複数のステージで企画が進行する『アイドルマスター シャイニーカラーズ』のフェスイベント『THE IDOLM@STER SHINY COLORS 283フェス 2021 Happy Buffet!』1日目の模様をレポート

2021-10-24 00:14 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

アイドルマスター シャイニーカラーズ

2021年10月23~24日の2日間にかけて、『アイドルマスター シャイニーカラーズ』(以下、『シャニマス』)のオンライン配信イベント、『THE IDOLM@STER SHINY COLORS 283フェス 2021 Happy Buffet!』が開催。

本イベントは、バンダイナムコエンターテインメントが運営するオンラインステージ“アソビステージ”で開催され、ライブだけではなくバラエティコーナーやトークなど、さまざまな企画を複数のステージに分かれて行うフェス形式となっている。

【出演者】
イルミネーションスターズ:関根瞳(櫻木真乃役)/峯田茉優(八宮めぐる役)
アンティーカ:菅沼千紗(田中摩美々役)/八巻アンナ(白瀬咲耶役)/結名美月(幽谷霧子役)
アルストロメリア:黒木ほの香(大崎甘奈役)/前川涼子(大崎甜花役)/芝崎典子(桑山千雪役)
シーズ:紫月杏朱彩(七草にちか役)/山根綺(緋田美琴役)

『アイドルマスター』史上でも珍しいフェスイベントの1日目の模様をレポートする。

どのステージも見逃せない!ライブやトーク、企画とボリューム満点のイベント

イベントは、関根さん、峯田さん、菅沼さん、八巻さん、結名さんの4人の“Color Days”からスタート。“イルミネーションスターズ”と“アンティーカ”のメンバーの混合歌唱は、可愛らしさとカッコよさが混ざった独特のハーモニーを奏でる。続く、黒木さん、前川さん、芝崎さん、紫月さん、山根さんの“SWEET♡STEP”では、“アルストロメリア”の声にはぴったりの可愛らしい楽曲に、“シーズ”のふたりは初のコラボ歌唱ということで初々しさも感じられる。

1
 
2

▲Color Days

 
3
 
4

▲SWEET♡STEP

 
5

メンバーによる今回のイベントの説明や、それぞれが楽しみにしていること、初の試みとなる企画への期待感などを語ったところで、いよいよイベント開始。

ミュージックステージでは、低音ボイスが魅力的な八巻さんの“千夜アリア”と、菅沼さんの“誰ソ彼アイデンティティー”ではセクシーな歌声で視聴者を魅了。峯田さんは、跳ねるような元気なダンスと明るい歌声の“HAREBARE!!”で最初のパートを盛り上げた。

6

▲千夜アリア

 
7

▲誰ソ彼アイデンティティー

 
8

▲HAREBARE!!

バラエティステージでは、“アルストロメリア”の3人が出演し、作中に登場するマスコットキャラクター“デビ太郎”の即興絵描き歌を行う企画が進行中。くじで引いたお題の曲調に合わせて1人が即興で絵描き歌を歌いながら、1人が絵を描いていくというルールだ。曲調に合わせながら、“デビ太郎”の絵に導く歌を即興で作るというのはなかなかハードルが高かったようだが、黒木さんのオペラ調の歌に合わせて描いた芝崎さんの絵はなかなかの完成度だった。

トークステージでは、結名さん、黒木さん、山根さんの3人でトークが行われ、まずは初対面の印象について語られる。互いをリスペクトしていたり、お互いをよく観察して褒め合っている様子が微笑ましい。“シャニマスでの思い出”については、結名さん、黒木さんはライブに関する思い出を中心に語り、山根さんはまだ『シャニマス』としてデビューしてから日は浅いが、皆の優しさで充実した日々を送っていることが語られる。

バラエティステージでは、関根さん、前川さん、紫月さんの3人が、箱の中に手を入れて何が入っているかを当てるバラエティ企画定番のコーナーを進行中。恐る恐る手を入れて悲鳴を上げている様子を、ほかのふたりが大喜びしながら盛り上がる様子には、こちらも思わずニヤけてしまう。

 
hakononakami1

トークステージでは、最初のミュージックステージでライブを行った八巻さん、峯田さん、菅沼さんの3人が順番にライブを終えての感想や、思い入れのある歌詞やソロとユニットの違い、視聴者からの質問にも回答。2回目となるソロ曲披露への取り組みや、初のフェスというイベントへの期待などを語っていた。
続いて関根さんと紫月さんのふたりが登場し、意外な場所での初対面の様子や、互いのユニットの印象についてなどのテーマトークを行いつつ、視聴者からの質問にも答えるなどして盛り上がった。

バラエティステージでは、曲のアウトロを聞いて曲名を当てるクイズコーナーが行われた。関根さんの鼻歌で出題される問題もあり、可愛らしい鼻歌に「かわいい!」と叫びつつニヤニヤしていたり、アウトロといいながらサビの鼻歌が流れて戸惑うキャスト陣の様子が楽しめた。

ミュージックステージでは、芝崎さんの“Darling you!”、前川さんの“また明日”、結名さんの“雪・月・風・花”と、ポップからバラードやシンフォニックな楽曲など、カラーの違う可愛らしい3曲で楽しませてくれた。

 
9

▲Darling you!

 
10

▲また明日

 
11

▲雪・月・風・花

バラエティステージでは、『シャニマス』の公式ラジオ番組、『はばたきラジオステーション』の出張版がスタート。いつもはユニット単位で配信しているラジオを、特別版としてユニット混合でお届け。各ユニットの独自のコーナーをミックスした企画で、メンバー1人のお悩みをほかの3人で解決する『あるある!電話相談室』が行われる。それぞれが考えた実用的な解決方法も提案されて盛り上がった。

ミュージックステージに戻ると、“シーズ”のふたりが登場し“OH MY GOD”を披露。そのまま、“シーズ”のふたりによる朗読劇も行われ、“七草にちか”の小さいころのちょっとした苦い思い出に、シュールな雰囲気も感じられる“緋田美琴”とのやりとりなど、短い中にも緩急の激しいストーリーが展開。さらにもうひとつのユニット曲“Fly and Fly”も披露され、セクシーで力強いライブが行われた。

 
12
 
13

▲OH MY GOD

 
14
 
15
 
16

▲Fly and Fly

バラエティステージでは、“アンティーカ”の3人が『アンティーカで奇跡を起こせ!』と題して、さまざまなお題に合わせて3人が回答して、同じ内容になるように合わせていくコーナーが行われる。ポーズをとったり、文字で回答をしたり、じゃんけんの手を合わせたり、リコーダーでドレミファソラシドを失敗せずに3人連続で行うというチャレンジや、トランプを選んで数字を合わせるなどのお題にチャレンジするも、一度しか回答が合わないという残念な結果に。

ミュージックステージでは、“アルストロメリア”の3人による“Love Addiction”が披露されていた。さらに、“シーズ”と同様に朗読劇も行われ、歌詞のイメージを理解するために、メンバー同士で愛の告白をしてみるという内容にコメント欄も大盛り上がりだ。そして、朗読劇の内容に繋がる可愛らしいラブソング“パステルカラー パスカラカラー”で、イベントの前半を締めくくる。

後半戦はフリーステージも開演しさらに盛り上がる

後半戦はバラエティステージからスタート。“イルミネーションスターズ”のふたりが登場し、『イルミネーションスターズのプレゼンバトル』を開催。出されたお題に対して20秒ずつ交互にプレゼンを行い、視聴者アンケートでどちらがうまくプレゼンできたかという内容だ。お互いのことをプレゼンするというお題では、褒めあい合戦になって互いに照れながらも「ありがとう!」と言い合う姿に癒される。

 
17
 
18

▲Love Addiction

 
19
 
20
 
21

▲パステルカラー パスカラカラー

一方、トークステージは菅沼さん、前川さん、山根さんのテーマトークが行われていた。初対面の印象を語り合い、とくに『シャニマス』では新人の山根さんとのトークが中心となった。視聴者からの質問も多く取り上げられ、3人で歌いたい曲や、互いのいいところ、3人で旅行に行くなら~といった内容で盛り上がる。そのほかにも、互いにひとつお願いしたいこと、好きなパフォーマンス、ライブ前のユニットごとの決まり事など様々な話題が上がっていた。

 
talk3

後半のミュージックステージのソロ曲パートでスタート。黒木さんのバラード曲“Sweet Memories”と、関根さんの“ありったけの輝きで”の明るく可愛らしい歌声を披露。曲調や歌の雰囲気も違うが、優しさと暖かさを感じるステージで視聴者を癒してくれた。

 
22

▲Sweet Memories

 
23

▲ありったけの輝きで

バラエティステージでは峯田さん、菅沼さん、八巻さん、結名さん、芝崎さんの5人が登場。『シャニマスイメージ調査』と題して、さまざまなお題に対してイメージされるキャストの名前を挙げていく企画が行われる。最後に出された“ハロウィンが似合いそうなのは?”というお題については、満場一致で菅沼さんの名前が上がり、演じている“田中摩美々”ともイメージがあってピッタリということで、大いに盛り上がった。

トークステージでは、関根さんがライブを終えての感想や好きな歌詞を語り、視聴者からの質問にも答えていた。話している姿も常に笑顔で、演じているアイドルと同じフワッとした印象だが、質問にはしっかりとハキハキ回答しており、ブランドのセンターとしての貫禄が出てきたと感じた。
続けて、峯田さんと結名さんによるフリートークが行われ、初対面の印象については互いに同じ事務所の先輩後輩ということで、『シャニマス』テープオーディションの録音のときから繋がりがあり、同じステージに立っていることに改めて感動している様子を見せる。

トーク中だったが、タイムスケジュールでシークレットとなっていたミュージックステージに移動。全身紫でフードに角がついた“デビ太郎”のルームウェアを着た前川さんによる“デビ太郎のうた”が披露され、可愛らしいダンスと歌声に癒された。

24
25

▲デビ太郎のうた

再びトークステージに戻ると視聴者からの質問コーナーになっており、「2人でやってみたいこと」という質問に対しては、キャスト本人よりも“八宮めぐる”、“幽谷霧子”のふたりという組み合わせでやりたいことでも盛り上がっていた。

バラエティステージでは、“シーズ”のふたりが登場し『私のことわかるよね?クイズ』ということで、互いのプロフィールや最近の趣味など、さまざまな質問を出してどこまで知っているかクイズを出し合う。『シャニマス』でも唯一のデュオユニットということで、非常に仲が良く互いの絆を確かめ合っていた。

shis_1

トークステージでは、ソロ曲を披露した黒木さんがステージを終えての感想を語り、初回の披露では曲に感情移入しすぎてしまったことに言及。今回は、気持ちを込めつつも、しっかりパフォーマンスを行うことを意識しており、満足のいくパフォーマンスができたと語った。

バラエティステージでは、結名さん、芝崎さん、紫月さんの3人が登場し、前半戦と同じく『はばたきラジオステーション』の出張版がスタート。ここでは“アンティーカ”と“シーズ”のコーナーを合わせた『日本全国スパンコール・シャンデリア』が行われた。全国の都道府県の中から選ばれた場所のマル秘情報が挙げられ、それを元にキャッチコピーを考えるという内容だ。今回選ばれた青森県は公衆浴場の数が全国1位だったり、国内で唯一のフォアグラ生産県であること。また、埼玉県は快晴の日の日数が全国1位だったり、アイスクリームの生産量が1位だったりと、ふつうにマメ知識としても気になる内容だった。

企画の途中だったが、前川さんと八巻さんが語り合うトークステージに移動。互いの印象についてはしっかりしているようで意外と抜けているところもあるという共通の見解を持っていて、プライベートでも遊んでいたりと、違うユニットだが非常に仲がいい様子が見られる。視聴者からの質問で、互いの曲の好きなところについては、前川さんが“千夜アリア”を絶賛すると、八巻さんは前川さんの曲を聴くとリラックスできると癒し効果について語っていた。

ミュージックステージでは“イルミネーションスターズ”のふたりによる“PRISISM”を披露された後、関根さんが“櫻木真乃”、峯田さんが“八宮めぐる”としてステージに立っているという設定の朗読劇が行われる。“風野灯織”からのメッセージが流れたり、10年後の“イルミネーションスターズ”というテーマで、ふたりのアイドルが話し合うというストーリーだ。ずっと一緒にいたいと、互いの気持ちを確認しあう内容から、3人の結束力が表現される楽曲“トライアングル”に繋がるという展開に胸が熱くなる。

26

▲PRISISM

 
27
 
28

▲トライアングル

バラエティステージでは、“アルストロメリア”と“シーズ”の5人が登場。5人のうちひとりだけ違うキーワードが配られており、トークをしながら多数派と少数派を探り合う“ワードウルフ”が行われた。1問目、2問目ともに山根さんが少数派で、多数派のキーワードも見抜くという勝負強さを発揮して、視聴者を驚かせた。

ミュージックステージでは、“アンティーカ”の3人が登場して“abyss of conflict”を披露。朗読劇も行われ、“アンティーカ”が出演した歌番組を通話しながら実況しているというストーリーが展開。仕事前の“三峰結華”からのメッセージが届いたり、“月岡恋鐘”の声も流れるといった演出が行われる。さらに、昨年開催されたオンライン配信ライブ以来の“バベルシティ・グレイス”が披露され、ラスサビの「アンティーカ!」のフレーズでコメント欄も埋め尽くされた。

 
29

▲abyss of conflict

 
30
 
31

▲バベルシティ・グレイス

エンディング前には『シャニマス』に関する告知が行われた。内容については、以下の記事にまとめてあるので参照していただきたい。


エンディングでは全員がステージに集合し、最後を飾るにふさわしい未来への希望が詰まったバラード曲“FUTURITY SMILE”を披露。そして、関根さんによる恒例の挨拶「アイマスですよ、アイマス!」が行われイベントは終了した。

32

▲FUTURITY SMILE

6時間半近くの長丁場のイベントだったが、4つのステージを必死に追っているうちにあっという間にイベントが終了。フェスという新たな試みだったが、とくに大きなトラブルもなく、イベントを楽しむことができた。明日行われるステージでは、今日よりも人数が多く賑やかなイベントになりそうなので、こちらも期待大である。また、時間の都合で観れていないステージもあるため、アーカイブが開始されたら改めてチェックしておきたい。

今回のイベントについては、2021年11月1日12時までチケットが販売されており、10月25日18時~11月1日23時59分までアーカイブ視聴が可能。また、フリーステージについてはYouTubeの『アイドルマスターチャンネル』にてアーカイブ配信されているので、こちらもぜひチェックしていただきたい。

 
cafe1

▲フリーステージでコーナーを担当していた『シャニマス』制作の高山祐介プロデューサー。

チケット情報はこちら
『アイドルマスターチャンネル』はこちら

【セットリスト】
01.Color Days:シャイニ―カラーズ
02.SWEET♡STEP:シャイニ―カラーズ
03.千夜アリア:白瀬咲耶(CV.八巻アンナ)
04.誰ソ彼アイデンティティー:田中摩美々(CV.菅沼千紗)
05.HAREBARE!!:八宮めぐる(CV.峯田茉優)
06.Darling you!:桑山千雪(CV.芝崎典子)
07.また明日:大崎甜花(CV.前川涼子)
08.雪・月・風・花:幽谷霧子(CV.結名美月)
09.OH MY GOD:シーズ(紫月杏朱彩、山根綺)
10.Fly and Fly:シーズ(紫月杏朱彩、山根綺)
11.Love Addiction:アルストロメリア(黒木ほの香、前川涼子、芝崎典子)
12.パステルカラー パスカラカラー:アルストロメリア(黒木ほの香、前川涼子、芝崎典子)
13.Sweet Memories:大崎甘奈(CV.黒木ほの香)
14.ありったけの輝きで:櫻木真乃(CV.関根瞳)
15.デビ太郎のうた:大崎甜花(CV.前川涼子)
16.PRISISM:イルミネーションスターズ(関根瞳、峯田茉優)
17.トライアングル:イルミネーションスターズ(関根瞳、峯田茉優)
18.abyss of conflict:アンティ―カ(菅沼千紗、八巻アンナ、結名美月)
19.バベルシティ・グレイス:アンティ―カ(菅沼千紗、八巻アンナ、結名美月)
20.FUTURITY SMILE:シャイニ―カラーズ

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

アイドルマスター シャイニーカラーズ

対応機種iOS/Android/ブラウザ
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーバンダイナムコエンターテインメント
公式サイトhttps://idolmaster-shinycolors.bxd.co.jp/
配信日配信中
コピーライト

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧