1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 個人開発ゲームを斬る>
  4. 【個人開発ゲームを斬る】『箱庭RPG2』破壊的ボリュームで帰って来た大人気ドット絵RPG

【個人開発ゲームを斬る】『箱庭RPG2』破壊的ボリュームで帰って来た大人気ドット絵RPG

2013-10-21 08:30 投稿

20ヵ月ぶりの続編

いまからもう1年以上前ですかね。
『箱庭RPG』という、シンプルなドット絵RPGが大ヒットしました。
おじさんも当時、そこそこやっていたような、そんなにやっていないような記憶がございます。

そんな曖昧な思い出の『箱庭RPG』ですが、新作が出たというのでさっそくダウンロードしてみました。

▲行きたい所を選び
▲いざ冒険へ!


ストーリーやクエストなどはなく、行きたい場所を選んで突き進み、ひたすら己を鍛え上げるRPGとなっております。

▲スライムがあらわれた
▲経験値ゲット!
▲ネズミだって倒しちゃう
▲レベルアップ!

一歩進むごとに、モンスターとバトルしたり、宝箱を拾ったりなどをくり返します。

バトルは”王道ターン制”を導入。
素早さが高い順に叩いたり叩かれたり。
レベルアップは、“ポイント割り振り制”を導入しておりまして、攻撃力に特化したキャラ、防御力に特化したキャラなど自分好みに育て上げることが可能です。

あなたの欲しいのは

▲どっちにするの?
▲装備を忘れずに!

お金を貯めて武具や装飾品などを買ったりするのではなく、道中に落ちている宝箱でそれらをまかなっていきます。
“あなたの欲しいのは武器ですか? 防具ですか?”
両方欲しいところですが、選べるのはひとつ。状況に応じて選びましょう。

すでに持っている武具や装飾品をゲットしてガッカリするのはまだ早い!
このゲームは“アイテムランク制”を導入しておりまして、同じ名前のアイテムでもランクによって性能が大きく異なります。

戦っていると

▲閃いた!
▲でりゃ!
▲こりゃ強い!
▲使えない。。。

モンスターとバトっていると、キャラがたまに閃きます。
閃くと“特技”がランダムに発動され、その効果によっては追いつめられた状況を一変させることも可能。“諦めないことの大切さ”を教えてくれます。

閃いた後はSP、いわゆるマジックポイント的なものを使って常時使うことができます。
序盤でとんでもない特技を閃き覚えることがありますが、使用するためのSPが足りないため”猫に小判豚に真珠”状態になったりするのもいとおかし。

エリアの最後には

▲エリアボスつええ。。。
▲ペナルティが。。。

エリアの最後には、ボスが存在します。
こいつがなかなか手強いので、サクサクとココまで進んで来てしまうと、ボコボコにされてしまうでしょう。
ゲームオーバーになると“道具をすべて失う”などのペナルティーが待っていますので、ザコをコツコツ倒して、十分にレベルアップしてから挑みましょう。

▲リベンジの時はきた!
▲死力を尽くせ!
▲リベンジなる!
▲新たな冒険へ!

エリアボスを倒すと、“新たな冒険の地”と“仲間”をゲットできます。
仲間にはレベルアップなどの育成要素はありませんが、キャラ特有の効果であなたの冒険をいろいろサポートしてくれます。

とりあえずひと区切りついたので、このアプリを開発した大学院生のKan_Kikuchiさんにいろいろ聞いてみました。

Q1.そもそも初代『箱庭RPG』を作ったキッカケは?
A1.もともとRPGが大好きで、“とにかくRPGっぽいものを作りたい!”と思っていたのがきっかけです。
ただ、最初は内容を詰め込み過ぎて挫折してしまったため、ゲームアプリの開発が効率よく行える”“ocos2d”という環境を勉強し、新たに極限まで内容を削ぎ落として作りました!
Q2.前作からかなり間があきましたが、いまさら続編を作ろうと思ったキッカケは?
A2.じつは構想としては1年以上前からあったんです……。ただ、一から作る予定(前作のプログラムが稚拙なため)だったので、“こりゃ時間かかるな~”と思い、まとまった時間が取れるまで温めてました。
Q3.続編のココはぜひ見てくれ! というポイントは?
A3.特技の演出ですね! 正直、増やし過ぎて苦労しました……。
今回、いちから特技の演出を作り直したので、ぜひすべての特技を見てもらいたいです。
とくに前作ではなかった相手に突進したり投げたりといった、“キャラクター自身が動く”という演出にご注目ください!
Q4.Androidへの移植予定は?
A4.ないですね。移植する時間があるならほかのアプリを作ります。
仮にAndroid対応のアプリを出すとしたら移植ではなく、新しい物をiPhoneと同時に出すと思います。
Q5.つぎは『3』ですね!
A5.いまのところまったく予定はないですが、『箱庭RPG2』が100万DLぐらいされたら考えます!
もしくはまた20ヵ月後に!(前作と今作のあいだが約20ヵ月)
ただ残念なことに、来年から社会人なので時間がかかるゲームは作れなくなる“かも”しれません……。
Q6.それは残念……。最後に何か言っておきたいことがあれば!
A6.素材を公開してくださっている方、アプリをDLしてくださった方、ご意見ご感想を送ってくださった方、アプリを紹介してくださった方、アイコンを作ってくださった方(@Jacminik氏)、皆さま本当にありがとうございます!
これからも全力でゲームを作っていきますので、どうぞ見捨てないでください!!
あとTwitterアカウント(@Kan_Kikuchi)もよろしくです(コッソリ)

特技の数は300以上!モンスターは500以上、アイテムは1000以上。
とんでもないボリュームの『箱庭RPG2』、ぜひ遊んでみてください!

そしておじさんのTwitterアカウント(@appmaga_info)もよろしくです(コッソリ)

■あぷまがどっとねっと
(あぷまが)

「すべてのアプリにチャンスを!」との思いから、藤田武男氏が個人開発者が開発したアプリを中心に紹介している情報サイト。ほかでは見つからない“お宝アプリ”が“あぷまが”なら見つかるかも! ちなみにイラストは、あぷまがのマスコットキャラ、アイロニー。


※あぷまがへのアクセスはこちらから

箱庭RPG2

メーカー
Kan_Kikuchi
配信日
配信中
価格
無料
対応機種
iPhone、iPod touch、iPad、iOS 5.1 以降

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧