1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. Android>
  4. 『D2メガテン』地母神キュベレを攻略して合体を解放しよう

『D2メガテン』地母神キュベレを攻略して合体を解放しよう

2019-07-12 23:22 投稿

アウラ2にシンボルエネミーとしてキュベレが出現

セガゲームスより好評配信中の『D×2 真・女神転生 リベレーション』。この記事では、新たに登場した地母神 キュベレの合体解放について解説。戦いかたについても解説していくぞ。

1

地母神 キュベレの概要

キュベレはアウラゲート2(以下、アウラ2)に登場するシンボルエネミーだ。どこかに登場するキュベレを撃破すると多身合体が解放され仲魔にすることができる。

▼詳しいスペックはこちら
地母神 キュベレの詳細な性能を紹介

難易度としてはパールヴァティ以上、四神以下といった感じで高難度とまではいかないが、何も対策しないでいくとやられてしまうといった感じだ。
以下はエンカウント方法を含め、ネタばれの内容となるので、自身で攻略したいというプレイヤーはまた後日みるようにしてもらいたい。

地母神 キュベレとのエンカウント方法

キュベレはアウラ2の19層に登場する。マップ上にシンボルエネミーのマークがみえるので場所はすぐにわかるはずだ。
ただし、ただ出会うだけでは戦うことができない。ここはキュベレの最初の会話に注目だ。

IMG_3457_result

「あら、こんなところに人間?珍しいこともあるものね。」
「ひょっとして私がほしいの?ねぇ、そうなの?」
「フフ、どうしようかしら・・・。遊んであげてもいいけど・・・。」
「・・・やっぱりダメ。」
「あなたの連れてる子たちじゃそそらないわ。」
「私にゆかりのある子でも連れていれば別だけど・・・。」
「・・・そういえばあの子、元気にしてるかしらね・・・。」

これが最初の会話だ。ここにでてくる”私にゆかりのある子”とは文字通りキュベレの子どもである狂神アティスのことで、編成にアティスを入れることでキュベレと戦うことができるようになっている。

IMG_0318_result

▲アティスの説明でキュベレとの繋がりを伺い知ることができる。ここに気づかなくても”キュベレー”でネット検索すると繋がりが明らかになるはずだ。

IMG_3459_result

▲アウラ2の編成に表裏問わずアティスが入っていればOKだ。編成から外せば、再び戦えなくなってしまうので注意しよう。

キュベレ戦攻略

IMG_3444_resultIMG_3447_resultIMG_3446_result

キュベレ戦は1WAVE戦で、敵はこの3体。キュベレが準火炎貫通を持っており、こちらに火炎弱点が入っているとかなりきびしい戦いになる。逆に火炎無効以上で編成すればほとんどダメージを食らわない状態になるので楽な戦いだ。

●火炎無効以上持ちでおすすめの悪魔たち

・ガルーダ
・プロメテウス
・ツクヨミ
・ケルベロス
・スフィンクス
・アシェラト

火炎無効以上持ちの悪魔はこのように魔法アタッカーが★4以下でも充実しており編成にはさほど困らないだろう。
とくに注目なのがスフィンクスとアシェラト。スフィンクス、アシェラト、アティスはキュベレの多身合体素材となっており、戦うのに必要なのがアティスで、スフィンクス、アシェラトがバトル特効になっているという非常によく考えられたクエストであることがわかる。

IMG_3456_result

▲素材だけであらゆることが語られているキュベレ戦。素材のために用意した場合はバトルでの起用は難しいかも知れないが、予め使っていたプレイヤーは素材での討伐を目指すものおもしろいのではないだろうか。条件未達成でもこの画面は閲覧可能だ。

●キュベレ戦のおもな立ち回り

厄介なスキルはディオニュソスのバリコワオートとマハマカジャマ、そしてペルセポネーのブフダインだ。バリコワオートは表裏どちらの編成にもかかってしまうので、表で受けても裏でやり過ごすということができない。(※裏の編成にはバリアオートが発動しない、が正解でした。こちら誤りでしたので訂正させていただきます。7/13追記)魔封対策にメクロズディを継承したキンマモンがほしいところ。幸いこのキンマモンも火炎無効だ。火炎無効以上を耐性に持つということは基本的に火炎が得意な悪魔なので、氷結を弱点に持つことが多い。というわけでペルセポネーのブフダインが危険となるわけだ。

そこで編成の表と裏を利用しよう。
まずは表でブフダインを持つペルセポネーを落とす。その後全滅等で相手にターンを渡して、裏の編成でキュベレを倒す。こうすることで氷結弱点を塞ぐ必要がなくなり、さらにバトルスピードも表だけでクリアーすればOKということになる。

実際に編成してみる

IMG_3463_result

▲先制に必要なバトルスピードは22400。若干高めの設定なので速の引率が可能な悪魔が1体はほしい。

表の編成には虚飾周回で使用しているスフィンクスとアシェラトを電撃アタッカーとして採用。生き残りは不要で、ペルセポネーを落とすか、瀕死に追い込めればOKだ。

▼ビルドについてはこちらを参照
虚飾の罪 11業オート周回を考察

裏の編成の詳細はこちら。

●キンマモン(烙印セット:恩恵)

IMG_3473_resultIMG_3474_result

継承はメクロズディとブフ。

●ケルベロス(烙印セット:消滅)

IMG_3479_resultIMG_3480_result

雄叫び兼アタッカーだ。継承はブフ。食いしばりは不要。

●プロメテウス(烙印セット:消滅)

IMG_3475_resultIMG_3476_result

継承はブフ。氷結ブースタは別コンテンツ攻略の名残で乗っているが、ここでは不要。

●ツクヨミ(烙印セット:消滅)

IMG_3477_resultIMG_3478_result

継承はブフ、氷結ブースタは同じく別コンテンツの名残で乗っているが、ここでは火力過多なのでとくに必要ない。

実際のバトルの流れ

まずエンカウントまでの道中がきつければ十分に歩数を確保して退却しながら進もう。

IMG_3481_result

▲エンカウントしたら、最初にバリコワオートの洗礼だ。このバリコワは表裏どちらの編成のバリアも壊してくるぞ。

そして表の編成ではとにかくペルセポネーを電撃で攻撃。

IMG_3482_result

▲この表だけで倒せなくても大丈夫。裏のプレスターンを使いきるまでが猶予なので比較的余裕だ。

IMG_3484_result

▲ペルセポネーを撃破し、裏に編成が入れ替わった時点でほぼ勝利が確定する。

IMG_3486_result

▲キュベレの貫通は準貫通なので、ご覧の通りのダメージだ。雄叫びと合わせて2桁まで減ることもあるのでかすり傷にすらならない程度。

IMG_3485_result

▲キンマモンで魔封を解除しつつキュベレへ攻撃。キュベレのみ撃破できればクリアーになるぞ。

IMG_3487_result

▲そして無事に勝利だ。

IMG_3488_result

▲これで偽神教会にてキュベレの合体が解放される。

このようにきちんと準備さえすれば難度は決して高くないので、しっかりと準備して挑んでもらいたい。

また、キュベレのHPは約22000と高くないので、ある程度以上の火力があれば表裏の2パーティーでキュベレを総攻撃して倒し切ることも可能。強力な単体物理パーティーや氷結パーティーを用意できるのであれば、ゴリ押ししてみるのもいいだろう。

D×2 真・女神転生 リベレーション

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーセガゲームス
公式サイトhttp://d2-megaten-l.sega.jp/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧