ダウンロードを突破しているという。

01
▲本作のプロデューサー、セガゲームスの斉藤誠記氏。

また、既存の作品やキャラクターを使わない完全オリジナルの作品としては異例とも言えるほど、力を入れて制作されていることにも言及。

アニソン歌手としても有名ないとうかなこさんを起用したアニメーションのオープニングムービー、大御所から気鋭の若手まで多数の声優によるボイスの挿入など、どれだけヒットが見込めるかわからない段階であるにも関わらず、かなりの豪華な環境が整えられていったとのこと。

 02
03
▲ゲームシステム面での特徴。濃厚なストーリー、シンプルながら戦術性と爽快感にすぐれたバトルが注目ポイントとなっている。

続いて、実際にオンエアされるCM映像が公開された。

伊藤氏が『オルサガ』をプレイしているカットから映像は始まり、ゲームに熱中するあまりに、なんとDJ KOO氏に変身してしまう!……という衝撃の内容となっている。

「ゲームはKOO(コー)でなくっちゃ!」

という決めゼリフも秀逸である。

 04
05
▲伊藤氏がKOO氏に変身! そして、まさかのダジャレ!! 15秒のあいだにさまざまなドラマが詰め込まれているのだ。

マジメないっくんと天然なKOOさん

今回のイベントでは、そのふたりがゲストとして登場。CMのものに近い衣装で登場したふたりに、早速司会者より「今日のファッションのポイントは?」という質問が飛ぶ。

そこで、伊藤氏が「CMでもベストを着ていたのですが、今日も“ベストな”感じにしたいと思って着てきました(笑)」とダジャレを飛ばすなど、終始リラックスした様子だった。

06
▲“音楽業界の重鎮”と紹介され、照れるふたり。「今日は『オルサガ』を強力にPRしに来ました」(伊藤)と頼もしいコメントも。

CMの感想を聞かれると、「たくさん映っていてうれしいです」(KOO)、「撮影はたいへんなこともありましたけど、僕がKOOさんに変身するという流れがすごくおもしろかったです」(伊藤)と、イメージ通りの答えが返ってきて、会場もほのぼの。

 07
▲めったに着ることがないアイテムを身につけた伊藤氏に、「思ったよりも似合ってなかったよね(笑)」と正直なコメントをして爆笑を誘うKOO氏。

ちなみに、ともに音楽業界で20年以上のキャリアを誇るふたりだが、意外にもCM共演は初とのこと。

「KOOさんの髪が風になびいているのがかっこよかったです。いつもは後ろのほうにいらっしゃるので、なかなか見られない姿ですよね(笑)」(伊藤)、「ありがと(笑)」(KOO)と、その長いキャリアの中でもほとんど明かされてこなかった一面がCMで観られるようだ。

続いて、ゲームの話に。伊藤氏は、イベックス随一のゲーマー(KOO)と言われるほどのゲーム好きらしく、「仕事の合間の気分転換や、ストレス発散のためによくプレイしています」(伊藤)と語っていた。

とくに、RPGはやり始めると夢中になって、とんでもない時間までやり込んでしまうらしい。そんな伊藤氏に、KOO氏は「どういうキャラを使うのがいいのかな?」などとよくメールで質問していたという。

また、KOO氏はゲーム好きな奥様にもプレイしてもらって、それを見ながら攻略の研究をしていたようだ。

08
▲「ふだんどんなゲームをプレイしているんですか?」という質問に、「『オルサガ』です!」と即時に模範解答を返すKOO氏。伊藤氏は、「さすが先輩、勉強になります!」と、思わぬところで感心していた。

『オルサガ』については、伊藤氏は「最初は難しいかなと思ったんですが、やってみたら操作もシンプルですし、バトルがおもしろかったですね。とくにスキルが決まった時の爽快感はたまらなかったです」と、ゲーム好きならではの本格的なコメント。

KOO氏は、用意したメモを見ながらマリウスのかっこいいセリフを読み上げ「冷静でありながら挑戦もしていく。そういう姿勢が大事なんだなと思いました」と、自分の仕事に通じるものがあると語っていた。

続いて、ゲームに関連して“仲間と協力して苦難を乗り越えたエピソード”を教えてほしいというテーマが用意された。

伊藤氏は「ELT(Every Little Thing)は最初3人編成だったんですよ。その後ひとり脱退してふたりになって、そのぶんも持田と二人三脚でものすごくがんばった記憶があります」と、まさに理想的なコメント。

対するKOO氏は「今年はELTが8月から20周年イヤーに入るようで、おめでとうございます。うちは今年で22年目なんですよね。……で、質問って何でしたっけ(笑)」と、いきなり報道陣を爆笑させ、さらに「じつはこの22年、プライベートではメンバー5人が集まって食事したりすることはなかったんですよね」と爆弾発言も!

09
▲「でも、メンバーの誕生日には、スタッフも合わせて必ず皆でケーキを食べるようにしています」(KOO)、「皆で苦難を乗り越えた末に、そういう関係が出来上がっていったとですよね」(伊藤)、「そういうことですね」(KOO)と、伊藤氏にフォローされながらメンバーの仲のよさをアピールしていた。

そして、罰ゲームをかけた、バトルのタイムアタック対決が行われることに。

 10
▲意気込みを聞かれたふたり。「僕はやり込んでいるので負ける気はしないですね」と、あくまでマジメな伊藤氏に対し、KOO氏は「(小声で)SURVIVAL DANCE!」と、最後までネタに走っていた。

一時はKOO氏がリードするも、やはりゲーマーとしての実力差は明らか。伊藤氏が逆転勝利を収めた。「俺はまだ負けてない……」と負け惜しみをつぶやくKOO氏。

罰ゲームは、ゲームの“属性攻撃”に絡めて用意された質問に強制的に答えさせられるという、“属性攻撃質問”タイム。

11

“一番キレたことはなんですか?”、“一発ギャグをお願いします”などあるなかで、伊藤氏が選んだのは、“最近、もっとも心を打った話は?”という、比較的無難なもの。

KOO氏は、「この春、長女が無事高校に入学しました。僕もスーツを着て入学式に参列したのですが、式の後、記念に写真をいっしょに撮ろうよと言ったら、撮るときに娘が腕を組んでくれたんですよ」と、おなじみの子煩悩パパのエピソードを嬉々として語った。

罰ゲーム感がなかったのは残念だったが、これはこれでいい話。会場中がほっこりとしていた。

そのキャリアからは想像もつかないほど、アットホームな雰囲気でイベントを楽しませてくれたふたり。最後にファンへのメッセージを求められると、やはりそれぞれのキャラクターがよく表れたコメントを返してくれた。

「『オルサガ』は僕自身もプレイしていて、時間も忘れて物語に浸ってしまうような魅力的なゲームだと感じました。CMについても、すごくコミカルな感じに仕上がっているので、楽しみにして観ていただきたいですね。僕がKOOさんに変身してしまうほどの爽快感を味わいたい方は、ぜひゲームをダウンロードしてプレイしてみてください」(伊藤)

「CMは、TRF5人ではやったことがあるのですが、単独の出演は初めてだったんですよ。すごくKOO栄(光栄)なことでしたし、スタッフさんの熱い心意気を感じました。これからも、そんな心意気を僕のほうからもピーアールできればと思います。よろしくお願いします」(KOO)。

今後もふたりは、WEB動画などに出演して『オルサガ』を応援していくらしい。ゲーム界に新風を巻き起こすかもしれない(!?)、ふたりのベテランアーティストの活躍に期待したい。

12

オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-

ジャンル
RPG
メーカー
セガゲームス
配信日
配信中
価格
基本無料(アイテム課金あり)
対応機種
iPhone、Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧