1. サイトTOP>
  2. 『テラバトル』DLスターターに新曲追加決定!坂口×光田×下村SPインタビュー【Part1】

『テラバトル』DLスターターに新曲追加決定!坂口×光田×下村SPインタビュー【Part1】

2014-11-02 10:00 投稿

ダウンロードスターターで新たな楽曲の追加が決定!

ヒット街道爆走中の坂口博信氏率いるミストウォーカーの最新作『テラバトル』。坂口氏に呼ばれてミストウォーカーにオジャマしてみると、そこにいらっしゃったのはなんと! ! 絵やシナリオだけでなく、『テラバトル』は音楽もパワーアップしていきます! これは楽しみ!!

[関連記事]
※【テラバトル】ついに達成100万DL! “ダウンロードスターター”の公約が続々始動

 名称未設定-1

【テラバトルWikiはこちら】

光田氏、下村氏参戦決定!!

04_3045

坂口博信氏(写真右)
ミストウォーカーコーポレーション代表取締役社長。『テラバトル』ではプロデュースとシナリオを担当。『ファイナルファンタジー』シリーズ、『ブルードラゴン』ほか代表作多数。

光田康典氏(写真左)
プロキオン・スタジオ取締役社長。1992年にスクウェアに入社。『クロノ・トリガー』等の楽曲を手掛ける。退社後は活動の幅をさらに広げ、多数のゲーム、アニメ等の楽曲を担当。

下村陽子氏(写真中央)
ミディプレックス代表。カプコン、スクウェアを経て、いまも精力的に活動。代表作は『ストリートファイターII』、『パラサイト・イヴ』、『キングダム ハーツ』シリーズほか。

─ダウンロードスターターに新たな展開があるとお聞きしてうかがいしました。と、言いますか、光田さんと下村さんがいらっしゃいますから、つまりはそういうことですよね。

坂口 そういうことです。光田、下村のふたりに参加してもらえることになりました。

─おおー! それはアツい。でも、メインの楽曲は植松さんが手掛けられていますよね。おふたりの曲はどのような場面で?

坂口 まだしっかりとは決めていませんが、たとえば新しいモードやシナリオが追加されるタイミングで、それ用に曲を作ってもらう、といったイメージです。それなら、植松さんの楽曲とも併存できますから。

─とても楽しみです。さて、光田さん、下村さんともに参戦決定とのことですが、どのような経緯があったのでしょうか?

坂口 経緯も何もないです(笑)。最初は光田にオファーしたんですけど、Facebook経由で、「作って」ってお願いしただけです。契約面とかギャランティーとかも併せて伝えて、それに光田 が応えてくれて、決まりました。

光田 そんな感じです(笑)。

─坂口さんらしい(笑)。

坂口 で、光田に送った文面をコピーして、下村にも送ったんです。ちょうど下村の名前がFacebookで目に入ったんで。

下村 そんな経緯だとは知りませんでした! コピペって、ひどくないですか!?(笑)

─ 確かに、コピペはひどいですね(笑)。

下村 でも、おかしいと思ったんですよ。最初に坂口さんからご挨拶いただいて、「光栄です!」って返したら、いきなりすごい詳細なメールが来たので、早すぎるなーって(笑)。

坂口 しかも、「光田はこれでいいって言ってるよ」って、断れない雰囲気を醸し出しつつ。申し訳ないとは思っていますよ?

─(笑)。ちなみに、坂口さんがおふたりにオファーしたのは、いつくらいですか?

光田 僕が話を聞いたのは、2週間前です。

下村 私は3日前(笑)。

─2週間前と3日前! それですでにこの場にいらっしゃるというのがスゴいですね。

下村 だから私、今日が取材を受ける日だとは思っていなくて。すみません、ちょっと遅刻してしまいました(笑)。

03-1_3027

スクウェア時代のお互いの印象は?

─光田さん、下村さんともに、以前はスクウェア(現スクウェア・エニックス)に在籍されていましたが、当時の坂口さんとの思い出や印象をお聞きしてもいいですか?

下村 私は、お会いする機会はそんなになかったんです。でも、お会いするときは、強烈な話をされることが多かったかなー。たとえば、『ライブ・ア・ライブ』が終わって、そのつぎの仕事まで少し余裕があったので、休暇をいただこうと準備していたんです。そうしたらいきなり呼び出されて、「このまま『フロントミッション』やってくれない?」って、社長同席の場で言われまして。そりゃ、断れないですよね(笑)。

坂口 申し訳ない(笑)。

下村 そもそも私、スクウェアに採用してもらったんですけど、入社するまで、自分のお給料を知らなかったんですよ。

坂口 ああ、よくあったよね。そういうこと。

下村 入って1週間くらい経ってから坂口さんに呼ばれて、「いくら欲しい?」って。でも「払える額には限度があるからな」とも言われました(笑)。それも覚えていますね。

坂口 よく、入ったよね(笑)。

─ いまだと、ちょっと考えられないですよね(笑)。では、光田さんは?

光田 相談と言いますか、お願いごとのために坂口さんのところに行くことが多かったですね。僕は、最初は『ファイナルファンタジーV』、『半熟英雄』、『聖剣伝説』などのサウンドエンジニアとして、効果音をやらせてもらっていたんです。

坂口 当時、エンジニアがいなかったもんね。

光田 そうなんですよ。でも、やっぱり曲が書きたいじゃないですか。それで坂口さんに「書かせてください」ってお願いしたら、「じゃあ、『クロノ・トリガー』やってみる?」って。それはすごくうれしかったんですけど、効果音も引き続き作らなくてはならず、その二足のわらじがしんどくて(笑)。再度、「効果音を作れるスタッフを入れたいのですが」と相談しました。だからあの当時、スクウェアのサウンドまわりの環境はかなり変わりましたよね。

下村 私も、入ったときは効果音からでした。ちょうど『ロマンシング サ・ガ2』を作っていた時期で、私なりにがんばったんですけど、光田さんに「下村は効果音のセンスないねー」ってズバッと言われて(笑)。たぶん、そんなこともあって、光田さんは坂口さんに直談判に行ったんだと思います。

坂口 そんなこと、あったんだ。

下村 コイツ、ニコニコしながらきびしいこと言うな~って思いましたもん。

光田 ぜんぜん覚えてないや(笑)。

─(笑)。坂口さんから見て、おふたりのイメージはいかがだったのでしょう。

坂口 下村は、仕事が早い、かなぁ。

下村 いや、私、遅いですよ? ……でも、落とすことはしなかったですし、締切間際のラストスパートで最終的に間に合わせていたので、その印象かもしれないです。

坂口 光田のメロディーは、ケルティックとか北欧風の印象が昔から強いんですよ。言葉だと表現しづらいんだけど。植松さんは、どこか日本の民謡的なノリがあるじゃないですか。

光田 いや、それはよくわからないです(笑)。

坂口 あ、そう? でも、光田はそんな印象でしたね。下村は、なんでも書けてしまう、器用なタイプという印象でした。

03-2_2968

坂口さんと言えば植松さん、そしてイトケンさんは?

─さて、『テラバトル』には、おふたりのどのような曲が収録されるのですか?

坂口 戦闘の曲をお願いしたいのですが、下村らから「やるなら3曲は書きたいです!」という力強い言葉をもらっていまして。

下村 いやいやいやいや! 確かに、自分が遊ぶときに1曲だと寂しいから2、3曲あるといいですよね、とは言いましたけど(笑)。

光田 こうやって物事は決まるんですね(笑)。

坂口 まだ、ダウンロードスターターのどのタイミングで、というのは決めていません。ですので、スケジュールの余裕はあるかな、と。

─改めて、光田さん、下村さんは、最初に坂口さんからオファーを受けて、どのように思ったのでしょう?

光田 アプリを作っていることも、ダウンロードスターターのことも聞いていたので、僕の曲はどのあたりで使われるんだろう? って(笑)。システム的におもしろかったので、スケジュールさえ合えばぜひやらせてください、といった感じでお返事しました。

下村 私は、「私が入ってもいいんですか?」って。やっぱり、坂口さんと言えば植松さんじゃないですか。そこに私が入って、書かせてもらうのってアリなの? って思いました。

光田 僕もそこはやっぱり気になって、坂口さんにお聞きしましたね。

坂口 植松さんには、昔の仲間全員集合みたいな感じで、光田、下村に声かけたいんだけどって聞いたら、「ぜんぜんいいよー」って即レスがありました(笑)。

光田 安心しました(笑)。でも、おもしろいですよね。スクウェア時代は、そこまでガッツリ仕事で関わっていなかったのに、いま、こうしてごいっしょできるとは。

─ちなみに、坂口さん、伊藤賢治さんには声をかけていないのですか?

坂口 …………あ、うっかりしてた。

下村 ひどーい(笑)。

光田 それは失礼ですよね(笑)。

坂口 いや、本気で忘れていましたね。すぐに、丁寧にオファーします。

下村 また、コピペでしょう。

─(笑)。それでは、曲を書かれるのはこれからだと思いますが、おふたりの意気込みをお聞かせください。

下村 3日前に話をもらったばかりで、どんなゲームかもわかっていないのですが(笑)。でも、私も最近は移動中にゲームをプレイすることが増えていて、そんなときに坂口さんからお声掛けいただいたのはすごくうれしいです。自分自身がプレイして楽しくなるような、そんな曲を作りたいなーと思います。

光田 とにかく自分らしい音楽を提供して、プレイヤーの皆さんに楽しんでいただけたら最高です。これからがんばります!

坂口 とにかく、イトケンに連絡しなきゃ!

[関連記事]
※『テラバトル』DLスターターに伊藤賢治氏参戦決定! 坂口×植松×伊藤SPインタビュー【Part2】

※本インタビューは週刊ファミ通10月30日売り号からの転載となります。
※スペシャルインタビューPart1、Part2ともに、聞き手は本誌編集長 林克彦。
※スペシャルインタビューPart1は9月下旬に、スペシャルインタビューPart2は10月上旬にそれぞれ実施しました。

テラバトル

ジャンル
RPG
メーカー
ミストウォーカーコーポレーション
価格
無料(アイテム課金制)
対応機種
iOS6以降のiPhone4S以降、iPod Touch 5th以降、iPad2以降、Android OS 2.3.1以降

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧