1. サイトTOP>
  2. 【注目アプリレビュー】シンプルすぎるレトロゲー『Slayin』がおもしろいらしい

【注目アプリレビュー】シンプルすぎるレトロゲー『Slayin』がおもしろいらしい

2013-04-19 15:02 投稿

●ドット絵の2D感がたまらない

iTunes App Storeでも多くのユーザーから高い評価を受けている、話題のiOS向けのアプリを紹介しよう。『Slayin』は、1980年代のアーケードゲームを思わせる、ホンワカしたドット絵のグラフィックと、カンタン操作で遊べるお手軽さが魅力のアクションゲーム。ひたすら敵を倒し、稼いだお金で装備を整えながら、また敵を倒していき、最終的に体力がなくなってゲームオーバーになるまでのスコアを競うのだ。

●終わりなき戦いにハマる!

パッと見は『魔○村』のような感じがするが、画面スクロールがなかったり、飛び道具がなかったりするなど、ゲームのルールはよりシンプル。キャラクターを選択してゲームを開始したら、画面下のボタンを使ってキャラクターを動かし、敵を倒していく。移動は左右への方向指示とジャンプの3種類。敵は基本的に正面から体当たりすれば倒せるようになっており、プレイヤーは敵の上下の動きや攻撃、出現タイミングなどに注意してジャンプを織り交ぜながら戦えばいい。

▲まずはキャラクター選択。最初はナイトしか選べないが、ゲームが進むとほかのキャラクターもポイントで購入できるようになる。
▲敵は地面の下からせり上がってきたり、上空から登場してくることもある。また、移動=攻撃なので、難しいことを考える必要がないのがうれしい。 

敵を倒すとコインが出現し、それを取るとスコアや手持ちのお金が増える。また同時に、画面左上のコンボメーターが溜まっていく。これがなくなる前につぎの敵を倒すことでコンボがつながり、さらにコンボ数が一定以上になると敵を倒したときに手に入るコインがどんどん高価なものになっていくのだ。お金は、ボス戦の後などに出現することがある、商人からさまざまな装備や回復アイテムを購入するのに使うことになる。手持ちのお金が多ければ多いほど、キャラクターのスピードが上がるなどのいい装備が買えるようになるので、できる限り意識してコンボをつなげていきたいところ。

▲ワラワラと湧いてくる敵に、片っ端から体当たりして倒していこう。厄介なのは、空から攻撃してくる敵。倒そうとしてジャンプすると、着地時に湧いて出てきた敵に当たってダメージを受けてしまうことも多く、それがまた腹が立つのだ。

一定数の敵を倒すと、ボス敵が出現する。思わず身構えてしまうのだが、ボス敵は攻撃パターンが決まっており、それさえ覚えてしまえばじつはザコ敵よりも戦いやすい。しかも、倒せば大量の報酬とショップが登場するので、プレイヤーにとってはある意味救いの神でさえあると言っていい。そして、救いがあるからこそまた終わりのない戦いにハマってしまうのだ。制作者による、何という巧妙な策略であろうか。

▲ボス敵はデカくて速いが、パターンさえ覚えてしまえばそれほど大したことはない。

倒しても倒しても湧いてくるザコ敵に、“解いても解いても湧いてくる宿題”、“片付けても片付けてもつぎつぎやってくる仕事”と、現実世界との思わぬ共通点を見出し、ときには心を折られそうになりながらも、戦い、戦い、また戦っていく。プレイヤーキャラクターは意外にタフだが、ショップでアーマーを補強したり体力を回復することで、さらに長く戦えるようになる。そして再び激闘は続いていく。

▲アーマーや肉(体力回復アイテム)を買うと残り体力が回復。ショップが出現したらいつでもを購入できるように、所持金はつねに一定量確保しておくといい。

しかし、それでもいつかは体力が尽きてしまい、そこでゲームは終了となる。同時に、それまでに稼いだスコアや、コンボの数などに応じて“FP”というポイントが手に入る。このFPを使うことで、新しいキャラクターや新モード、アバターなどを購入することができるのだ。

▲全部英語表記なので戸惑うが、お店にも、そこで売っているものにもアイコンが表示されているので、何となく理解できるはず。

キャラクターが変わると、操作性もガラッと変わる。たとえば、最初に購入することになるであろうウィザードは、ジャンプの代わりに自分のみを竜巻にして敵に攻撃したり、敵の攻撃を回避したりする。つまり、飛び道具を持った敵に対してとても有利なのだ。「こりゃあおもしれぇや!」と思って調子に乗ってプレイしていたのだが、ふと「なんじゃこりゃあ!?」という事態に。じつは、竜巻が出ている時間は短いので、逆に接近戦が圧倒的に不利であることが判明。そしてまた、ウィザードでの攻略法を求めて戦いが再スタートするのである。

▲攻防一体であるウィザードの竜巻。防御時の使い勝手がよく、奥深い技だが、いかんせん発動時間が短いのが難点。むやみに連発すると痛い目を見ることに。この画面撮影すらもひと苦労である。 

レトロゲームの名作同様、左右の手の親指以外、一切使うことのないシンプルさが魅力の本作だが、プレイヤーの腕次第でいつまででも遊ぶことができるため、中毒性は非常に高い。コストパフォーマンスの高さもなかなかなので、ぜひ一度試してみてほしい。

Slayin

メーカー
FDG Mobile Games GbR
配信日
配信中
価格
85円
対応機種
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 4.3 以降が必要。iPhone 5 用に最適化済み

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧