『ピクミン ブルーム』ライフログで“おつかい”が増える!! 思い出を作ってチャンスをつかんでみよう【プレイログ#08】

2021-11-09 21:16 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ピクミン ブルーム

いつか見返してみたくなるその日のために

Nianticと任天堂が共同開発をした位置情報ゲーム『ピクミン ブルーム』ですが、みなさんなんて呼んでいますか?

界隈からは“ピクミンGO”や“ピク民”といった声が多く聞こえてきますが、個人的には“ピク部”がいいなと思っているフリーライターの深津庵です。

さて、プレイログ8回目の今回は、呼びかたが人それぞれあるように書くメッセージも個々に違っておもしろい“ライフログ”の話題。

“おつかい”のチャンスにもつながる思い出作りをしてみよう。

pikublogggggggg01

ピクミンと歩いた思い出を残そう

毎日歩いた歩数と道のりが自動的に記録されるライフログ

そこにコメントを書かずとも、画像を登録せずともゲームに支障はないし何も困ることもない。

日記のようなものなのできっと三日坊主で終わっているプレイヤーも多いのではないだろうか。

じつはこのライフログ、登録した画像の位置情報を参考に“おつかい”の対象物をピックアップしてくれることがあるのだ。

pikublogggggggg02書き込みpikublogggggggg03書き込み

歩いているとき目に止まったものを何でもいいから撮影

たとえば、ウォーキングコースで1枚撮影。それをライフログに追加してみると……。

pikublogggggggg04書き込み

AR機能を使えばピクミンを交えた1枚を撮影できるし、そんな余裕がないときは休憩の合間にスナップショットを撮るだけでもいい。

その日、どんなものを見たのか。

いつか見返したとき当時を思い出すきっかけを残してみよう。

pikublogggggggg06書き込みpikublogggggggg07書き込み

運動量を意識する小さなきっかけ

筆者は仕事柄、1日中家にいることも多く、雨でも降った日には1歩も動きたくない。

そんな出不精な生き様が明確に記録されるのもライフログだ。

pikublogggggggg08書き込みpikublogggggggg09書き込み

毎日、会社や学校に行っているフレンドには当然どんどんレベルが離されていく。

しかし、それも歩くことをテーマにした本作の醍醐味だ。

“おれ、今日も歩いたよ”

そんな生存確認をし合うのにも役立っているからおもしろい。

pikublogggggggg10書き込みpikublogggggggg11書き込み

なお、ポストカードには入手した場所がおおまかだが記録されている。

気の知れたフレンドはともかく、コードを交換しただけの赤の他人に送るときは、その点を十分理解して送るカードを選んだほうがいいかも知れない。

いずれ実装されるライフログの共有に機能に関しては、“位置情報を削除”という項目があるので安心だ。

どんなコメントと画像を残すかはプレイヤー次第。

まずは1日1枚、“おみやげが増えるかな”と、そんなよこしまな気持ちでもいい。

コメントと写真を添えて、歩いた奇跡を未来の自分に残していこう!!

pikublogggggggg12書き込み

⇒『ピクミン ブルーム』プレイ日記まとめ

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

ピクミン ブルーム

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルその他
メーカー任天堂/ナイアンティック
公式サイトhttps://pikminbloom.com/ja/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧