1. サイトTOP>
  2. 『艦つく –Warship Craft–』超本格艦船バトル!自分で最強の艦隊を作れる海戦TPSを先行プレイ

『艦つく –Warship Craft–』超本格艦船バトル!自分で最強の艦隊を作れる海戦TPSを先行プレイ

2019-08-13 12:00 投稿

クラフトした艦船で海戦アクション!

Donutsが開発中の新作スマホアプリ『艦つく–Warship Craft-』。

本作は、リアルな3Dグラフィックで描かれる艦船を自分でクラフトし、海戦バトルが楽しめる作品だ。300種類以上あるパーツを組み合わせて、自由に艦船を作ることができるのが特徴。そのほか、演習や連合などマルチ要素も充実している。

Screenshot_20190802-212555

配信に先駆けて本作をプレイすることができたので、本記事にてその内容を紹介していこう。

ゲームの見どころ
・プレイヤースキルが求められる重厚な海戦バトル!
・無数のパーツから自分だけのオリジナル艦船を製作
・パーツ集めやカスタマイズでトコトンやり込める

【艦つく–Warship Craft-事前登録はこちら】

プレイヤースキルが求められる重厚な海戦バトル!

本作では、艦船を操作して海上で戦う本格的なTPSバトルが楽しめる。

画面左下で艦の向きを変え、右下では移動する速度を変更可能。停止や後退、最速での移動など状況に応じて動かしかたを変えていくのがポイントだ。

艦は操作をしてから実際に動き出すまでには若干のラグがあり、艦船ならではの重厚な操作感を味わえるようになっている。

Screenshot_20190805-103053

砲撃するときは照準を合わせて赤いボタンをタップすることになるが、ここでもちょっとしたプレイヤースキルが求められる。

敵艦との距離に応じて発射から着弾までに数秒のラグが発生するため、ただ敵に向けて砲撃するだけでは勝てないのだ。狙う相手が移動している方向を先読みし、着弾時にちょうど敵が射程に入るように調整するのがポイント。

思った通りに敵に砲撃を当てられないため、少しずつ狙う位置を調整して戦っていく動きの読み合いが勝利のカギになる。

Screenshot_20190805-102648

▲狙った先をすぐ攻撃できるわけではなく、砲塔が回転するまで発射できないリアルな仕様。

 Screenshot_20190805-102731

▲遠くの敵をズームして視認できるので、遠く離れた敵でも狙える。

遠くからの撃ち合いだけでなく、ときには敵に接近して一気に決着をつける戦法も扱うことになる。

敵を狙いやすい反面、こちらも敵に撃たれやすくなるので、相手との距離をどれだけ詰めるかの判断も重要になるだろう。

Screenshot_20190804-144941

▲敵に接近して、横向きに並べれば大量の砲弾で一気に殲滅も狙える。

Screenshot_20190802-211108

▲近距離からの一斉射撃もバトルの醍醐味!

戦場になる海はかなり広く作られており、障害物なども存在。夕方や夜などさまざまな条件下で、艦隊同士が激突し合うバトルはやり応え抜群だ。

Screenshot_20190805-104113
Screenshot_20190802-205558

無数のパーツから自分だけのオリジナル艦船を製作

戦闘で使用する艦を非常に細かくカスタマイズできるのも本作の魅力だ。

Screenshot_20190805-110844

船のカスタマイズは単純に装備を付けるだけでなく、その配置位置も指定できる。

最初はなにもセットされていない艦に、自分好みの装備を好きなだけ盛り込めるのだ。100個までパーツを設置できるので、機能重視、見た目重視など好きなように艦を作り出せる。

とはいえ、欲張ってパーツを盛り込みすぎれば、そのぶん艦が重くなり速度も落ちてしまう。スピード重視で装備を減らしたり、重くなっても火力を高めたりと、ひとつの艦を作り出す工程だけで何時間でも遊べる。

Screenshot_20190805-111100

▲艦の底にもタービンなどを設置可能。

Screenshot_20190805-111353

▲ついついパーツを盛り込みがちだが、重量にも目を配るといい艦に仕上がるだろう。

戦闘で必要不可欠な兵装は、手動で動かすものをふたつ、自動で発動してくれるものを5つまで取り付け可能。

砲塔の位置も好きなように選べるが、近くに煙突などがあると砲塔が回転できない場合も。

Screenshot_20190805-102525

また、艦に取り付ける旗はさまざまなデザインのものが販売しており、ユニークなものも取り揃えている。

差し替え用画像 

完成した艦はバトルで使用するだけでなくホーム画面では停泊している姿も確認できるので、見栄えにトコトンこだわった艦を作り出してみるのもおもしろいだろう。

また、艦を作るのが面倒な場合は、装備一式をセットした完成品を購入することもできる。カスタマイズの工程を省いて手っ取り早く強い艦を手に入れたいという人は、そちらを利用するのもアリだ。

Screenshot_20190805-112424

パーツ集めやカスタマイズでトコトンやり込める

艦を作るのに欠かせない各種パーツは、メインストーリーなどを進めると手に入るゴールドやダイヤで購入できる。

パーツの価格も良心的なので、序盤から多くの物を揃えられるはずだ。

Screenshot_20190804-145144

▲1回の出撃でおおよそ10000ゴールド前後手に入るので、安いパーツならどんどん買える。

Screenshot_20190804-145114

▲ベースとなる船体も販売している。

また、バトルに勝利したときの戦利品としてパーツが手に入ることもある。

確実に目当ての装備がドロップするわけではないので、強力な装備が手に入るまで周回するやり込み要素になりそうだ。

Screenshot_20190805-110115

手に入れた戦利品はすぐに装備できるわけではなく、“修理”して初めて使用可能になる。

レアリティやパーツの種類によって修理完了にかかる時間が変わり、長時間修理が必要な場合は高性能な装備が手に入ることも。

Screenshot_20190805-110802
Screenshot_20190805-110823

▲修理はダイヤを使って時間短縮も可能。

今回は先行プレイということで体験できなかったが、本作にはほかのプレイヤーの艦隊と戦うモードや、協力する“連合”などの要素も存在する。

戦利品から優秀な装備を手に入れ、最強の艦を作り出すことでほかのプレイヤーとの対戦もやり応えのあるものになりそうだ。

Screenshot_20190805-113953

超本格的な海戦バトルに期待!

多くのパーツから自分だけの艦を作り出すカスタマイズ要素、偏差射撃などテクニックが求められる本格的な海戦バトルが持ち味の『艦つく–Warship Craft-』。

装備集めをはじめとするやり込み要素も充実しているので、自分だけの最強艦を作り出したい人には最適な作品になりそうだ。

本作の公式サイトでは自由なカスタマイズで独創的な艦を作って紹介しているので、興味のある人はそちらもチェックしてみよう。

⇒公式のカスタム例はコチラをチェック!

【艦つく–Warship Craft-事前登録はこちら】

艦つく -Warship Craft-

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルFPS/TPS
メーカーDonuts
公式サイトhttps://kantsuku.jp
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧