1. サイトTOP>
  2. 【今日の編集部】スマホ版とスイッチ版で悩むことが増えてきた

【今日の編集部】スマホ版とスイッチ版で悩むことが増えてきた

2018-10-02 22:08 投稿

スマホ版とスイッチ版で悩むことが増えてきた

【本日の担当:藤谷ソウキチ】
藤谷クロレビ

編集長の身に何か起こったときに出てくる代打です。ごぶさたしております。※今日はたいしたことは起こってないけど代打してます

先週の話になりますが、9月25日にニンテンドースイッチで『Arena of Valor』(Tencent Games)が配信されました。
もともとはスマホのゲームで、中国ではハマりすぎる人が続出して社会問題にもなった、5vs5のMOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)ですね。

015492cb88ef370d58b834f7b658f347866dfe5f1e158ddded923fed8f187048

いずれ日本でも遊べるようになるだろうと思っていましたが、日本語版は意外にもニンテンドースイッチ版が初。スマホの先を行くこのような場合は悩む必要なくスイッチ版を選択するんですが、近年のスマホゲーのスイッチ版移植の充実っぷりがハンパなくて、スイッチ版に興味が沸くことも多くなってきました。

『Mini Metro』、『Gorogoa』、『キャットクエスト』、『OPUS-魂の架け橋』、『エース・オブ・シーフード』などなど、スマホでも遊べる名作がスイッチにはたくさん。しかもゲームによってはコントローラーが対応していて快適に遊べるのもうれしいところ。

なら、スイッチ版が出ているものは全部そっちでいいじゃないかと思うけど

・価格に差がある場合がある(スマホで無料のものが有料だったり)
・アップデートのペースが違う場合がある(スマホ版のほうがやはり比較的更新頻度が高い)

といった面もあって一概にどっちがいいとか決められないのが悩ましいところ。

操作の快適さ、いつでもプレイできる手軽さ、大画面の迫力……なにを優先するか、こればっかりは両方プレイしてゲームごとに決めていくしかないかなぁ(けっきょう両方買ってるハメに)

Copyright 2016-2017 PROXIMA BETA PTE LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED

編集部の今日の1枚

『ロックマン』のファミコンカセット風モバイルバッテリーが猛烈に欲しい!⇒詳細はこちら

SW09031001-1

10月2日の注目記事ダイジェスト

東映アニメーションは、人気アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』を題材としたスマートフォン向け新作ゲーム『ゆる~いゲゲゲの鬼太郎妖怪ドタバタ大戦争』をポノスとDeNAと共同開発していることを明らかにした。リリースは2018年11月を予定している。

▼最新の人気記事、新作&事前登録のまとめ記事はこちら!

前へ

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧