『ピクミン ブルーム』2021年のポスカ・オブ・ザ・イヤーを独自に開催してみた【プレイログ#57】

2021-12-29 21:14 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ピクミン ブルーム

みんなから届いたポスカを振り返ろう

全国のフレンドから届くポストカードは、自分の知らない地域の魅力を知ることができるとてもおもしろい存在だ。

美しいものから奇抜なものまでその内容はとても幅が広く、届くのが待ち遠しくなってしまう。

そこでプレイログ57回目の今回は、オレ的2021年度ポスカ・オブ・ザ・イヤーを開催。

フリーライター・深津庵のもとに届いたポストカードの中から、とくに印象的だったものを数点紹介する。

ぜひ、みんなも手元のポスカで今年1年の体験を振り返ってみよう。

pikublogposobu01

お手本のようなポスカ賞

那覇市から届いた“かりゆし”というこちらのポスカ。

本当にカードとして売り場にあっても違和感のないキレイな1枚だ。

そしてこのインパクト、受け取った瞬間笑ってしまった。

pikublogposobu002

キミが主役で賞

本作をプレイしていると多々発生するのが、かぶり気味に登場するピクミンたちの行動だ。

松山市から届いた“馬像(中央)”という名前のポスカなのに、中央にいるのがキミかい!! と思わず笑ってしまった1枚だ。

pikublogposobu003

結果が気になるで賞

品川区は大井競馬場から届いたこちらの1枚。

どういった経緯で訪れたのかは不明だが、場所から察するに勝負したのだろうと勝手に予想。

勝ったのか否か、すっごく気になるポスカだ。

pikublogposobu004

県庁立派すぎるで賞

松山市から届いた“愛媛県庁”というポスカ。

立派な建物とその前を走行する路面電車の組み合わせがとてもいい。

もともと県庁をとして建設されたものなのか、それとも歴史的価値のあるものが現在県庁として使われているのか、とても気になる存在だ。

pikublogposobu005

まとめ:ポストカードで旅をしよう

今回紹介したのはごく一部、自分で入手したものを含めて“ポストカード”という項目からすべてをたどることができる。

pikublogposobu06書き込みpikublogposobu07書き込み

どんな場所から送られてきたものなのか、地域名から実際の情報を検索。家にいながら少しだけ旅をしているような感覚を味わうこともできるはずだ。

ぜひ、この年末年始のあいた時間にでもポスカに触れ、今年1年を振り返ってみよう。

pikublogposobu08書き込み

⇒『ピクミン ブルーム』プレイ日記まとめ

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

ピクミン ブルーム

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルその他
メーカー任天堂/ナイアンティック
公式サイトhttps://pikminbloom.com/ja/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧