1. サイトTOP>
  2. 【注目アプリレビュー】『Death Dome』ボスがでかすぎ! 敵が変すぎ! 世紀末すぎるアクション

【注目アプリレビュー】『Death Dome』ボスがでかすぎ! 敵が変すぎ! 世紀末すぎるアクション

2012-10-25 00:01 投稿

●敵の動きがヤバイ

『北○の拳』のような世紀末的な荒廃した世界を舞台に、女戦士が怪物と戦うアクションゲーム『Death Dome』。操作は『インフィニティ・ブレード』とほぼ同じ。ドッジ、ガード、パリィで敵の攻撃を退け、隙が生じたタイミングでひらすらフリック操作で斬り刻む。ただ、敵の動きがかなりトリッキー。とくに透明人間はヤバイ。ちなみに、iPhone 5対応済み。

※【遅くなってごめんなさい】ファミ通Appのアプリがやっとできました
iPhone版はこちら
Android版はこちら

▲コイツがその透明人間。エリア2のステージに出てくる。とにかく消えまくり、動きが読めない序盤の難敵。

ゲームは、複数のエリアに分かれていて、各エリアのステージにいる敵を倒すと、超巨大ボスが登場。主人公の女戦士が緑色の変な薬をゴクリと飲むと、体が大きくなるのかと思いきや、全身が緑に光るだけ。しかし、それで巨人みたいな敵に立ち向かえるなら問題ない! 見事デカブツを倒せば、つぎのエリアに進めるようになる。

▲ボスでか!

▲緑の薬をゴクリ。すると……。

▲体が緑色に! 

バトルでは、ドッジ、ガード、パリィで敵の攻撃をいなすと、徐々にフラックスゲージが溜まっていき、100%になると、敵の動きを止めて一方的に攻撃できるフラックスが発動する。本作は、ドッジ、ガード、パリィのタイミングを合わせるのがシビアな分、このフラックスを発動したときの開放感がバグツンに気持ちいいのだ。動きがトリッキーすぎて攻撃パターンが見極めにくい敵の場合は、反撃はせずひらすらドッジで回避してゲージを溜め、フラックスのみで倒すといった戦略も取れる。また、バトル前に表示される、「パリィを4回以上決めろ」、「完全なガードを決めろ」などの条件を達成すると、経験値にボーナスが加算されるので、積極的に狙っていこう。ちなみに、「完全な○○」は、タイミングが完全に一致したときのこと。

▲フラックス発動中。最後には、強烈な一撃を叩き込む。▲けっこうグロい敵も登場。コイツはダメージを与えるごとに、両手と首がぶっ飛ぶ。
装備は、鎧、武器、盾、チャームの4種類。最初のエリアは初期装備でも問題ないが、ふたつ目のエリアから敵が急激に硬くなるので、エリア1をくり返しプレイしてゲーム内通過のスカルを貯めて、武器の大金槌を必ず購入しておこう。それでは諸君らの健闘を祈る!

▲大金槌を装備することが、エリア2へ進むための最低条件。初期装備では、ミリ単位でしか敵にダメージが入らない。

Death Dome

メーカー
Griptonite Games Inc
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 4.3以降のiPhone、iPod touch、iPad、Android 2.1 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧