1. サイトTOP>
  2. 『ファイナルファンタジーVI』が大型アプデ! ゲームパッド対応で家庭用のプレイ感が蘇る

『ファイナルファンタジーVI』が大型アプデ! ゲームパッド対応で家庭用のプレイ感が蘇る

2014-10-16 13:35 投稿

クラウドセーブやバーチャルパッドの変更なども

スマートフォン、タブレット向けに配信中の『ファイナルファンタジーVI』(以下 『FFVI』)にて、ゲームパッド対応およびクラウドセーブ対応、一部UI調整のアップデートが行われた。

 00_FF6_logo

『ファイナルファンタジーVI』のスマートフォン版は、2014年1月にAndroid版が、2月にiPhone版がそれぞれ配信開始。

2Dドットグラフィックを全てリファインして一新された映像に加え、これまでのスクウェア・エニックスのスマートフォン用RPGタイトルのノウハウを活かした、タッチパネルでも直感的でプレイしやすい快適な操作性が実現されている。

また、キャラクタードット絵は、オリジナル版を手掛けた渋谷員子氏がすべてリファインを担当。さまざまなアチーブメントを集める楽しみも加わっているのも特徴だ。

2-1_バトル
2-2_飛空挺
2-4_魔列車
2-3_飛空挺フィールド
キャライラスト

クラウドセーブに対応

今回のアップデートによって、iPhoneおよび Android端末向けのゲームパッドに対応可能になっている。ゲームパッドを使用することで、より当時のゲーム機に近い操作感を楽しむことができるはずだ。

またiPhone版ではiCloudを利用したセーブデータ共有機能に対応中だが、今回Android版がクラウドセーブにも対応。

セーブデータの引き継ぎが可能になっているので、外出先ではスマートフォン、自宅ではタブレットなど、シーンに合わせて快適なプレイスタイルを選択できるぞ。

バーチャルパッドもリニューアル

ゲームパッドへの対応に加えて、ゲーム内のバーチャルパッドの仕様も変更に。指を画面から離した後も一定時間パッドが表示され続けるので、再度方向キーをタップして移動することができ、細かい操作が可能になっている。

また、移動しやすいよう、入力の角度や範囲の調整も行われたほか、デザインも刷新!

[変更前]

 1-1_移動パッド変更前

[変更後]

 1-2_移動パッド変更後

スタイルに合わせて変更可能! バトルコマンドの仕様を追加。

アップデートに合わせて、新しいバトルコマンドの入力方法も追加。コマンド入力をするキャラクターをタブで切り替えることが可能になっている。

1-4_バトルシステム
▲追加されたバトルコマンド。
 1-3_コンフィグメニュー
▲バトルコマンドは“コンフィグ”から選択可能。

言語対応

新たにロシア語、ブラジルポルトガル語、タイ語への対応も行われた。

FINAL FANTASY VI

配信日
配信中
価格
1800円
対応機種
iOS 7以降のiPhone(4S以降) / iPad (2以降)/ iPod touch(第5世代以降) / Android 3.2以上、4.0以降推奨

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧