1. サイトTOP>
  2. 【新作】誰でもプロ感覚を味わえる話題のモバイルFPSをやってみた 『ファイナルショット』

【新作】誰でもプロ感覚を味わえる話題のモバイルFPSをやってみた 『ファイナルショット』

2016-09-13 10:30 投稿

“世界一簡単”という謳い文句は本当か!?

多くのゲームプレイヤーに支持されているFPS。その一人称によるシューティングゲームをスマホで再現しようと、『レイヴン』や『セブンナイツ』で知られるネットマーブルが開発した最新作、それがリアルタイムバトルも可能な『ファイナルショット』だ。

final00

ゲームの特徴
●じっくり腕を磨けるシングルモード
●途中参加の可能なリアルタイム対戦モード
●銃の性能がモノを言う世界

じっくり腕を磨けるシングルモード

多様な武器と近接攻撃をワンタップで切り換え、コンシューマ機のコントローラに近い操作性をバーチャルパッドで再現を目指している本作。その基本となる視線、移動、射撃といったアクションを、プロローグに乗せて用途別にチュートリアルで解説してくれるので、世界背景と合わせてスムーズに学ぶことができる。

 final01書き込み
final02書き込み
▲チュートリアルは何度でもチャレンジ可能。必要のないものはチェックを外しておけばパスすることもできる。しかし、再度確認しようとすると操作不能になる(2016年9月12日現在)ので注意しよう。

まずはモード選択からシングルを選択、マルチプレイでも使用される4つのマップでくり返し遊んで、個々の戦略を練りながら立ち回りをマスターしていくといい。

final03書き込み
▲ゲームタイプは全部で5つあり、それぞれモードを選んで戦える。また、シングルも含めてフレンドを招待することも可能。気の合う者どうしで楽しむのもありだ。

肝心のFPS部分でとくに注目したいのがセミオートのロックオン機能と“リベンジ機能”。前者はその補正がかなり強く、敵のほうに向いてさえいればトリガーを引くだけでググッと照準が動き出すからビックリ。

 final04書き込み
 final05書き込み

また、リベンジ機能は背後から撃たれたときに発動。画面右に表示されるガイコツのアイコンをタップすると瞬時に振り向いて対象を捉えることができるのだ。

繊細な操作が難しいスマホ特有のジレンマを解消するひとつの試みとしては十分ありだけど、撃たれている最中だと衝撃が強いとでも言いたいのか、タップしても動作しないことが多々ある。これは頼り過ぎないほうがいいという印象を受けた。

 final06書き込み
▲つねに動き回る戦場では背後の判定が曖昧、すぐに消えてしまうことも多いので使いどころが難しい。

とはいえ、スマホでここまでのFPSが体験できるのは貴重。これまでFPSに手を出さなかった人も、試してみる価値はある!

途中参加の可能なリアルタイム対戦モード

シングル以外の4モードはいずれもオンラインを使ったバトルコンテンツ。リアルタイムでマッチングを行い、1対1の状態でも待機時間を終えれば対戦がスタート。対戦中のルームに誰もが参戦可能、最大各チーム5人で勝敗を競うことができる。両チームが倒した数を競うデスマッチ、対象の爆破を目指すミッションなどモードによっていくつかの遊びかたがあるけど、基本的には問答無用の撃ち合いがくり返される傾向にある。

 final07書き込み
▲少しでも撃たれまいとジャンプし続けるプレイヤーが多くみられるのもFPSならでは。射程外でもロックオン機能が反応しちゃうので、釣られて無闇に撃たないように。
 final08書き込み
▲復活(リスポーン)した直後は無敵状態だけどすぐに解除されるため、そこに張りこむ通称“リスポンキル”されることも覚悟しなければならない。

リアルタイムで途中参戦が可能なのは魅力的だけど、それと同じくらい発生するのが“負けそうなときの離脱”だ。所属するチームが不利だと感じたとき、バトルが終わる直前に退出するプレイヤーが多く、何度も後味の悪い経験をさせられた。

オンライン対戦ではよく聞く話だけど、そうしたゲームに慣れ親しんでいる著者からみても、その頻度は高すぎると感じたぞ。この点については、何らかの対策をとってもらいたい!

 final09書き込み
▲最大10人で始まったはずのバトルが途端に1対1に。こうなるともうお互いつらいのなんのってね。

銃の性能がモノを言う世界

多彩な武器を扱える本作だけど、その多くは課金制、しかも時間制限付きというものが多い。また、“無敵時間延長”、“HP増加”、“クリティカル増加”など、バトルを有利に運ぶ追加項目も課金もしくは、ゲーム内で稼いだコインで付与することができる。

 final10書き込み
 final11書き込み

とにかく課金さえすれば強い状態で戦えるので、初心者がFPSを楽しむための救済措置と考えれば、納得できなくもない。

ただFPSは、武器性能や追加効果がモノを言う世界。テクニックを磨き、それを競い合うことが本来の醍醐味だとすれば、そこを飛び越えての性能強化は果たして正解なのだろうか? きっとプレイヤーの中には、このシステムのせいで頑張る気力が削がれてしまう人もいるだろう。

確かに“世界一簡単”なのかも知れないけど、操作性を含めて荒削りな部分があり、まだまだ改善の余地がありそうだ。本作のベースにあるものは魅力的なので、今後のバージョンアップに期待したい!

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

動画でも新作紹介しています

気に入ったものがあったら更新
角満&中目黒のこれ、知ってる?


毎日更新午後3時
に更新中

編集長!これ、どうでしょう!?


YouTubeチャンネル登録して動画をいち早く見よう!

ファミ通AppのTwitterをフォロー

ファイナルショット

ジャンル
FPS
メーカー
Netmarble Games Corp.
配信日
配信中
価格
無料(ゲーム内課金あり)
対応機種
iOS/Android

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧