1. サイトTOP>
  2. 活躍中の注目選手たちがSRカードに! 『プロ野球列伝 レジェンドナイン2014』

活躍中の注目選手たちがSRカードに! 『プロ野球列伝 レジェンドナイン2014』

2014-07-19 10:00 投稿

シーズン序盤で大活躍した注目選手たちがSRで参戦

スマートフォン向けに配信中の、本格プロ野球アクションゲーム『プロ野球列伝 レジェンドナイン2014』。プロ野球12球団の選手たちが実名で登場し、自分で操作できるだけでなく、ペナントレースで活躍中の選手の新カードが随時追加される、オンラインゲームならではの要素が楽しめる作品だ。プロ野球もオールスター戦で盛り上がっている現在、本作には今シーズンの序盤で大活躍した各球団の注目選手が新たにSRカードになって追加されている。一部の選手を動画で紹介しよう。

追加されたSRカードは、以下の12名。

※選手名 (チーム名) :紹介文

藤田一也(東北楽天ゴールデンイーグルス):守備名人、今季は打撃も好調!
浅村栄斗(埼玉西武ライオンズ):セカンドコンバートで真価が問われる!
藤岡貴裕(千葉ロッテマリーンズ):いよいよ今季開眼!? 本格派左腕!
柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス):未曾有のパワーヒッター、いよいよ全開!
ペーニャ(オリックス・バファローズ):好調オリックスを支えるパワー!
アンソニー・カーター(北海道日本ハムファイターズ):威圧感抜群の新外国人!
片岡治大(読売ジャイアンツ):強豪チームの最後のワンピース!
呉昇桓(阪神タイガース):唸る“石直球”で試合を締める!
大瀬良大地(広島東洋カープ):新人王当確!? 大卒ナンバーワン右腕
濱田達郎(中日ドラゴンズ):遅れてやって来た“第3の男”
井納翔一(横浜DeNAベイスターズ):新しい“ハマのエース”は宇宙人!?
山田哲人(東京ヤクルトスワローズ):好調ヤクルト打線の切り込み隊長!

藤岡貴裕(千葉ロッテマリーンズ)

野村祐輔(現広島東洋カープ)、菅野智之(現読売ジャイアンツ)とともに“大学ビッグ3”と呼ばれた逸材で、2011年ドラフト1位で千葉ロッテマリーンズに入団。1年目、2年目は伸び悩んだが、3年目となる今シーズンは安定した投球を続けローテーションの一角を守っている。切れ味鋭いスライダー、カーブが武器。

柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)

田中将大(現ニューヨーク・ヤンキース)、前田健太(現広島東洋カープ)ら、数多くのスター選手を輩出した“1988年世代”のひとりで、2013年に大ブレイクし今年はついにスタメンの座を確保。大柄でダイナミックなスイングが持ち味のパワーヒッターだが、ミートがうまく選球眼もよく、さらに俊足と他球団にとって恐怖の存在となっている。

片岡治大(読売ジャイアンツ)

9年間在籍した西武ライオンズで4度の盗塁王や、最多安打、ベストナインを獲得。今年FAを経て読売ジャイアンツに入団した、球界を代表する内野手。2桁本塁打を2度記録するなどパンチ力もある一方で、バントなどの小技も得意とする。今年はおもに2番セカンドで、抜群の安定感と勝負強さでチームを引っ張っている。

大瀬良大地(広島東洋カープ)

2013年に侍ジャパンに選出されるなど抜群の実績を誇り、大学出身の新人では2014年度の注目ナンバーワンと目されている本格派右腕。最速153キロのストレートに加え、スライダーなど多彩な変化球を投げ分け、ピンチに強い強心臓も相まって早くもカープ投手陣の中軸を担っている。同じ年のチームメイト、今村とは顔がソックリ。


今後も、活躍に応じて新たにSRカードが投入されるとのことなので、『レジェンドナイン』からは目が離せない!

プロ野球列伝 レジェンドナイン2014

ジャンル
スポーツ
メーカー
CJインターネットジャパン
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 6.0 以降、Android 2.4 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧