1. サイトTOP>
  2. 【新作】『Rise of Kingdoms(ライズオブキングダム)―万国覚醒―』領土の奪い合いに参加せよ!多彩な国家が戦いをくり広げる戦略シミュレーション

【年末年始休業のお知らせ】
2019年12月27日(金)15時~2020年1月6日(月)11時まで、お問い合わせ窓口をお休みさせていただきます。
ご不便をおかけし大変申し訳ございませんが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

【新作】『Rise of Kingdoms(ライズオブキングダム)―万国覚醒―』領土の奪い合いに参加せよ!多彩な国家が戦いをくり広げる戦略シミュレーション

2019-12-17 12:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

Rise of Kingdoms -万国覚醒-

好きな国を選んで戦いに参加しよう!

LILITHGAMESより2019年12月16日配信予定のリアルタイム戦略シミュレーションゲーム『Rise of Kingdoms(ライズオブキングダム)―万国覚醒―』(以下『ライキン』)。

Screenshot_20191209-102225

本作は、歴史上の英雄たちが時空を超えて集結し戦いをくり広げる戦略シミュレーション。自分だけの国を作って資源を集め、英雄たちを使い他国に攻め入るなど、ほかのプレイヤーと同じマップでリアルタイムに戦闘が勃発するのが特徴だ。

本記事にて、プレイヤー間の同盟や領土の拡大などさまざまな遊びかたがある『ライキン』の魅力を紹介していこう。

ゲームの見どころ
・ローマやブリテン、日本など好きな国で世界制覇を目指す!
・マップ上での動きの読み合いが熱い!
・世界中のプレイヤーと協力して領土を拡大しよう

ローマやブリテン、日本など好きな国で世界制覇を目指す!

本作をはじめると、最初に自身の国を選択することができる。

ローマやドイツ、ブリテンからフランス。日本をはじめアジア圏の国も複数用意されているので、お気に入りの国家でスタートしよう。

Screenshot_20191205-112144
Screenshot_20191205-112209

▲国家によって補正されるパラメーター、初期指揮官に違いが出てくる。

【各国の補正パラメーター】
ローマ:歩兵部隊の防御力が5%上昇、部隊の行軍速度が5%上昇、食料の採集速度が10%上昇
ドイツ:騎兵部隊の攻撃力が5%上昇、部隊の訓練速度が5%上昇、行動力の回復速度が10%上昇
ブリテン:弓兵部隊の攻撃力が5%上昇、部隊の訓練速度が5%上昇、盟友の駐屯上限が20%上昇
フランス:部隊HPが3%上昇、木材の採集速度が10%上昇、病院の治療速度が20%上昇
スペイン:騎兵部隊の防御力が5%上昇、指揮官の獲得経験値が10%上昇、資源の生産量が20%上昇
中国:部隊防御力が3%上昇、行動力の回復速度が5%上昇、建設速度が5%上昇
日本:部隊攻撃力が3%上昇、斥候部隊の行軍速度が30%上昇、資源の採集速度が5%上昇
韓国:弓兵部隊の防御力が5%上昇、病院の収容上限が15%上昇、研究速度が3%上昇
アラブ:騎兵部隊の攻撃力が5%上昇、野蛮人及び中立部隊に与えるダメージが10%上昇、集結部隊ダメージが5%上昇
オスマン:弓兵部隊の防御力が5%上昇、部隊の行軍速度が5%上昇、指揮官スキルダメージ5%上昇
ビザンティン:騎兵部隊HPが5%上昇、石材採集速度が10%上昇、病院の収容上限が15%上昇

国を決めたら、伐採所や採石場などを作成して資源を集めていく。各施設は任意の場所に設置できるため、敷地内を好きなようにレイアウトしていこう。

また、兵士の訓練所を作り騎兵などを作り出していくことも国の発展には欠かせない。

Screenshot_20191205-112303
Screenshot_20191209-002320

黙々と施設を強化していくだけでなく、レベルアップしていくごとに国家の様相が変わっていくのも本作の見どころだ。

今回は日本を選択してプレイしていたが、メイン施設である“政庁”のレベルが一定に達するごとに青銅時代、鉄器時代とランクアップしていき、建物の外見などが豪勢になっていった。国に規模も広がり、さらに多くの施設を作れるようになるこのシステムはやり応え抜群。

次第に大きくなりレイアウトの幅も広がっていくので、コツコツ自分の国を作り上げたい人にはたまらない要素になるだろう。

Screenshot_20191205-113813
Screenshot_20191209-003156

そのほか、資源などを増やす施設とはべつに、道路や木なども自由に配置できるのもポイント。

こだわって配置すればマークや文字などを描けるので、自由に国をアレンジしてほかのプレイヤーに見せつけよう。

Screenshot_20191209-003335
EKhSsqWU0AALHuo
EKhSvD3VUAAZzpX

マップ上での戦闘の読み合いが熱い!

国の発展をひたすら続けるだけでなく、マップに出て派兵などをするのも本作の醍醐味。

マップは非常に広く作られており、ほかのプレイヤーの国もリアルタイムで存在している。

2178

▲周囲が霧に包まれているマップは、探索することで広がっていく。

2177

▲探索で新たな村などを発見すると報酬などがもらえることも。周囲に部隊を送って開拓していく感覚も味わえる。

マップには伐採所などの資材集めエリアが用意され、ここに部隊を送ることで資源の収集が可能。

通常は時間経過で溜まっていく資源をより多く、早く集めたい場合は部隊を送り出すことも重要になる。

Screenshot_20191209-003528

また、国の外には“野蛮人”という敵キャラクターたちも出現しており、部隊を送り出して討伐することが可能。

“野蛮人”の討伐は、各資源のほかガチャなどで使う宝石などが手に入る重要な要素だ。

Screenshot_20191209-003533

国の外に兵士を送り出す際は、リーダーである英雄を選択することになる。

日本の有名武将をはじめ、各国の英雄などが参戦。日本を選択したら武将しか使えないということはなく、多様な国のヒーローたちを起用できる。

Screenshot_20191205-115934
2176
2173

英雄にもレベルが設定されており、野蛮人などを討伐するたびにレベルが上がっていく。

レベルアップで新たな天賦を解放するなど、キャラクターの育成要素も用意されていた。

Screenshot_20191205-160206
2175

▲天賦はスキルツリーのように分岐されており、好きな順番に習得していける。攻撃メインのキャラにするか、防衛に重きをおいたキャラにするかで育成方針が変わっていく。

英雄ごとに保有するスキルなども異なるため、キャラクター同士の組み合わせなどを考えたり、お気に入りキャラをトコトン育てるなど育成面もガッツリ楽しめそうだ。

2174

また、一部のコンテンツでは実際にキャラクターを操作して戦うリアルタイムバトルがくり広げられることも。

手動で戦う戦闘では、部隊の移動する位置や攻撃する敵を選択していく。複数部隊を指揮して敵を挟み撃ちにしたり、陽動するなど戦略的な戦いかたが可能だ。

Screenshot_20191205-120151

ほかのプレイヤーの舞台と戦うPvPコンテンツなど、育成した英雄を活かせる要素も豊富に用意されている。

自分の国を発展させるだけでなく、キャラを育ててほかのプレイヤーと競い合うのも本作の楽しみかたになるだろう。

Screenshot_20191209-003427
Screenshot_20191209-003442

世界中のプレイヤーと協力して領土を拡大しよう

同ジャンルのアプリでは定番の、ほかのプレイヤーと協力する“同盟”システムは本作にも用意されている。

同盟は、プレイヤーがひとつのチームとなって協力しあえるシステム。協力して他国を侵略したり、戦争をくり広げる大切な要素のひとつだ。ほかの同盟国を襲撃するなど、育て上げた英雄を使って国家間の戦争を起こすのも楽しみのひとつで、タイミングを合わせて他国やNPCの拠点を襲撃する戦略性の高さがポイント。

Screenshot_20191208-171202
Screenshot_20191209-003618

同盟の戦いは他同盟との戦闘になるPvPだけでなく、PvE要素もガッツリ用意されているのもうれしい。マップにはNPCが占領している“聖地”がいくつか配置されており、ここを占領すると特別な恩恵が得られるようになる。

当然ながら、強力な敵が守っているためひとりでの攻略は難しい。同盟を組んだ味方といっしょに敵を倒し、“聖地”を確保していくことで同盟をより強固にしていけるはずだ。

ほかのプレイヤーと戦うのが苦手な人でも、マップの重要拠点を取りに行く“聖地”の占領はやり応えを感じられるだろう。

Screenshot_20191208-171037
Screenshot_20191208-135148

国家の繁栄、他国との戦争、“聖地”の占領などさまざまな要素が用意されている『Rise of Kingdoms―万国覚醒―』。

強力な同盟を作り上げ、連携して戦争などのコンテンツを遊ぶとより盛り上がれるので、始めたらまずは同盟に入ってプレイヤー間の交流を深めてみることをオススメしたい。

Rise of Kingdoms -万国覚醒-

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルシミュレーション
メーカーLilith Games
公式サイトhttp://rok-jp.lilithgames.com/
配信日2019年12月
コピーライト

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧