未解決事件の真相を求め放棄された故郷で怪現象と戦う謎解きホラー『Westwood Shadows:Prologue』【Steamハック:第21回】

2021-10-07 14:45 投稿

家族を奪った隠蔽されし森の中へ

2度と取り戻すことのできない大きな喪失。

ピーター・ベネットという名の警官は故郷に戻り、いまだ解決していない事件の調査を再開する。

そこで彼は想像を絶する過酷な現実と、目を疑う奇妙な事態に巻き込まれていく。

Steamハック:第21回目の今回紹介する『Westwood Shadows:Prologue』は、民家に仕掛けられた多彩な装置を解読しながら未解決事件の真相に迫る謎解きゲームだ。

westwoodshadowsp01

ゲームの見どころ
●過去と向き合い現実を知る謎解き要素
●掴みはOK!! 謎が謎を呼ぶプロローグ

過去と向き合い現実を知る謎解き要素

入り口には収入者を拒むような大きなバリケード。大きな屋敷の数部屋からは灯りが見えるが人気はない。

異様な空気に包まれた通報のあった現場に入ったピーターは“誰かいませんか”と呼びかける。

家主はどこにいってしまったのか。

懐中電灯の灯りを頼りに薄暗い屋内でヒントを集めて謎を解く体験は、いつ何が襲ってくるのかわからない恐怖心をいっきに高める抜群ロケーションだ。

westwoodshadowsp02書き込み
westwoodshadowsp03書き込み

施錠された扉や壊れた時計、台座だけ残されたギャラリーなど、狭い行動範囲にいくつもの謎解き要素が点在。

どこから進めていこうか悩んでしまうけど用途は明確なのでストレスもなくスムーズに楽しめた。

westwoodshadowsp04書き込み
westwoodshadowsp05書き込み

ローカライズされていない本作だが序盤は直感的なものが多く快適。一方、中盤からは新聞やメモに書かれている内容から分析が必要になってくる。

英語が不得手な人は最後の謎解きが難所になるだろう。

終盤、特に重要なのはロッカーとベッド下に隠された計3枚のメモだ。

屋敷の地下に広がる奇妙な施設は何を意味しているのか。

謎を解けば解くほど深みにハマっていく不思議な力を持ったタイトルだったぞ。

westwoodshadowsp06書き込み
westwoodshadowsp07書き込み

掴みはOK!! 謎が謎を呼ぶプロローグ

本作を最後までプレイしたくなった大きなポイントは、主人公の妻子が不慮の事故で亡くなったことを報じる新聞や精神病院に関する資料など、偶然訪れたはずの屋敷にしては接点を示すものが多いこと。

屋敷のある“ウエストウッド”という土地自体に根付くいわくと彼の過去を暴きたくなったからだ。

westwoodshadowsp08書き込み
westwoodshadowsp09書き込み

目に見えるカタチで彼に迫る“恐怖”は現実か幻か。

すべては来年初頭にリリース予定の製品版までおあずけ。

音や映像で無理やり怖がらせるのではなく、ストーリー性もほしい!!っというユーザーはぜひ、無料のプロローグをプレイしてもらいたい。

現在と過去、記憶の断片から物語を紐解いていく。

そんな体験ができそうな期待の新作だったぞ!!

westwoodshadowsp10書き込み
westwoodshadowsp11書き込み

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧