1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 個人開発ゲームを斬る>
  4. 【個人開発ゲームを斬る】『EscapeRPG3』ドット絵RPG風謎解き脱出ゲーム

【個人開発ゲームを斬る】『EscapeRPG3』ドット絵RPG風謎解き脱出ゲーム

2013-10-14 08:30 投稿

じつは3作目

いわゆる“ファミコン世代”ですから。
“ドット絵なRPG”なんかがリリースされると、無条件に飛びついてしまうんですよね。
おじさんだもの。

今回ご紹介する『EscapeRPG3』。

アイコンがドット絵だし、タイトルにRPGってついてるし、速攻ダウンロードすると、中身は“謎解き脱出ゲーム”でした。

そんな気分じゃなかったんですが、がんばって記事にしてみました。

▲3作目らしい
▲ウグアアアアア
▲ココはドコ? ワタシはダレ?
▲兵士さんに相談しよう!

変な仮面を被っているのが主人公です。

なぜ被っているのか?
ココはドコなのか?
自分は何者なのか?

十字キーで移動しAボタンで怪しいところを調べ、明らかにしていきましょう。
とりあえず目の前の兵士さんに声をかけてみました。

▲おい
▲ごめんなさい! ごめんなさい!

なにか情報が得られるどころか、めちゃ怒られました。
まあ、こんなマスク被ってりゃ不審がられますよね。

▲マスクが。。。
▲悲しみのバトル。。。
▲。。。意外に楽勝
▲ザコどもめ!

状況を説明しようと思っても、マスクがジャマをして話せない!!

襲ってくる兵士たち。

身に降りかかる火の粉は、振り払わねばなりません。
みずからの剣で。

▲窮鼠猫を噛む
▲まさかの召還獣!

兵士には怪しいものを駆逐するという使命があります。
このまま黙って引き下がってくれません。
“いでよ! ストームバード!”

▲ぎゃあああああ
▲後悔先にたたず

まともにやっては

どうしても勝てません。
どうしようもありません。

何かほかの方法を考えましょう。
兵士をふたり倒すと、ストームバードを呼び出されてしまいます。
それまでに何か手を打たないといけません。

▲この橋の下が怪しい
▲仮面の目がキラリン
▲闇のチカラが暴発!
▲ストームバードを呼ばれる暇もなく駆逐!
▲倒れた兵士から
▲ボルトフェザーゲット!

なんだかんだうまいことすると、ストームバードを呼び出される前に、兵士たちを倒すことができます。
どうもこの“ボルトフェザー”を持っていると、ストームバードの雷攻撃を無効にできるようです。
でも、兵士死んじゃったからストームバードも出てこない。
どうしましょ?

ときのゆびわで

▲ときのゆびわで
▲過去の記憶へ!

このゲームには“過去に戻る”という要素がありまして。

重要なアイテムを手に入れて過去に戻ると、うまくいかなかったアノ謎が!!
というような感じになっております。
ボルトフェザーを握りしめ、ストームバードが呼び出される前の過去へ!

▲茶番
▲よ! 久しぶり!
▲効かないよーん
▲効かないってばよっ!

こんな感じでストームバードを倒し、新たなアイテム“フレイムオーブ”をゲット!
このアイテムをいい感じに使って、さらに謎を解いていくんだと思います。

たぶん。

だって解けないんだもん。
というわけで、このアプリを開発された“SoftFunk“さんにイロイロ聞いてみました。

Q1.『EscapeRPG』は今回で3作目らしいのですが、そもそものキッカケを教えてください!
A1.もともとドット絵のゲーム、とくにRPGが好きだったのと、脱出ゲーム系も好きだったので、必然的(?)に組み合わせて考えつきました。
思いついたときにiPhoneのアプリを検索すると、ドット絵RPGと脱出ゲームの融合ものがその当時まだ見当たらなかったので、先駆け的な意味でもキタコレ! と思って作り始めました。
ですが、リリース直前くらいにAndroidアプリに、“ドット絵RPG+脱出ゲーム”を謳っているアプリがすでに配信されているのをたまたま見つけてしまいガク然としました。ぜんぜん先駆けてなかったです(笑)。
でも、決してアイデアをパクってはいませんので、そこはどうか信じてもらえればと……。
今後はAndroidアプリもちゃんと検索するようにします!
Q2.なかなかどんまいなスタートですね! 各シリーズの制作期間はどれぐらいですか?
A2.第1弾は、いろりろあってあいだが空いてしまったこともあり、期間でいうと相当掛かっています。
今年の1月初めから制作し始めて、4ヵ月くらいでしょうか。
途中挫折しそうになったりもしたのですが、そんなときに“アプリ界の和尚様”こと、“いたのくまんぼう”(@Kumanbow)さんに、制作中のアプリを見てもらう機会があり、「おもしろい!」と言っていただけたことがものすごく自信になったりして、何とかくじけずにリリースできたみたいなところもあります。とても感謝しています!
第2弾は、第1弾の流れと勢いもあって、1ヵ月くらいで完成したと思います。
そして、今回リリースしました第3弾ですが、僕はアプリ開発だけでは食べていけてないので、アプリ開発とはあまり関係のない会社に勤めています。その会社の仕事が忙しくなったり、途中別のアプリも作ってみたりと、けっきょく3ヵ月くらいかかってしまいました。
ドット絵とか、謎解きの部分は楽しく作れるのですが、プログラミングが素人に毛が生えた程度なので、その部分で毎回苦労しています。
Q3.アプリ界の和尚はどうでもいいので、ゲームのウリを教えてください!
A3.ふつうのRPGにもふつうの脱出ゲームにもあまりないような謎解きを考えているつもりですので、難しいかもしれないですが、ぜひ解いてみてほしいです。
あと、キャラクターのセリフは、某有名マンガの影響受けまくりでノリノリで書いています。
それと、シリーズを通してなんですが、なぜか毎回記憶を失う主人公の悲惨さというか、報われない感じもおすすめポイントです。RPGなのに、仲間っぽいのもぜんぜん出てきませんし。孤独です。
Q4.切ないお話なんですね! 解いてないのでわかりませんでした! 今後の予定を教えてください!
A4.Androidへの移植はいつかしたいとは思っていますが、iPhoneアプリだけでいっぱいいっぱいで無理っぽいです。いまのところは考えないようにしています……。
ただ、『EscapeRPG』の続編は作り続けてみたいと思ってます。シリーズで作り続けていれば、そのうち何かいいことあるかも、という思いと、この報われない主人公の行く末も気になりますので。
『EscapeRPG』以外では、好きなRPG的な作品を作りたいと思ってます。
パズルとRPGの融合とか……。
Q5.パズルとRPGの融合!? 斬新! 2000万DLぐらいされるんじゃないですかね! 最後にひと言!!
A5.いつもTwitterやFacebookで応援してくださったり、僕のアプリで遊んでいただいてる皆さんのおかげで、いままで何とか細々とアプリを作り続けてこられて、本当にありがたいと思ってます。
いつか、というか近いうちにアプリ作ることに専念できるようになって、もっと多くの人に楽しんでもらえるゲームを開発して恩返ししたいと思っていますので、とにかくがんばります!

個人開発者にとって、皆さまの応援、ダウンロードが何よりの励みになります。
『EscapeRPG3』、ぜひダウンロードしてみてください!
そして、謎が解けたらおじさんにコッソリ教えてください!

■あぷまがどっとねっと
(あぷまが)

「すべてのアプリにチャンスを!」との思いから、藤田武男氏が個人開発者が開発したアプリを中心に紹介している情報サイト。ほかでは見つからない“お宝アプリ”が“あぷまが”なら見つかるかも! ちなみにイラストは、あぷまがのマスコットキャラ、アイロニー。


※あぷまがへのアクセスはこちらから

EscapeRPG3 - ドット絵RPG風 脱出ゲーム3

メーカー
SoftFunk
配信日
配信中
価格
無料
対応機種
iPhone、iPod touch、iPad、iOS 4.3 以降

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧