『シャドバ』新弾”Omen of Storms / 十禍闘争”の新カードを独占公開

2021-12-21 19:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

シャドウバース

“Omen of Storms / 十禍闘争”からウィッチとヴァンパイアのカードを紹介

『シャドウバース』の最新カードパックとなる”Omen of Storms / 十禍闘争”が2021年12月27日に実装される。

このカードパックは、“Ultimate Colosseum / アルティメットコロシアム”登場したクオンやギンセツなどが世界に災いと福音をもたらす“十禍絶傑”を倒し、パワーアップして再登場する。ファミ通Appではヴァンパイアクラスとウィッチクラスの新カードを先行公開。カード情報と考察をお届けする。

ウィッチクラス

叡智の神鳥

1233410200_叡智の神鳥(進化前)1233410201_叡智の神鳥(進化後)

レアリティ:レジェンド
カードの種類:フォロワー

進化前

【アクセラレート】1; 自分のリーダーを2回復。カードを1枚引く。
【ファンファーレ】ランダムな相手のフォロワー2体に2ダメージ。
【エンハンス】3; ランダムな自分の手札1枚を捨てる。

進化後

【進化時】自分の残りPPが1以上なら、自分のEPを1回復。

考察

1コストのアクセラレート時には、”知恵の光”にライフ回復のおまけがついた強力な能力となっている。

だが自身のコストが2コストなことや3コスト以降ではエンハンス能力が邪魔をしてしまうようになっていて、強すぎないバランスの取れたカードと言えるだろう。

アクセラレートでの使用は1ターン目か余ったPPで使える中盤、後半が主になるだろうがスペルブーストを軸としたデッキであれば十分扱いやすい。自身のファンファーレ能力もこれまた強力。後攻時に序盤の盤面を押されることが多いウィッチにはありがたい低コストでの複数除去カードとして重宝できる。

進化時の能力もありがたいもので、進化を軸としている構成であれば回数を稼げる点にも注目していきたいところ。エンハンスの効果は現状デメリットのみだが、豊富な手札を活かして戦うウィッチにはそこまで気にならない可能性もある。

ヴァンパイアクラス

カーリー

1236310100_カーリー(進化前)1236310101_カーリー(進化後)

レアリティ:ゴールドレア
カードの種類:フォロワー

進化前

【ファンファーレ】【渇望】状態なら、進化する。

進化後

考察

進化ヴァンパイアのキーカードになるのはこのカード。効果は単純明快で渇望状態であれば2コスト3/2の進化フォロワーとして運用できる。

コストが軽いことから扱いやすさにも想像がつきやすく、後述する”ブラッドロード・ユヅキ”との相性も良い上、ヴァンパイアには進化を軸としたカードも多いので新しく進化ヴァンパイアといったデッキを組むこともできるだろう。

ブラッドロード・ユヅキ

1236410100_ブラッドロード・ユヅキ(進化前)1236410101_ブラッドロード・ユヅキ(進化後)

レアリティ:レジェンド
カードの種類:フォロワー

進化前

【ファンファーレ】「このバトル中、自分のフォロワーが進化した回数」が3回以上なら、相手のフォロワー1体を破壊する。カードを1枚引く。5回以上なら、1体ではなく2体。1枚ではなく2枚。

進化後

【進化時】『ブラッドロード・ユヅキ』1体を出す。それは「自分のターン終了時、消滅する」を持ち、進化する。

考察

進化時の効果を参照するため新カード”カーリー”をはじめ”衝動の人狼・リベルテ””永劫の吸血鬼・アルザード”といった低コストで進化回数を稼ぐカードとの相性が非常に良く、条件の達成さえできれば3コストとしては非常に強力な除去&ドローをすることができる。

自身の進化時能力によって、進化回数を稼ぐ役割や盤面処理にも扱いやすく、デッキを支えるには充分すぎる性能がある。

あとは他のカードとの組み合わせにもよるが、進化を軸にしたヴァンパイアの活躍に期待したい。

シャドウバース

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルカードゲーム
メーカーサイゲームス
公式サイトhttps://shadowverse.jp/
配信日配信中
コピーライト

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧