1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 個人開発ゲームを斬る>
  4. 【個人開発ゲームを斬る】『ビール瓶斬りアルティメイタム』ハイクオリティーバカゲー

【個人開発ゲームを斬る】『ビール瓶斬りアルティメイタム』ハイクオリティーバカゲー

2013-08-05 08:30 投稿

インド人もビックリ!?

インドからファミ通Appをご覧の皆さま。

ナマステ!

遠いところからご覧いただきまして、いつもありがとうございます。
そしてお待たせしました。

昨年、インドのAppStoreで無料総合1位を獲得した『ビール瓶切り』が、パワーアップして帰ってきました!
その名も『ビール瓶斬りアルティメイタム』!!
どこがどう変わったのか、前作と比較しながら紹介させていただきます!

▲前作▲アルティメイタム!

 

“グラデーションかけといたらええねん”という背景から、ロゴもしっかり作り込んで格段にパワーアップしたタイトル画面。
新作“アルティメイタム”は、映像作家yamabus氏とのコラボ作品となっております。

▲いま見るとちょっとかわいい系

 

前作の主役。
ややデフォルメ気味のマッチョマン。
“アルティメイタム”では……

▲映像作家yamabus氏がモデルらしい

 

こうなりました。
もちろん、お腹も割れています。

 

▲振りかぶって▲パリン!

 

上のパワーメーターとにらめっこしながら、タイミングよくタップで手刀!
それを5セット行い、よりよいタイミングで手刀して得点を稼ぎます。

▲振りかぶって▲スパパパパン!

 

こちら『アルティメイタム』
前作同様、パワーメーターを見ながら、タイミングよくタップで手刀!
こちらは、失敗するまで続けます。
アルティメイタムですから、手刀時にエフェクトが発生します。
アルティメイタムなんで、その様子をゆっくりとご覧いただきたいと思います。

▲大きく振りかぶって▲水平に
▲キラリン▲スパン
▲やったった▲押忍!

▲どんなに鍛えていても失敗したらイタイ!

 

以上です!
もう書くことがありません!
こんな記事では偉い人に怒られてしまいます。

ということで、責任を取ってもらうために、アプリを開発したhamonさんに絡んでみました。

Q1.これって瓶を斬るだけなんですか? 本当に瓶を斬るだけなんですか?
A1.ビール瓶を斬るだけで隠し要素はありません。あるのは限界を追求したグラフィックだけです。

Q2.そ、そうですか。ではインタビューでボリューム出すので答えてください。
そもそも前作『ビール瓶切り』を作ろうと思ったキッカケは?

A2.当時はとにかく“週1本出すぞ!”と意気込んで作っていたのですが、2週目でもうネタが切れてしまいました。
現実逃避して、集めているMVSの基盤(SNKが開発したアーケード基盤)で遊んでいたところ、某ミニゲームから着想を得て作りました。

Q3.MVS? ちょっとよくわかんないです。で、けっきょく『ビール瓶切り』は1週間でリリースできたんですか?

A3.当時はまだ会社員だったので、通勤しながら1週間で作りました。開発期間は合計8時間くらいです。
独立後のアプリに比べてクオリティーが低すぎるので、この記事を読んだ後は速やかに記憶から抹消してほしいです。

Q4.そんなクオリティーの低いアプリの続編『アルティメイタム』をなぜ作ったんですか?

A4.映像作家のyamabusさんと飲みに行ったときに、“最新のCGでバカゲー作ったらおもしろいんじゃないか”という話になり、過去作のリメイクならゲームデザインのコストかからないし、グラフィックに集中できる。
ということで、今回の『アルティメイタム』ができました。

Q5.では、『アルティメイタム』も8時間ぐらいでできちゃった?

A5.グラフィックの差し替えだけですぐ終わると思ったのですが、そのグラフィックだけで2ヵ月かかりました。
その代わり現在のスマートフォンでは“最高レベルのグラフィック”を出せたと思います。

Q6.そんなに苦労したキャラを1作で使い捨てなんですか?

A6.“アルティメイタム”シリーズとして、近日中にもう1本同じキャラで過去作のリメイクが出ます。
その後は女性キャラを使った少々クレイジーなゲームを開発する予定です。

Q7.だいぶ文字数も稼げたので最後にひと言お願いします。

A7.Unit(アプリ開発環境)が無料になったおかげで最近個人でも3Dでアプリを作る人が増えてきました。
いままであまりいなかったので、ライバルが増えて嬉しいです、負けないようにこれからもがんばります!

 

アプリだから、個人だからできる、作り込んだ本気のバカゲー。
インド人も日本人も、この夏はバカになってみませんか!!

▲初公開! 証明写真風マッチョ

 

◆スゴすぎるPV

▲さらに個人開発ゲームを知りたい方はこちらへ▲

 

■あぷまがどっとねっと(あぷまが)
「すべてのアプリにチャンスを!」との思いから、藤田武男氏が個人開発者が開発したアプリを中心に紹介している情報サイト。ほかでは見つからない“お宝アプリ”が“あぷまが”なら見つかるかも!
ちなみに左のイラストは、あぷまがのマスコットキャラ、アイロニー。


※アクセスはこちらから

 

ビール瓶斬りアルティメイタム

メーカー
hamon
配信日
配信中
価格
無料
対応機種
iPhone、iPod touch、iPad、iOS 4.3 以降 Android 2.2 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧