1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. ドラガリ“ガチ” プレイ日記>
  4. 【ドラガリ“ガチ”プレイ日記】最終回:半年間の思い出プレイバック&今後の期待を語り尽くす

【ドラガリ“ガチ”プレイ日記】最終回:半年間の思い出プレイバック&今後の期待を語り尽くす

2019-03-31 17:00 投稿

“ガチ”プレイ日記、これにていったん終了です!

2018年11月9日の連載開始から約5ヵ月近く……。ドラガリ“ガチ”プレイ日記は、今回でひとまずの最終回を迎えることになりました。改めまして、みなさんこんにちは! ライターのジャイアント黒田です。

01

▲イラストに併せてコメントを書くのもこれで最後。そう思うと、書くことがまとまらずに30分が過ぎました(苦笑)。

初日から『ドラガリ』を初めて毎日コツコツ続けた結果、2019年3月28日時点でプレイヤーレベルは126に。いつの間にか、自分の体重を超えていました(笑)。今回は、トピックごとにこれまでの思い出を振り返りつつ、これから期待されるコンテンツを紹介したいと思います!

【『ドラガリ』思い出語り】期間限定イベント

まずは期間限定イベントの思い出から。これまで開催された期間限定イベントはすべてプレイしていますが、この記事を書いている時点でとくに印象深いものは、お正月のレイドイベント“新春日ノ下招福縁起”です。

0102

▲“新春日ノ下招福縁起”では、★4闇属性キャラのボタンや、★5光属性ドラゴンのシシマイを仲間にできました。

このイベントでいちばん燃えたのは、ボスのシシマイの“お年玉つづら”を部位破壊すると、貴重なアイテムをドロップしたところ! 部位破壊は2度行えたので、一心不乱に“お年玉つづら”を攻撃していました。家族旅行で訪れた石川県の温泉宿で、ずっとレイドボスに挑んでいたのもいい思い出です(笑)。

03

▲“お年玉つづら”からは、貴重な“ダマスカス骸晶”などがドロップすることも。まさに神イベント!

そうそう。レイドボスの部位を破壊すると貴重なアイテムを入手できるようになったのも、これ以降だった気がします。イベントを周回するモチベーションにも繋がったので、そういう意味でも“新春日ノ下招福縁起”は印象深いイベントでした。

【『ドラガリ』思い出語り】キャラとドラゴン

続いては好きなキャラとドラゴンの組み合わせについて語りたいと思います。これまで真ミドガルズオルムを倒したミコト&アグニ、真ブリュンヒルデを倒したリリィ&リヴァイアサンと、いろいろな名コンビを紹介してきましたが、最後に取り上げるのはイエヤス&マリシテンの組み合わせです。

0405

▲イエヤスは★5の闇属性キャラ、マリシテンは★5の闇属性ドラゴンです。

イエヤスとマリシテンは、先述した“新春日ノ下招福縁起”と同時期に開催されたレジェンド召喚(ガチャ)、“亥招きし勝利の夜明け”で仲間にできた期間限定のキャラとドラゴン。実装当時は数の少なかった闇属性ということで、ぜひとも仲間にしたかったコンビです。

幸いにも、イエヤスは20連目で仲間にできたのですが、マリシテンは100連以上回しても仲間にならず……。これはもうダメかもと諦めかけていたとき、1日限定の単発召喚で仲間になってくれたので、感動はひとしおでしたね。金沢駅前のデパートで、ひとりテンションが上ったのをいまでも覚えています(笑)。あのデパートは、“ドラガリパワースポット”!

06

▲単発でも出るときは出る! マリシテンを仲間にできて、改めて実感できました。

イエヤスとマリシテンは、同じレジェンド召喚で実装されただけあって、相性がバッチリ! おそらく、いずれ実装されるであろう“真ユピテル”でもアタッカーとして活躍できるのではないでしょうか。イエヤスは、レベルとマナサークルを最大まで強化し、★5の闇属性武器も用意しているので、いずれはマリシテンも最大まで上限解放したいと思います!

0708

▲“亥招きし勝利の夜明け”では、アディスとサザンカも仲間入り。前者は水の迎撃戦、後者はユピテル戦で愛用しています。

【『ドラガリ』思い出語り】ヴォイド討伐戦

新コンテンツの中で思い出深いのは、2019年2月22日に実装された“ヴォイド討伐戦”です。実装時に4体、3月30日に3体の敵が追加されたほか、これらの敵の素材を集めて、スキルの代わりにアビリティが付いた武器を作れるようになりました。

09

▲ヴォイド討伐戦のボスは、挑める敵が日替わりで代わります。戦いたいボスを待つ楽しみも。

新しい武器の中でもとくに注目なのは、ワキヤン・ヴォイドの素材から作れる火属性の剣や刀、斧。これらの武器には、真ミドガルズオルムに与えるダメージがアップするアビリティ“【火】真・碧龍キラー+20%”が付いているのが特徴。ヴォイドの武器は、通常の★5属性武器よりも作りやすく、これの登場によって真ミドガルズオルムに挑みやすくなったのも魅力です。

1011

▲左が通常の★5属性武器、右がワキヤン・ヴォイドの素材で作った★5属性武器。性能は左のほうが高いですが、右はアビリティでカバーできます。

また、ヴォイド討伐戦の敵は攻略しがいがあるのも好印象。とくにワキヤン・ヴォイドマンティコア・フューリーは、制限時間内クリアーで得られる二つ名の獲得を目指して、試行錯誤をするのに熱中しました。それだけに、二つ名を獲得できたときはうれしかったなぁ。

マルチプレイだったので、見知らぬ人たちとクリアーできたときの達成感や充実感も最高。二つ名がまだ取れていないという方は、戦力を整えてぜひチャレンジしてみてください!

1213

▲ワキヤン・ヴォイドは“刃こぼれ耐性”の武器が必須。一方、マンティコア・フューリーは“憤怒貫通”の武器があると、二つ名を狙いやすいです。

今後も『ドラガリ』を遊び尽くすします!

3月26日に公開された公式の番組“ナームちゃんねる”で、今後のアップデート情報が公開されました! 最後に、今後の『ドラガリ』についても意気込みを語りたいと思います。

近日追加されるものだと、やはり4月12日に実装予定の“アグニ・ヴォイド”と、4月18日に実装予定の“真マーキュリーの試練”が気になるところ。“アグニ・ヴォイド”は、ほかのヴォイド討伐戦同様、これまでとは異なる立ち回りが楽しめそうですし、素材をもとにどんな武器が作れるのか、非常に楽しみ!

14

▲動画で公開されたアグニ・ヴォイド。見た目もメチャクチャかっこいい!

そして“真マーキュリーの試練”は、状態異常“ずぶぬれ”の対策が必要な強敵とのこと。有利な風属性には、“ずぶぬれ耐性”持ちのキャラが何人かいますが、誰を育てるか悩ましい……。ただ、ごいっしょしてくれた方たちのおかげで、これまで実装された真ドラゴンの試練はクリアーできているので、真マーキュリーの試練もぜひ達成したい!

15

▲真ドラゴンは見た目も好み。真マーキュリーも早く仲間にしたい!

さらに動画の最後には、気になる情報も。それは『ファイヤーエンブレムヒーローズ』とのコラボです! 『ドラガリ』はサイゲームスと任天堂がタッグを組んで開発・運営をしてきただけに、いずれ任天堂のタイトルとコラボをするんじゃないかと期待していましたが、ついに発表されました! この調子で、いろいろな任天堂タイトルとコラボしてほしいところ。個人的には『ゼノブレイド2』とコラボしてほしい!!

16

▲コラボの詳細は、今後のお楽しみ。誰が登場するのか、早く知りたい!

ハーフアニバーサリーの開催中に最終回を迎えるのは、正直残念なのですが、この記事の連載が終わっても、いち『ドラガリ』ユーザーとして本作を楽しくプレイしていく所存です! しかし完全に終わりというわけではないので、またみなさんとどこかでお会いできることを楽しみにしています。これまで記事を読んでくれて、ありがとうございました!

最後の1枚!

17

▲最後はお気に入りのキャラ、ムムが描かれた護符をピックアップ。この護符は“スキルダメージ+25%”のアビリティが付いていて、実用的なのも最高!

前へ

(文・ジャイアント黒田)

【ドラガリアお悩みロスト】再生リストはこちら!

ドラガリアロスト

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクションRPG
メーカー任天堂/サイゲームス
公式サイトhttps://dragalialost.com/jp/
配信日配信中

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧