1. サイトTOP>
  2. ネタアプリ『顔出しカメラ』で頭大(ずだい)編集者が遊んだら楽しかった件

ネタアプリ『顔出しカメラ』で頭大(ずだい)編集者が遊んだら楽しかった件

2013-06-19 16:09 投稿

●iPhoneで撮影した顔写真をキャラクター画像や雑誌表紙画像に簡単合成でハメ込める!

『ドラゴンリーグX』や『ドラゴンポーカー』など、骨太でユーザーから熱い支持を受けているゲームを輩出しているアソビズムが、カジュアルアプリブランド“POTDE(ポットデ)”の立ち上げを発表したのは、先日お伝えした通り。

[関連記事]
※『ドラリーX』『ドラポ』のアソビズムによる新ブランド“POTDE(ポットデ)”って?
その“POTDE(ポットデ)”の第1弾として、カメラアプリ『顔出しカメラ』が2013年6月19日より配信を開始した。

『顔出しカメラ』は、iPhoneで撮影した(または撮影してカメラロールに保存されている)自分や友だちの顔写真を、アプリ内に収録されている相撲力士や芸者、バニーガールなどのキャラクター画像にはめ込み、さらに芸能週刊誌やファッション誌などの雑誌表紙風画像を合成した画像を楽しむカメラアプリだ。合成編集した画像は、『顔出しカメラ』上から直接LINEやフェイスブック、Twitterでつながっている友だちに送ったり、SNSのアイコン画像として使うこともできるぞ。

【『顔出しカメラ』のポイント】

①キャラクター、表紙、背景画像の組み合わせは、全部で3375通り!

②画像は表紙なしで画像保存してLINEやフェイスブック、Twitterなどのアイコンとしても利用可能。

 

③顔写真を合成するだけじゃなく、モノクロやセピア、マンガ風のフィルタ加工もかけられる

●顔出しオッケーなファミ通App編集者が使ってみましたよ!
そんなわけで本日配信された『顔出しカメラ』を、「俺の写真はフリー素材!」と豪語するファミ通App編集部の“ミスター顔出し”こと、百人乗っても稲葉が使ってみました。

この手の画像合成アプリ、筆者は正直使ったことがなかったため、始めは画像を完成させるまでにいろいろ面倒臭い工程があるんだろうなと思っていた。しかし『顔出しカメラ』の使いかたは、下のようにじつにシンプル!

~『顔出しカメラ』の使い方~
①写真を撮影
②キャラクター画像と合成
③雑誌表紙風画像&背景画像で飾り付け
④LINE、Facebook、Twitterの友だちに画像をシェア

ね、とっても簡単、というか工程が思いのほか少ない! 観光地にあるパネルに顔を突っ込むノリで、自分の顔写真のサイズを拡大縮小して、顔を入れるスペースにハメ込むだけ。カジュアルアプリって謳っている以上はこうでなきゃね! 実際、筆者も自分の画像の中から、ベストスマイル(通称、ファミ通顔)の写真で合成画像を作ってみた。

▲iPhoneで撮影した写真の中から好きな画像を選択。

▲アプリ内のキャラクター画像から、好きなものを選んで自分の顔をはめ込む。

▲続いて雑誌表紙風画像を選択。。

▲はい完成! この画像をLINEやフェイスブックなどの友だちに送ることができるのだ。

筆者の顔のクオリティーの低さのせいで、わりと微妙な合成画像が完成したわけだが……(笑)。これをSNSのアイコンにしたり、友だちに画像として送ればいいのだけれど、この画像を送られて喜ぶ人間が果たしているのだろうか? いや、大の稲葉好きで知られるファミ通App編集長の中目黒目黒(自分のスカイプやLINEのアイコン、フェイスブックのカバー画像が、なぜかすべて稲葉の写真になっている)なら、きっとこの画像を送ったら喜んでくれるはずだ。というわけで、とっても簡単『顔出しカメラ』を、ぜひ読者の皆さんも使ってみてください。

※“POTDE(ポットデ)”特設ページはこちら

顔出しカメラ

メーカー
アソビズム
配信日
2013年6月19日
価格
無料
対応機種
iPhone4S 以降

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧