1. サイトTOP>
  2. 新シイ『塊魂』、ソノ名モ『塊魂モバイル2』デスヨ! サァ、コロガシチャッテ!

新シイ『塊魂』、ソノ名モ『塊魂モバイル2』デスヨ! サァ、コロガシチャッテ!

2012-03-13 13:07 投稿

●新ステージ! 新操作スタイル! ビューティフルナ画面! 偉大ナ王様!!

ナナーナナナナナーナーナー何とついに出た!! 待望の『塊魂モバイル』の最新作! 初登場のステージや、選べる3タイプの操作方法、さらにオマケのパックマンステージなどなど、『2』というタイトルにふさわしい進化っぷり。そのうえ画面もとってもキレイになりました。王様のお美しさも3割増しです。ここでは、『塊魂』LOVEなライター本間ウララが、追加ステージパックのご紹介とともに、見どころ、遊びどころをご紹介します。

 

●王様ノタメニ珍品ヲ巻キ込ムノデス

『塊魂』シリーズは、ちっちゃくてかわいい”王子”が主人公。王子を操作して、塊を転がし、モノをどんどん巻き込んでいきます。同シリーズといえば、ハチャメチャな王様に振り回される健気な王子、という構図がおなじみですが、今回も王様は傍若無人! 何でも、お部屋の片付けのときに出てきた本を読んで、地球の珍品が欲しくてたまらなくなったそうなんです。そこでいつも無理難題を押し付けられるのが、息子である王子。王子は文句ひとつも言わずに、またまた地球へと転がしに行くのでした。

▲王様のお部屋ってこんなふうになってたんですね。モノ多いなあ。

 

●3ツノ操作タイプガ、オ好ミデ選ベマス。スゴクナイ!?

『塊魂モバイル2』のステキポイントその1は、操作方法が選べること。加速度センサー、ツインバーチャルパッド、シングルバーチャルパッドの3タイプから選択できます。加速度センサーは、前作『塊魂モバイル』と同じでiPhone本体の傾きで転がす方法ですね。ツインバーチャルパッドは、左右のバーチャルパッドを操作する方法。これはコンシューマゲーム機の『塊魂』シリーズで鳴らした人にはうれしいですよね。シングルバーチャルパッドタイプは、左側にあるバーチャルパッドだけで塊をコントロールします。私は、ツインバーチャルパッドで嬉々としてプレイしていたんですけど、コンシューマゲーム機版のクセで、”王子ターン”をするときにパッドを同時押ししちゃうんです。『モバイル』では、王子ターンはアイコンをタップするって頭ではわかっているんですけど……。試しにシングルバーチャルパッドに変えてみたら、クセが暴発することなくプレイできました。皆さんもいろいろ試してベストな操作方法を見つけてみてね。加速度センサーでのプレイは、皆でワイワイ遊ぶときになんかに盛り上がりそうですね。

 

▲加速度センサーでプレイ時は、傾きを示すアイコンが表示されていますよ。

●Retinaディスプレイ対応ノ、ビューティホーナ画面

本作をプレイして、映像がコンシューマゲーム機版と遜色ないなあって何となく感じていたんです。そこで、前作と比較してみました。あらやだちょっと、ほんとにキレイ。文字もクッキリだし、モノのグラフィックのジャギジャギも滑らかになっていますよ! 王様も色鮮やかです。ぜひ、各ステージを時間無制限の”エターナルモード”で、じっくり眺めてみて。あ、そうそう、各ステージにはストーリーモードのほかにタイムアタックやエターナルモードがあります。同じステージでも、ちょっぴりモノの配置が違うみたいです。これは攻略のしがいがありますね。

 ■『塊魂モバイル』

■ 『塊魂モバイル2』▲ほーら、王様の電飾(?)もキラキラまばゆいでしょ?

 ■『塊魂モバイル』

■ 『塊魂モバイル2』
▲モノのエッジに注目。『2』の進化のほどがよくわかります。

●イロンナ世界デ転ガシテ

本作には3つの追加ステージパックが用意されています。それぞれコロガスセカイ、コロガスジダイ、コロガストカイという名のとおり、テーマが異なっており、各6ステージ+オマケのエクストラステージひとつで構成されています。コロガスセカイは、世界各地域をモチーフにしたステージ。コロガスジダイは、タイムトラベルをして地球のさまざまな時代で転がします。コロガストカイは……。最大の都会といえばニューヨーク……、ということなのか、アメリカで”アメリカン・ドリーム”を体感するというステージです。それぞれのステージで、ストーリーモードをクリアーすることでどんどん新しいステージがオープンしていきますよ。ここでは、各ステージの一部をちょっと見ていきましょう。

▲コロガスセカイ。”ジョンの部屋”から始まり、4千年の歴史薫る”東アジアの宮殿”、スフィンクスを巻き込みに行く”北アフリカの街”、果ては宇宙センターまで、舞台はバラエティーに富んでいます。


 

▲コロガスジダイ。タイムトラベルするための道具”タイムホッピング”を巻き込んだら、いろいろな時代へ出かけましょう。”ローマのコロシアム”、”ウエスタンタウン”、”大航海時代の港町”など、特色のあるステージが満載です。


▲コロガストカイ。アメリカン・ドリームを見てみたいという王様のために、アメリカのキッズが成功をつかむまでを密着(?)します。最初は”キッズルーム”、そして”ハイスクール”、”ショッピングモール”など、アメリカの現代風景がステージになっていますよ。

 ●『パックマン』ニ、『ギャラガ』、『鉄拳』!! オ楽シミイッパイノエクストラステージ

各セカイの特定のステージには、エクストラステージのカギとなるアイテムが隠されています。見事巻き込んだら、エクストラステージで遊べるようになります。どのエクストラステージも、『塊魂』ならではの味付けと遊びかたになっているのでとっても斬新! そのほかにも、各ステージには”アチーブメント”という特殊なアイテムが存在しますので、あちこちを巻き込んでみましょう。巻き込んだアイテムは、”素敵コレクション”で閲覧することができますよ。


▲パックマンステージでは、制限時間内にクッキーを全部食べる(巻き込む)ことがクリアー条件。王子ターンすると、ほらね、塊がちゃんとパックマンなんです。

▲ギャラガステージでは、塊は左右にのみ動きます。敵を巻き込んで、高得点を狙いましょう。飛んでくるラインを予測&記憶するのがコツ。


さて、ここでご紹介したのはほんの一部ですが、いかがでしたか? カタマリストならずとも、転がしたい、巻き込みたい衝動がこみ上げたのではないでしょうか。私はこれまで『塊魂』シリーズをいろいろとプレイしてきましたが、本作は思いのほか歯ごたえを感じました。ステージが意外と広いので、モノの配置の把握やルート取りがホントに重要だなあと。あ、それと当然ながら王子ダッシュも超必須テクですね。ちょっと難しいステージは、まずは大体の地理をつかむために、エターナルでうろついてみるというのもアリかと思います。目指せ! ハイスコア!!(本間ウララ)

塊魂モバイル2

メーカー
バンダイナムコゲームス
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone/iPod touch、iPad
備考
ステージパックは各600円[税込]
2012年3月12日現在は、配信記念としてステージパック各450円[税込]

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧