1. サイトTOP>
  2. 【人気アプリプレイ指南:後編】『ドラゴンリーグX』でリーグ戦を勝ち抜くためには!?

【人気アプリプレイ指南:後編】『ドラゴンリーグX』でリーグ戦を勝ち抜くためには!?

2012-11-30 13:00 投稿

好評発売中のファミ通App iPhone&Android NO.004で、限定アイテムをゲットしよう!
★Amazonでの購入はこちら!
★ebtenでの購入はこちら!

●バトルは仲間とのコミュニケーションがキモ!

ドラゴンリーグX』プレイ指南後編は、本作の醍醐味である“ドラゴンリーグ”のチーム戦のコツをレクチャー! しかし、ひと言でコツはと言えば「チームのメンバーと連携を取る」というのに尽きてしまう。そこで、具体的にどう連携を取ればいいのか? そこに焦点を絞り、そのポイントを掘り下げていくぞ。

ファミ通Appはアプリでみたほうがサクサク動きますよ
→iPhone版はこちら
→Android版はこちら

[関連記事]
※『ドラリー』のiPhone版『ドラゴンリーグX』が遂に配信開始 “X”は伊達じゃない!
※【独占情報】ついに『ドラリー』がiPhoneに! 『ドラゴンリーグX』が9月中旬に配信決定!

▲冒険でキャラクターを強くし、その成果を“ドラゴンリーグ”という戦場で発揮していく本作。チーム戦である“ドラゴンリーグ”は、とくに仲間どうしの連携が重要視される、既存のソーシャルゲーム以上に仲間との連携が求められるタイトルだ。

●“ドラゴンリーグ”で勝ち抜くための3つのポイント

プレイ指南をする前に“ドラゴンリーグ”の基礎情報を抑えておこう。先述した通り、“ドラゴンリーグ”はチーム戦となっている。しかし、基本的に戦場となるコロシアムに出場するのは、チーム代表選手(レギュラー)の5人だけ。レギュラーは、チーム内でもっとも強い5人が選出される。レギュラーの5人は、お互いに連絡を取りつつ連携攻撃を決め、相手を倒していくことになる。なお、レギュラーになれなかったほかのメンバーは、レギュラーを応援することで、レギュラーメンバーのステータスを強化したり、投石をしてレギュラーのサポートをすることになる。また、高いコストを使うことで、戦場に乱入することも可能だぞ。このように、チーム全員で力を合わせて敵チームを打倒する。それが“ドラゴンリーグ”だ! では、これら基本を抑えた上で、“ドラゴンリーグ”のコツを紹介していこう。

▲仲間と蜜に連携を取り合えば、ただの攻撃もググッと強力なものになっていくのだ。連携が超大事!!

■コツその1・レギュラーの残り“技P”を把握しよう!

“ドラゴンリーグ”では、攻撃や回復などの行動をするのに“技P”というポイントを消費する。そして、このポイントは時間経過や課金で回復できるようなものではない。8時間かけてダンジョン攻略をするか、フィールドに冒険に出て、運よくポイント回復を引き当てるしかないのだ。そのため、この“技P”のマネージメントは非常に重要! それも、自分個人だけでなくチームの代表、レギュラー全員の“技P”を把握しておくことが重要なのだ。では、なぜレギュラー全員の“技P”を把握する必要があるのか? それは、味方と連携し、連続して攻撃アクションを起こすことで発生する“コンボ”システムに起因する。攻撃力にボーナスが付加されるコンボは、チーム戦を勝ち抜く大事な要素なのだ。しかし、“コンボ”を発生させるには、当たり前だがひとりでは適わない。仲間が攻撃できる状態にないと、コンボは生まれないのだ。なので、自分がアクションを起こした後、仲間がそれに追随してくれるのか、それを把握するためにも、レギュラーの残り“技P”には注目しておく必要があるのだ。

▲“技P”はレベルや装備に関係なく、最大上限100。その限られた中から、“技P”を削って削って攻撃をしかけるのだ。迂闊には動けない。とくに“技P”の消費が激しい必殺技を使うタイミングは慎重にならざるを得ない。▲コンボがどんどん繋がっていくと、その分だけ与えられるダメージは増えていくぞ。仲間と連絡を取り合って、一斉に攻撃をしかけるタイミングを見計らうとGood!!

■コツその2・召喚嬢(獣)は出しっぱなしにするな!

“ドラゴンリーグ”のバトル中にチーム掲示板に「召喚!」と書き込みをすると、装備中の召喚嬢や召喚獣をバトルフィールドに召喚できる。しかし、召喚は1日に1回しかできないので、乱発はできない。また、追加効果を持った召喚は、制限時間以内であれば追加で能力を発動できるというシステムがある。これは、召喚嬢(獣)が召喚されたのち、同じくチーム掲示板に、その召喚嬢(獣)の名前を書き込むことで発動できる。この能力の追加発動をついつい忘れてしまったり、もしくは知らないままでいるとかなり損をしてしまうのだ。仲間が召喚をしたら、べストと思われるタイミングで能力を発動していくよう努めるといいぞ。ただ、その召喚嬢(獣)の能力がわからないと、追加効果を有効に運用できないので、追加効果がわからなければ、まずは召喚されている召喚嬢(獣)をタップして、その能力を確認しよう。

【召喚嬢(獣)と、それらが持つ能力の一例】

召喚嬢(獣)の名前能力能力の説明
ライラプロテクション守護魔法をかけ、仲間たちへの攻撃を1度だけ軽減する
ハルピュイアリベンジアタック仲間全員を狂気に取り巻き、確率で自動的に迎撃をするようになる
デーモンリバースカウンター仲間のうち誰かひとりの反応速度を上げ、1度だけ敵の攻撃をはね返す
スライムダイナミックフォール気まぐれに周囲の石を巨大化させ、“投石”のダメージを大きくする
▲「召喚!」の一言でフィールドに召喚嬢(獣)が出現! ひとり1日1回しか使えない大技だけに、ここぞというポイントを見つけて使っていきたい。▲この召喚獣のように、召喚者以外の人間が召喚獣の名前を書き込むことで超強力な効果を発動させる召喚嬢(獣)もたくさんいるぞ。使うタイミングをじっくりと見定めて、戦いを有利に進めよう。 

■コツその3・レギュラーを全力でサポートせよ!

最後のコツは、レギュラー以外のメンバーの行動について。レギュラーじゃなくても、することはあると先述してはいるが、具体的に何をすればいいのか? ここではそれを記していこう。まず、外野である非レギュラーメンバー(サブメンバー)ができることは、基本的に“投石”、“応援”、“乱入攻撃”となっている。“投石”は、外野から相手チームに攻撃を与える手段、“応援”は味方のステータスを上昇させる手段、“乱入攻撃”は、一時的に戦場へと移動し、レギュラーと同様の行動ができる手段となっている。これらでレギュラー陣をサポートしていくのが最大の仕事ではあるのだが、これ以外にもレギュラーをサポートする手段はある。それが“剣で語る”システムだ。“剣で語る”とは、味方に一言メッセージを送り、自分とその相手の“技P”を回復させるというもの。数少ない“技P”回復手段の内で、味方にも回復効果がある素晴らしいシステムなのだ。これを利用し、“技P”が減ってきてしまったレギュラーの“技P”を回復してあげると、非常に喜ばれる上、チームに最大貢献できるのだ! “剣で語る”は、1日10回限定、しかも同じ人に複数回できる行動ではないが、あるのとないのとでは雲泥の差になるので、“剣で語る”はレギュラーに対して積極的に行ってあげよう。コマンドだけがサポートではない。フィールドの外でもしっかりとレギュラーをサポートし、全員の力を合わせてチームを勝利へと導こう!

▲“乱入攻撃”にもコンボの判定はあるぞ。消費する“技P”は大きいが「ここだけは逃せない!」というタイミングでは絶大な効果を発揮するので、“技P”に余裕があったら、戦場へ飛び出してみてもいいだろう。▲一度戦場に飛び出すと、乱入者専用のスペース(フィールド左上、もしくは左下)に配置され、その後はレギュラーメンバーと同じ扱いになるぞ。 

ドラゴンリーグX

メーカー
アソビズム
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone4 以降(iPhone4S、5 推奨)

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧