1. サイトTOP>
  2. 内田雄馬さん、桑原由気さんが幕張メッセの空を舞う!?小林ゆう画伯のイラストも披露された『キックフライト』ステージリポート【闘会議2019】

内田雄馬さん、桑原由気さんが幕張メッセの空を舞う!?小林ゆう画伯のイラストも披露された『キックフライト』ステージリポート【闘会議2019】

2019-01-27 02:22 投稿

特設ステージには逆バンジーが!?

2019年1月26~27日の2日間、千葉・幕張メッセにて開催された“闘会議2019”。

その1日目、グレンジブースにて“『Kick-Flight(キックフライト)』(以下、『キックフライト』)声優陣のレッツチャレンジ!”と“声優陣が初参戦!『キックフライト』バトル!”が開催された。そのステージの模様を現地写真とともにお届けする。

ブースにはコンテンツが盛りだくさん!

本作は、グレンジが2019年配信予定の“360°空中対戦アクション”ゲーム。

円筒状のステージ内で、個性豊かなキャラクターを駆使しながら4対4のリアルタイム対戦を楽しむことができる。

ブースでは『キックフライト』の先行試遊ができるだけでなく、世界観をイメージした‟逆バンジー”が体験できるトランポリンが設置され、先行試遊で勝利したプレイヤーは体験することができた。また、『キックフライト』キャラクターの公式コスプレイヤーが登場し、訪れたプレイヤーを楽しませた。

NTS00772

▲左から、うらまるさん(ココ・グアムレール)、涼本奈緒さん(カイト)、桐山涼さん(ツバメ)、水沢柚乃さん(ルリハ)、misacoさん(アウルベルト)。

NTS00775
NTS00778
NTS00787
NTS00792
NTS00794

14時からのステージには、本作でキャラクターの声を演じる小林ゆうさん、桑原由気さんが登壇。

ふたりがその場で声をあてる生アテレコが披露されたほか、視聴者へのプレゼントを獲得するために桑原さんが逆バンジーに、小林さんがイラストを描いて視聴者にそのイラストのキャラクターをあててもらう、といった挑戦することに。

まずは桑原さん。バンジーを体験した後に、自分がこの手の上下に振られるタイプの飛空が苦手であることに気づいたようだが、果敢にもチャレンジを続けた。怖いという気持ちもあったものの「幕張メッセはけっこう来る機会があったのですが、この景色は初めて見ました」と、ジャンプ中に見た会場の景色に対して、新鮮な思いがあったことを述べた。

続けて、小林さんが『キックフライト』に登場するキャラクターのイラストを描き、視聴者がその小林さんが描いたイラストが、何のキャラクターなのかを当てるクイズが出題された。

小林さんといえば、‟画伯”の異名を持つ声優。披露されたイラストの、その期待を裏切らないクオリティの高さ(?)に、会場からどよめきがあがった。

2019-01-26_14h49_47

▲小林さんが描いたのは、自身が演じた猫のキャラクター、ピトフィのイラスト。装備しているバズーカがメインに描かれているとのことだが……?

WS000001

▲言われてみれば、確かに……?

ふたりのチャレンジの結果、抽選でサイン入り色紙のプレゼントが決定した。

ぜひ貴重なサイン入り色紙をゲットするために、フォロー&リツイートをしてみよう!

声優チームとファミ通Appチームが対決!

次の“声優陣が初参戦!『Kick-Flight(キックフライト)』バトル!”のステージでは、内田雄馬さんが登壇し、桑原さんとともにじっさいにゲームをプレイすることに。

KO7_8771

▲家族が皆ゲーマーで、自身も「ゲームは大好き」と語る内田さん。姉弟で対戦するよりも、各々ひとりでプレイすることが多かったという内田家の内情も吐露した。

KO7_8762

▲すっかり操作に慣れた桑原さん。この後のプレイで、アタッカーとして凄まじい立ち回りを見せ、ファミ通Appチームのキャラクターをつぎつぎと倒していった。

さらに、ファミ通App編集部のメンバーが登壇。半年近くもらえていないという『キックフライト』の新情報をかけて、声優陣+開発者のメンバーと対決をすることに。

KO7_8822
KO7_8827

気合十分だった編集部メンバーだが、初戦、点差を大きくつけられて編集部チームが声優陣チームに惨敗。

2戦目は接戦になったものの、編集部チームが再度敗北。3戦目にいたっては桑原さんに連続撃破の達成を許し、編集部チームがまさかの全敗という結果に。

KO7_8834

▲全敗にうなだれる編集部のメンバー。いったい2日目は、どうリベンジするつもりなのか?

見事勝利した声優陣チームには、“0泊0日空の旅”と称されたプレゼントが贈られ、内田さんが逆バンジーにチャレンジをすることになった。

高所恐怖症で、以前別番組の企画でバンジージャンプにチャレンジしようとした際は、飛ぶことができなかったという内田さん。果たして、今回の逆バンジーは楽しめるだろうか……?

KO7_8841
KO7_8849
KO7_8853

はじめは歯を食いしばり「高い!」と叫び声をあげていた内田さんだが、会場から湧く「くるり!」という掛け声に答え、くるりと回転。

KO7_8864

▲見事な回転を披露!

後半になると、「好きになってきたかも!」という言葉が口から出る内田さん。積極的に回転を取り入れ、会場からは「上手い!」「すごい!」と歓声があがった。

プレイを終えた内田さんは、「地上は重力があって嫌ですね」などと、チャレンジ前の弱気な様子はどこへやら、飛空状態に対し、こなれた様子を見せた。

KO7_8800

▲バンジーにすっかり気をとられていた内田さんであったが、ゲームのほうの感想について聞かれると、「戦略性もあるけど手軽で簡単。チームプレイは重いという印象があるけれど、役割が見えやすいゲームだと思うのでぜひ皆さんもプレイしていただきたい」とゲーマーならではの視点から感想を述べた。

KO7_8882

大敗してしまい新情報を得ることができなかった編集部チームは「明日こそは勝って新情報を持って帰る」とコメントを残した。

“闘会議2019”の2日目では、立花理香さんと木村昴さんと戦うことになる編集部。果たして雪辱を果たせるのか!? ぜひ闘会議2日目のステージもチェックしてみよう!

⇒【DAY2】ニコニコ動画
⇒YouTubeLIVE
⇒Periscope

Kick-Flight

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクション
メーカーグレンジ
配信日2019年春
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧