1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 個人開発ゲームを斬る>
  4. 【個人開発ゲームを斬る】『はんぷく!!』3D女子高生が校舎の屋上で反復横跳び

【個人開発ゲームを斬る】『はんぷく!!』3D女子高生が校舎の屋上で反復横跳び

2013-03-18 08:30 投稿

売り切れ御免!

今回も限定アイテム盛りだくさん!
『ファミ通App iPhone&Android NO.006』絶賛予約&販売中!
★Amazonでの購入はこちら!

 

●なつかしの反復横跳びがアプリになった!

最近、反復横跳びしてますか?
3本の線をまたいで、行ったり来たりするアレです。
今、女子高生の間で、反復横跳びがアツいらしいですよ。
もちろん、アプリの中のお話です。

▲2年D組横飛はんこチャン。▲3年D組横飛はんこチャン。

 

“私の名前は横飛はんこ!何よりも反復横跳びが大好き!”
“今日こそたどり着いてみせる!反復横跳びの向こう側へ”

かわいい顔して非常に残念な感じですが仕方ありません。
さっそくプレイ!

▲はん!▲ぷく!
▲よこ!▲とび!

 

画面下の3つのボタンを“中”→“右”→“中”→“左”→“中”……
という風に“反復横跳び”をしているかのように、タップを繰り返します。
タイムオーバーになるまで、ひたすら、ただひたすら繰り返します。
だって反復横跳びですから。

▲嵐を呼ぶ▲女子高生。

 

“いいちょうし!”
なんだか様子がおかしくなってきました…

▲器物▲損壊

 

“なに?このカンカク!?”
ますます様子がおかしくなってきました…

▲異次元の▲世界へ

 

“セカイが…かわる!?”
大変なことになってしまいました……

▲自主規制

 

“もう少しで、ナニカつかめそう…!!”
怖くなってきたので、ココでヤメました。
この後、さらに“はんぷく”し続けると、はんこチャンが夢にまで見た“反復横跳びの向こう側”が見られますので、興味ある方は、ぜひチャレンジしてみてください。
言い忘れましたがはんこちゃん、無駄に“フルボイス”なんで、遊ぶ時には周りに注意してくださいね!

おじさんは“反復横跳びの向こう側”より、“絶対領域の向こう側”の方が気になるので別方面でイロイロ頑張ってみました。

▲記事のための演出です。▲絶対にマネしないでください。

 

Androidならチャンスあるかと思いまして、Android端末を振ったり、逆さにしてみたり。
またカガミを使って“絶対領域の向こう側”を狙ってみたのですが、どうにもなりませんでした。

仕方が無いので、開発者であるhamonさんに直接聞いてみました。

 

▲横飛はんこファーストバージョン。

 

Q1.“絶対領域の向こう側”を見る事はできませんか?
A1.最初はスカートも物理演算で動いていてヒラヒラ揺れていたのですが、高速で動かすと完全にめくれ上がってしまったり、どうしてもバグで卑猥な感じになってしまうので止めました。

Q2.Androidだけでもダメですか?
A2.Androidだけ見えるっていうのも考えたのですが、家計の7割をiOSから得ているので、Androidだけを優遇することはできませんでした。

Q3.なるほど。では“絶対領域の向こう側”は作ってないのですか?
A3.“見えないから作らない”というのは“見えるかも”と思って遊んでくれているユーザーへの“裏切り行為”だと思いました。だからちゃんと作ってます。見えませんが。

Q4.ずばり“絶対領域の向こう側”はどんな景色ですか?
A4.ピンクと白のボーダーです。

Q5.ついでに何か言いたいことありますか?
A5.失敗した時のボイスを4種類用意しているので是非聞いてください。バージョンアップで着せ替えガチャを導入する予定です。次回作も変わったものを作っているので期待しててください!

Q6.開発パートナーの奥様からも一言お願いします。
A6.旦那様の愛が全投入されたゲームですので、想像以上に完成度が高くなりました(笑)とってもシンプルで楽しいゲームですので気軽にプレイしてみてください!

胸元のスカーフが物理演算で揺れるなど、3D歴10年の技が随所にちりばめられた、単なるネタゲーではなく、“匠のバカゲー”に仕上がっております。ただひたすら順番通りにボタンを叩くシンプルなゲーム性ながら、フルボイスや4段階の画面演出などで飽きさせない、そして先が見たくなる展開に、つい何度もリトライしてしまうこと間違い無しです。

『はんぷく!!』

ぜひ、遊んでみてください!

 

さらに個人開発ゲームを知りたい方はこちらへ▲

 

■あぷまがどっとねっと(あぷまが)
「すべてのアプリにチャンスを!」との思いから、藤田武男氏が個人開発者が開発したアプリを中心に紹介している情報サイト。ほかでは見つからない“お宝アプリ”が“あぷまが”なら見つかるかも!
ちなみに左のイラストは、あぷまがのマスコットキャラ、アイロニー。


※アクセスはこちらから

 

はんぷく!!

メーカー
hamon
配信日
配信中
価格
無料

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧