1. サイトTOP>
  2. 【注目アプリレビュー】『タップDASH!』は「これラス1ね」を10回以上くり返す中毒性

【注目アプリレビュー】『タップDASH!』は「これラス1ね」を10回以上くり返す中毒性

2013-03-07 11:00 投稿

●片手でできる往年の縦シューライクなゲーム性

 

AimingがiOS向けに2013年3月1日にリリースした、ダッシュアクションRPG『タップDASH!』がおもしろい。往年の縦シュー『ゼビウス』や『ツインビー』を彷彿とさせるゲーム性で、操作は端末を左右に傾けるだけのシンプルなもの。上手にプレイできれば5分、10分と続けられるのだろうけど、僕クラスの一般ピープルでは、おおよそ1プレイ1分~3分ほどでミス→納得できずにリトライをくり返すことになる。このお手軽さからくる中毒性の高さがヤバい。ハマり過ぎて仕事に支障をきたすレベルである。

 
▲移動は基本的に左右のみ。画面をタップしているあいだだけ、プレイヤーが前方に突進する。このダッシュの使いどころがなかなか難しく、不用意な飛び出しは事故のもとである。

 

▲操作方法はオプションでタップタイプに変更することも可能。ただし、このゲームの場合は、傾け操作のほうを断然オススメしたい。

 

●どんどん増える、強くなる

なぜそこまでリトライしてしまうのか? それは、本作のジャンル“シューティングRPG”にある“RPG”要素にも大きく起因する。いわゆるシューティングの機体と言い換えられるプレイヤーキャラが、本作には全部で10タイプある。しかし、最初から扱えるのはそのうちの3タイプだけで、残りはプレイ中に手に入るゴールドを貯めてアンロックしていく仕組み。さらに、それぞれのタイプは、これまたゴールドを使ってアップグレード(レベルアップ)することもできる。こうなると、ゴールド欲しさについつい何度もプレイしてしまう、という具合である。

▲アンロック済みのキャラは、助け出すと同行してくれるようになる。それぞれのキャラには1体ずつに当たり判定があり、ミスをしなければどんどん同行キャラが増加。『グラディウス』で言う“オプション”をイメージするとわかりやすいかも。

 

▲進めば進むほど敵の攻撃も激しくなる。ここで自キャラが1体になったときの絶望感といったら……。ただし、『グラディウス』で言う、“フルパワーアップ状態→からの無”ほどのものではない。

 

ということで、ここまでで少しでも気になったところがあれば、一度でいいからプレイしてみて! おそらく、「これラス1」とか言いつつ、何度もプレイすることになると思うけど。(担当・サネシゲ)

 

タップDASH!

メーカー
Aiming
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 4.3 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧