1. サイトTOP>
  2. 【iPhoneおすすめアプリ特別編】iPhone/iPadをコントローラーにして大画面TVでゲームを楽しんじゃおうの巻

【iPhoneおすすめアプリ特別編】iPhone/iPadをコントローラーにして大画面TVでゲームを楽しんじゃおうの巻

2011-12-07 18:50 投稿

●AppleTV+AirPlayで、iPhone/iPadのゲームを大画面で楽しんじゃおう!

皆さん、突然ですがAppleTVという商品をご存知でしょうか? その名のとおり、アップルから発売されているデバイスですが、放送局のテレビを受信できるというものではなく、iTunesに保存されているビデオコンテンツなどを、自宅のテレビで楽しめるようになるというもの。現在iTunesでは映画のレンタルも始まっているので、じつに多彩なコンテンツを再生できる優れもののガジェットなんですね、これ。

このAppleTV、iOS 5になってから“AirPlay”という機能が加わりました。この機能を使うと、AppleTVはパソコンのiTunesに登録されているコンテンツだけでなく、iPhoneやiPadに入っている画面をそのままテレビに映し出すことができちゃうのです。ということは、iPhone/iPadのゲームを大画面で楽しむこともできちゃうの!? と考えたアナタ、正解です。

 

AirPlay機能を使えばそのまま大画面TVでiPhone/iPadのゲームを遊べちゃいます! これで小さい画面で目を凝らして遊んでいたアナタも安心デス! でもねでもね、iPhone/iPad向けに3Dバリバリのゲームを数多くリリースしているゲームロフトさんの考えはちょっと違いました。どうせ、AirPlay時に手元のiPhone/iPadは操作に使うんだから、いっそのことこっちはコントローラー機能に画面を特化させてみようじゃないかと。え、意味がわからない? そんなあなたのため(自分のため)に、ゲームロフトさんの本社にオジャマしてAirPlayでのプレイを体験してきましたよ。

●『N.O.V.A. 2 – Near Orbit Vanguard Alliance』でAirPlayミラーリングプレイを体感!

まずはAppleTVの画面をTVに表示した上で、iPhone/iPad『N.O.V.A. 2 – Near Orbit Vanguard Alliance』(以下、『N.O.V.A. 2』)を起動したらホームボタンを2度押しして画面下部にマルチタスクバーを出しましょう。これを左端までフリックして切り替えると□に▲のマークが付いたAirPlay用のアイコンが出現するので、これをタップして画面の表示先をiPhoen/iPadからAppleTVに切り替えると……

おおお、画面に『N.O.V.A. 2』のゲーム画面がきっちり表示されます。じゃあ、手元のiPhone/iPadはどうなっているの? と目を落としてみると、こちらはコントローラー機能に特化した画面に切り替わっています。iPhone/iPadでプレイしている時に比べると、移動に使う左手親指の操作エリアが広くなり、右手親指の射撃ボタンや視線移動のための操作エリアが大きくなっており、その位置も自由に変更可能です。

通常、iPhone/iPadなどで『N.O.V.A. 2』のようなFPSゲームを遊ぶ際、あんまり操作エリアを大きく取ってしまうと操作する手に隠れて画面が見えにくくなってしまうという問題があったのですが、これなら画面全部をコントローラーとして使えるのでボタンの配置や操作エリアの狭さに困らなくても済むというわけです。


実際遊んでみた感覚ですが、違和感なく遊べます。筆者は元来FPSはコントローラーでやるのは間違っていると主張するのですが、それは画面中の狙いたいところに照準をピンポイントにスパーンと合わせられない為です。でも、iPhone/iPadなら話は別。タッチパネルならマウスと同じような感覚で遊ぶことができるので、弾が敵に当たること当たること。さらにAirPlayのお陰で画面が大きくなるので、遠距離で小さく見えている敵にもビシバシ当てられそうな勢いです。

注意したいのは、操作エリアが広くなるので少し操作感度を高めておくこと。最初遊んでいるといつもの感覚で遊んでいるのに、銃口が追いつかないということがありました。AirPlay前には操作感度の設定を見直しましょう。

また、ネットワーク面での注意も必要です。AirPlayでは無線LANでデータをやり取りしているのですが、画面解像度が720Pと高いこともあって、802.11b/gではデータ通信の帯域がギリギリになります。そのため、状況によっては画面がカクカクになってしまうのです。解決方法としては無線LANの通信方法を802.11nに切り替える(自宅の無線LANルーターの通信方式を802.11nに切り替えましょう)、もしくは通信範囲内にある無線LAN機器の電源を一旦落とすなどの方法が有効です。

加えてAppleTV側の制約のために720Pまでしか解像度が上がりません。次期AppleTVでは1080Pのデータも表示できるようになるとの事なので、これは次期AppleTVの登場を待ちましょう。

今回AirPlayミラーリング対応タイトルということで遊べたのは『N.O.V.A. 2 – Near Orbit Vanguard Alliance』と『モダンコンバット3:Fallen Nation』の2本でしたが、今後多くのタイトルがAirPlayミラーリングに対応していくことでしょう。いやー、時間や場所、環境を気にせずゲームし続けられるっていいことですねー。読者の皆様もAppleTVを買ってぜひAirPlayでのプレイにチャレンジしてみましょう!(超喰った。ナオタロー)

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧