1. サイトTOP>
  2. iPhoneでも『ストIV』の熱い駆け引きを楽しめる!『ストリートファイターIV VOLT』

iPhoneでも『ストIV』の熱い駆け引きを楽しめる!『ストリートファイターIV VOLT』

2012-04-30 18:00 投稿

●配信⇒ダウンロード⇒7時間ぶっつづけプレイ

01
02

iPhoneアプリ『ストリートファイターIV VOLT -Battle Protocol-』が出ました! iPhone版『ストリートファイターIV』の後継作とも言えるタイトルです。まだ配信されたばかりなのにいきなりオススメアプリで紹介していますが、速攻でダウンロードして7時間ほどぶっつづけで対戦していたほど、ハマっているので大丈夫です! しかも、アーケードゲーム専門誌の月刊アルカディアで前作の『ストIV』アプリを攻略しまくっていた信頼と実績に溢れるこの僕が、楽しい遊び方をご提案させていただきますね。


[注目記事]
※【まとめ】iPhoneを買ったらまず入れておきたいツール 本当に入れておくべき4本+おすすめツール31本

03
▲操作は、画面の下に表示されるヴィジュアルパッドで行います。ボタンは、パンチ、キック、SPボタン、セービングボタン。

■シリーズの熟練者向け
表示されているレバーでコマンドを入力して、ボタンを押せばちゃんと必殺技が出ます。当たり前のように書いていますが、タッチパネルでこれができるのが 本作のすごいところなんですよ。このヴィジュアルパッド、前作でも素晴らしい操作性だったんですが、今回はよりパワーアップしていると聞いてます! 確かに、斜め方向のレスポンスがよくなったような気がします。ヴィジュアルパッドの位置は調整できるので、自分の手の大きさなどに合わせて配置しましょ う。

アーケード版『ストIV』みたく弱パンチ、中パンチ、強パンチという風に分かれているわけではなく、厳選された通常技がパンチ、キックボタンに振り分けられています。SPボタンは、EX必殺技を出すときに使います。ここでマニアックなことを言わせてもらうと、なんと、この『ストIV Volt』の通常技、見た目はアーケード版と同じなんですけど、性能まで同じってわけじゃありません。

04
▲本作のC.ヴァイパーの立ちパンチはアーケード版の立ち弱Pのモーションですが……。iPhone版ではガードさせるとこちら側が大幅に有利になるうえ、ヒットさせればそのままコンボにつなげられる高性能技に!

こういった調整は必殺技にも施されていて、リュウ・ケンの波動拳が空中での追撃可能技に設定されていたりします。このおかげで、昇龍拳→EXセービング→波動拳という変わったコンボも可能なのです。このような粋な調整の数々で、『ストIV』とはちょっと違った駆け引きが熱い本作ですが、ここまでマニアックにこだわらなくても楽しめるのが『ストIV VOLT』のいいところ。

まずはこれ

05

“かんたん必殺技”をONにすること。

これは、SPボタン(+スティック操作)ひとつで必殺技を出せるようにする機能なんですが、このモードを使った対戦は、本当におもしろい。操作に不慣れ な人でも、必殺技をバンバン繰り出せるし、上級者なら、いつもは反応できない技に昇龍拳やウルトラコンボをバシバシ決められるんです。でも「かんたん必殺 技をONにすると、タメ技がタメなしで出せたりするんじゃないですか?」そう思われる方もいるかもしれません。

しかし、心配は無用! タメ技の場合は、ちゃんと一定のタメを作ってからでないと必殺技は出ません。ソニックブームなら、←に一定時間方向キーを入れてSPボタンで出してくださ い。まあ、それでもガイルは十分強いですけどね(笑)このかんたん必殺技ルールは、あの、格闘ゲームの猛者たちが集う、アルカディア編集部でも大人気。僕 もかれこれ、このルールで前作を100時間近く対戦しております!

そして前作のキャラクターに加えて、本作では、バイソン、バルログ、コーディが追加。それぞれのキャラクターの、本作ならではの強みを挙げると、

06
07
08
▲バイソンは立ちP(アーケード版の遠距離立ち弱P)がブランカ等のしゃがみガードにヒットすること。▲バルログはしゃがみP×2~3(アーケード版のしゃがみ弱P)からローリングクリスタルフラッシュのコンボ。▲コーディはしゃがみ姿勢にもヒットするクラックキック。

アーケード版を遊んでいた人からすれば、え、マジで!? というレベルのアッパー調整ばかりですが、どのキャラクターも尖った要素があるので、熱い対戦で盛り上がれますよ!

09
10
▲ひとり用モードも充実していて、「チャレンジモード」ではオススメコンボを教えてくれます。▲他のプレイヤーと対戦している間に、アバターが仮想対戦をしてくれる“武者修行”などのお楽しみ要素も!

本作から実装された、ネットワーク対戦のおかげで、対戦相手にも困ることはありません! iPhoneでBP(バトルポイント)のやりとりをするとか、ヤバいですよ……これは! 凄い時代がやってきたものです。家やゲームセンターでは『スーパーストリートファイターIV アーケードエディション』、その他の場所では『ストリートファイターIV VOLT』。いつでもどこでも対戦できますぜ!僕もちょくちょく、オンライン上に現れると思うので、対戦するときはお手柔らかにお願いします。(浅葉たいが)

[注目記事]
※【まとめ】iPhoneを買ったらまず入れておきたいツール 本当に入れておくべき4本+おすすめツール31本

ストリートファイターIV VOLT

メーカー
カプコン
価格
800円[税込]
対応機種
iPhone/iPod touch、iPad互換 iOS 4.2以降が必要

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧