1. サイトTOP>
  2. 【新作情報】男のロマン“変形”キター! タワーオフェンス『Anomaly2』でワクワクが止まらない

【新作情報】男のロマン“変形”キター! タワーオフェンス『Anomaly2』でワクワクが止まらない

2013-11-18 22:05 投稿

ロボキタ━(゚∀゚)━!


今回紹介するのはタワーオフェンスゲーム『Anomaly2』。価格は500円[税込]。『Anomaly』シリーズとしては、『Anomaly Warzone Earth』、『Anomaly Korea』に続く3作目に当たる。タワーオフェンスとは、文字通り、タワーディフェンスの反対。守るのではなく攻めるゲーム性が特徴。ゲームのルールはシンプルで、部隊を編成して目標地点までのルートを選択。ルート上に待ち受けるエイリアンを撃破しつつ、目標地点を目指す。基本的にはこれだけだが、突如、敵の増援が出現するお約束の展開もあるため、戦況に応じて部隊の補充・強化や進行ルートの再設定を行う必要がある。また、画面左に表示されるアビリティも超重要。部隊の耐久力を回復したり、デコイで敵の攻撃を誘導し、その間に一気に殲滅したりと、アビリティの使い方が戦局を大きく左右する。

[関連記事]
※【注目アプリレビュー】『Anomaly Korea』市街地で待ち受けるエイリアンの拠点を撃破せよ!
※【iPhoneおすすめアプリ】戦場の神さま気分が堪能できるリアルタイムストラテジー『Anomaly Warzone Earth』

▲進行ルートにはいくつかの分岐地点があり、どの方向へ進行するかを決定する。ルートはいつでも変更可能。敵が少ないルートを選んだつもりが、じつはトラップで大量の敵に囲まれるなんてことも。ユニットの生産に必要な資源は敵を撃破することで獲得できる。

しかし、これらの要素はシリーズを踏襲したもの。本作でもっとも重要なのは、なんと3作目についに、ついに、ユニットがロボットに変形可能になったこと! しかも、変形と聞いただけでもヨダレものなのに、変形が戦略要素としてしっかり機能しているのがうれしいところ。例えば、序盤ユニットのアサルトハウンド(車両)が遠距離攻撃を得意とする一方、変形してヘルハウンド(ロボット)になると、射程は大きく下がるものの、耐久値と攻撃力が上昇する。そのため、敵との距離が開いているときはアサルトハウンド、接近したらヘルハウンドに変形することで効率的にダメージを与えることができる。変形はユニットを2回タップすればオーケー。この変形要素の追加により、戦略性が向上。難易度はカジュアル、ノーマル、ハードコア、ナイトメアの4段階あるが、ノーマルでもかなりの歯ごたえになっている。

 
▲初っ端のミッションから変更は可能。変形時のSEもシビレるほどかっこいい!
▲画面はピンチイン/アウトで拡大・縮小可能。ロボに変形したら絶対に拡大!
▲敵を倒せば体力回復やデコイといったアビリティを獲得できる。これらのアビリティの使い方が攻略の鍵となる。

11月18日現在、日本語へのローカライズはされていないが、リアルタイムストラテジー好き、ロボット好きには超オススメの1本。ぜひ一度プレイしてみてほしい。

Anomaly 2

ジャンル
タワーオフェンス
メーカー
Chillingo
配信日
配信中
価格
500円[税込]
対応機種
OS 5.0 以降。iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPhone 5c、iPhone 5s、iPad 2 Wi-Fi、iPad 2 Wi-Fi + 3G、iPad Wi-Fi(第3世代)、iPad Wi-Fi + Cellular(第3世代)、iPad Wi-Fi (第 4 世代)、iPad Wi-Fi + Cellular (第 4 世代)、iPad mini Wi-Fi、iPad mini Wi-Fi + Cellular、iPad Air、iPad Air Wi-Fi + Cellular、iPad mini Retinaディスプレイモデル、およびiPad mini Retinaディスプレイモデル Wi-Fi + Cellular に対応。 iPhone 5 用に最適化済み、Android 2.2 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧