1. サイトTOP>
  2. 【インディーズゲーム特集 Vol.3】イベント出展予定だったタイトルをまとめて紹介&開発者ショートインタビュー

【インディーズゲーム特集 Vol.3】イベント出展予定だったタイトルをまとめて紹介&開発者ショートインタビュー

2020-05-31 15:00 投稿

個性光るタイトル勢揃い!

昨今の情勢に起因して、Bit SummitやGooglePlay  Indie Game Festivalなど、さまざまなインディーゲームイベントが中止、延期に追いやられている。仕方のないところではあるが、インディーゲームファンとしては、インディーゲームに触れる機会が減る死活問題だ。

BitSummit公式サイトはこちら!
Google Play Indie Games Festival公式サイトはこちら!

そこで今回は「ゲームには実際に触れられずとも、その情報にだけは触れておきたい!」という勢いのもと、前述したイベントに出展予定であったサークル/メーカーにメールインタビューを敢行して情報を漁ってきたので、その内容とゲーム紹介をお届けしていこう!

インディーゲーム最大の特徴は、やはり大手メーカーからは出すことが難しい、斬新すぎる尖ったアイデアや創意工夫が組み込まれている点だろう。今回のインタビューでもそうした片鱗が見られる部分があったので、ぜひそういった点にも注目してほしい。

なお、今回の質問・回答内容はすべて以下の通り。

Q1:自己紹介
Q2:ゲーム紹介
Q3:開発で力を入れている部分
Q4:どんな人に遊んでもらいたい?
Q5:ゲームファンに一言コメント

ちなみにここで紹介するタイトルは、すべて忙しい中でインタビューにご協力いただいたものばかり。インタビューにご協力いただいた皆様に、改めて感謝の意をお伝えいたします。

それでは、ショートインタビューおよびタイトル紹介をしていこう! 数が多いため質問部分はすべて省略するほか、記事も複数回に分けて公開していくので、よければほかの記事もチェックしてもらえると幸いだ!





『Zelle(ツェレ)』(Fuming)

リリース日:2020年4月15日


【メールインタビュー】

質問番号回答内容
Q1開発者のFuming(フーミン)といいます。
プレイヤーの皆様の記憶に残るようなゲーム作りを目指しています。
Q2『Zelle』は、【美しき音楽で綴る、月夜のゴシックホラーRPG】というキャッチコピーを掲げた、不思議な世界観が特徴的なオカルトアドベンチャーです。

城の中と外を探索するアドベンチャー要素をベースに、バトルのアクション要素も盛り込んでいます。このゲームでの目的は、主人公を“家”に帰してあげることです。
開発者はFuming、パブリッシャーはodencatとなっています。

Q3世界観、演出、音楽の3点にとくに力を入れています。
またゲームをプレイする上で、いかにストレスを感じないように楽しんでもらえるかを重視して作っています。
Q4いつもとは違うゲームを触ってみたいという方にオススメです。
ゲームにストーリー性や作家性を求める方には、とくにオススメです!
Q5『Zelle』を遊んでくれたプレイヤーの皆様からの感想、いつも楽しみに見させていただいています。見るたびに新たな創作意欲が湧いてきます、ありがとうございます。

©Fuming



『定時退社オンライン』(すけどん)

リリース日:2019年10月8日

【メールインタビュー】

質問番号回答内容
Q1“すけどん”という名前で個人でゲームを開発しています。
ソーシャルゲーム開発の会社にエンジニアとして5年勤めた結果「定時に帰りたい」という思いが募り、定時退社オンラインをリリースするに至りました。
時間を忘れて没頭できるゲームを作ることを目標にしています。
Q2定時退社オンラインは、世界中のプレイヤーと協力して上司から逃げつつ、定時退社を目指すオンラインマルチ退社ゲームです。
上司ひとり vs 部下4人で戦う、非対称型のバトルゲームになっています。絶対に定時で帰りたい社員と、帰したくない上司の熾烈な争いを体験できます。キャッチフレーズは【仲間と協力して定時に帰ろう!】です。
Q3上司と部下のパワーバランスの調整にいちばん力を入れています。
部下が団結しないと退社に成功しないようなバランスを目指して、新機能の開発やパラメーターの調整を行っています。
Q4短時間でプレイでき、ルールも複雑ではないのでカジュアルな非対称型ゲームを探している方にぜひ遊んでいただきたいです。
また、日々のお仕事で疲れている方にも遊んでいただきたいです。
Q5いつもプレイしていただきありがとうございます!
より没頭出来るようなゲームを目指して、今後も開発頑張っていきます。

© 2019 toru sugitani



『ザ・ファイナルタクシー』(合同会社ズィーマ)

リリース日:2019年11月30日

【メールインタビュー】

質問番号回答内容
Q1じぃーまと申します。“やさしい終末世界”をテーマにしたゲームをいろいろ作っています。
Q2終末タクシーアドベンチャーゲーム『ザ・ファイナルタクシー』は、その名の通り、荒廃した未来の世界をタクシーで駆け抜けるゲームです。
たくさんのキャラクターが登場してストーリーを盛り上げます。そんなお客さんたちが、ゲロを吐いたらゲームオーバーになるというシステムが特徴です。
Q3とにかく気楽に、気負うことなくプレイしてもらえるよう、ゲームのテンポや難易度を調整しています。
Q4ふだんあまりゲームをしない人にも楽しんでもらえるように作りました。日常に疲れたときに、ちょっとプレイして元気になってもらえたらうれしいです。
Q5いつも変なゲームにお付き合いいただいてありがとうございます。もっと変なゲーム作ります。

© 2019 Zxima.LLC



『ホームファイター』(ハップ)

リリース日:2020年3月12日

【メールインタビュー】

質問番号回答内容
Q1企画、イラスト、プログラム、デザインなどすべてひとりで開発しています。
過去作に『ママにゲーム隠された』などがあります。
Q2おもちゃを手に持って戦う妄想ひとり格闘バトル!
誰もが子どものころにやった、おもちゃを使ったごっこ遊びを格闘ゲームにしました。
Q3『ママにゲーム隠された』など過去作との世界観を維持しつつ、新たな格闘ゲームとして違和感なく落とし込むのに力を入れました。
リアル過ぎず、ラフ過ぎないおもちゃのデザインや動き、またスマホの縦画面に対応したゲームシステムなど何度も試行錯誤しました。
Q4格闘ゲームが苦手という方でもライトに遊べるのでオススメです。
また『ママにゲーム隠された』など、過去作をプレイしたことがある人にはクスっとくるネタもあるので、ぜひ!
Q5忍法!このゲームをダウンロードしたくなるの術~!

©hap Inc.



『まつろぱれっと』(SleepingMuseum)

リリース日:2020年2月19日

【メールインタビュー】

質問番号回答内容
Q1都会の片隅にある森でゲームを作っています。
Q2【絵画の中の女の子と呪われた7日間を過ごす】アドベンチャーゲームです。

手描き風の暗いアトリエを探索しながら、未完成の彼女を彩っていきます。気まぐれに構図を変える彼女の機嫌を損ねれば、そこで DEAD END。いろいろな末路に見舞われます。あなたは彼女を終わりにできるでしょうか?

Q3ゲームの世界観・ストーリーと、操作システムが噛み合うように作ることを意識しています。本作では“命を賭して絵を描く”緊迫感を高めるため、色選択パレットを“プレイヤーの魂を介したロシアンルーレット式”にしています。
Q4気まぐれな絵画に振り回されたい紳士淑女な方々にぜひ。

脱出ゲーム定番の暗号パズルなどは一切ないので、絵筆を介した彼女とのやりとりに心ゆくまで没頭できます。また“ホラー表現注意”としていますが、描写はマイルドでびっくり系の脅かしもないので、そういった表現が苦手な方にもおすすめです。

Q5遊んでいただけるとうれしいです!

©SleepingMuseum

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧