1. サイトTOP>
  2. 『アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ』3周年ライブ”THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SS3A Live Sound Booth♪”1日目をレポート

『アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ』3周年ライブ”THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SS3A Live Sound Booth♪”1日目をレポート

2018-09-09 10:57 投稿

『デレステ』3周年ライブ1日目

2018年9月8日~9日の2日間、群馬県のヤマダグリーンドーム前橋にて、人気リズムゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ』サービス開始3周年を記念し、ライブイベント”THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SS3A Live Sound Booth♪”が開催された。

デレステ3周年ロゴ

今回のライブの注目ポイントは、公式発表により通常の楽曲だけではなく、Remix・Rearrange曲も織り交ぜてのパフォーマンスがあるとの発表があったこと。

過去には、シンデレラガールズのアニメDVDに付属されていたCD、346Pro IDOL selectionで、各アイドルのソロ曲がアレンジされ別のアイドルが歌うというシャッフル企画があり、ファンの間では話題になった。
また、昨年の5thライブにて会場限定で、シンデレラガールズの楽曲がクラブアレンジされたTHE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS TO D@NCE TOを発売しており、後に多くのファンからの希望で再販されるなど、サウンドチームによるアレンジは折り紙つきだ。

3周年当日の9月3日には、アプリ内でライブの予習曲としてFlip Flop ~For SS3A rearrange Mix~の配信が開始され、ライブ前からファンの期待感を膨らませている。いつもとは違う何かが観れる予感に開演前から会場は期待に沸いていた。

また、今回のライブは会場となっているグリーンドーム前橋がある前橋市が協賛として名を連ねており、自治体をあげてのコラボを行っている点も珍しい。途中のMCで詳しく紹介されていたので後述する。
今回は9月8日の初日公演についてのレポートをお届け。

ノンストップ!驚異の12曲連続披露

 _MG_3032

オープニングを飾るのは同アプリのテーマソングでもある”とどけ!アイドル”。一番最初のテーマソングとしてアプリでも書記から配信されていた同曲だが、大型ライブで披露されるのは久しぶり。イントロと同時の歌いだしが流れた瞬間、会場は大いに盛り上がる。

続いて、各出演者の挨拶へ。ここで、城ヶ崎莉嘉役の山本希望さんから、片桐早苗役の和氣あず未さんが誕生日だったことが発表され、会場からも「お誕生日おめでとう!」と大歓声があがる。改めて、それぞれがキャラクターとして一言台詞を入れてから自己紹介。出演キャストは以下の通り。

福原綾香(渋谷凛役)/ 会沢紗弥(関裕美役)/ 藍原ことみ(一ノ瀬志希役)
朝井彩加(早坂美玲役)/ 金子真由美(藤本里奈役)/ 小市眞琴(結城晴役)
鈴木絵理(堀裕子役)/ 鈴木みのり(藤原肇役)/ 髙野麻美(宮本フレデリカ役)
高橋花林(森久保乃々役)/ 武田羅梨沙多胡(喜多見柚役)/ 立花理香(小早川紗枝役)
田辺留依(荒木比奈役)/ 津田美波(小日向美穂役)/ のぐちゆり(及川雫役)
花井美春(村上巴役)/ 原優子(向井拓海役)/ 原田彩楓(三船美優役)
藤本彩花(棟方愛海役)/ 松田颯水(星輝子役)/ 安野希世乃(木村夏樹役)
山本希望(城ヶ崎莉嘉役)/ 佳村はるか(城ヶ崎美嘉役)
ルゥ ティン(塩見周子役)/ 和氣あず未(片桐早苗役)

さらに、今回は衣装も特別仕様となっており、キャストが分担し、最初のゲーム配信時の記念衣装から今までの周年記念衣装を身に着けて登場。見た目にも華やかなステージとなった。

いよいよ、ライブ前半戦がスタート。ここからはソロ曲からユニット曲、アレンジ曲もふくめたバラエティなセットリストとなる。

 _DSC0429

まず、トップを飾るのはゲーム中、唯一の姉妹アイドルである城ヶ崎美嘉(CV:佳村はるかさん)と城ヶ崎莉嘉(CV:山本希望さん)のデュオユニット”ファミリアツイン”の”Twin☆くるっ★テール”だ。AメロとBメロの頭にある2人の掛け合いのようなコールが印象的なポップソング。こちらはライブでは初披露となった。

リアレンジの一曲目は”shabon song ~For SS3A rearrange Mix~”。曲調はやわらかいが、原曲と比べるとかなりアップテンポでリズミカルなアレンジになっている。歌っているのは、棟方愛海役の藤本彩花さんと、及川雫役ののぐちゆりさん。ファンなら気づくかもしれないが、女の子の胸にただならぬ執着心を持つアイドルの棟方愛海と、シンデレラガールズで一番の巨乳アイドル、及川雫のコンビに思わずニヤリとしてしまう。間奏中には、藤本さんがのぐちさんに向かって抱き着くなど、キャラクターの繋がりを印象づける演出が見られた。

_MG_8571-2

“Lunatic Show ~For SS3A rearrange Mix~”を歌うのは、喜多見柚役の武田羅梨沙多胡さんと、村上巴役の花井美春さん。こちらは原曲のロックサウンドから、クラブサウンド風のアレンジへ。これも印象がかなり変わった曲調だが、サビの最後に上に向かって手を突き上げるパフォーマンスはオリジナルから継承され、二人の手が高々と上がった瞬間には、会場から大きな歓声が上がった。

続いては、向井拓海(CV:原優子さん)と藤本里奈(CV:金子真由美さん)のデュオユニット、”ノーティギャルズ”の”Virgin Love”。向井拓海を主人公としたシンデレラガールズのスピンオフ漫画『WILD WIND GIRL』から生まれた楽曲で、さわやかな歌詞のアイドルソングを元ヤンアイドルの向井拓海と、ガテン系ギャルの藤本里奈が熱く歌い上げる。こちらもライブでは初披露。

さらに、宮本フレデリカ(CV:髙野麻美さん)と一ノ瀬志希(CV:藍原ことみさん)のデュオユニット、”レイジー・レイジー”よる”クレイジークレイジー”へ。ゲーム内ではつい先日、8月19日~27日まで行われていたイベント楽曲が早くもライブで披露された。ミドルテンポのクラブサウンドの楽曲に、うっすらとした紫色の照明をバックに様々な色のスポット照明が無数に点滅。ステージだけでなく、ハイビームとなって高速で会場を照らし出す演出が印象的だった。

 _MG_8639-2

再び、アレンジ曲へ戻り披露されたのは、片桐早苗役の和氣あず未さん、塩見周子役のルゥ ティンさん、小日向美穂役の津田美波さん、早坂美玲役の朝井彩加さん、小早川紗枝役の立花理香さんの5人による”メッセージ ~Future PicoPico MIX~”。ピコピコ、と名の付く通り懐かしい8bitサウンドにEDMのような曲調が混ざったアレンジで、原曲とは違った面白い仕上がり。

“Nocturne ~For SS3A rearrange Mix~”を歌うのは、藤原肇役の鈴木みのりさんと三船美優役の原田彩楓さん。こちらはアップテンポな楽曲をミドルバラードへアレンジ。オリジナルの力強いイメージから、やさしい曲調と美しいハーモニーを聞かせる楽曲へ変化し、曲が終わった後は会場全体が拍手に包まれた。

続いては、ソロ曲のトップバッター、”楽園”を歌う関裕美役の会沢紗弥さんが登場。ウェーブがかったソバージュヘアにおでこを出した髪型は、キャラクターにそっくり。序盤は満面の笑顔で可愛らしく歌う会沢さん。目つきが悪いと言われ落ち込むアイドル関裕美が、初めてのステージに笑顔で立つと考えると感慨深いファンも多いのではないだろうか。後半では感極まったのか、泣くのを我慢しようと顔がこわばり、やや声が震えていたのも印象的。

城ヶ崎莉嘉役の山本希望さんが歌う”Twilight Sky ~For Rika rearrange MIX~”は、前述したアニメのパッケージに同梱されたキャラクターとソロ楽曲のシャッフル企画に収録されている。リズミカルなバスドラムの音が軽快に響くJpop調のアレンジは、JCアイドル城ヶ崎莉嘉の歌声にマッチした可愛らしい楽曲となっている。

夏をイメージして作られた”銀のイルカと熱い風”は、総勢10名で歌う豪華仕様。アップテンポな楽曲と可愛らしいダンスが特徴的な1曲。

続いても夏がテーマの1曲、”サマカニ!!”はキャストを入れ替えて10名での歌唱となった。サマーカーニバルを略したノリノリの楽曲で、観客がコールも入れる箇所も多く、会場の一体感は抜群。

前半戦のラストを飾るのは、キャスト陣勢揃いの”BEYOND THE STARLIGHT”1周年のアニバーサリー記念に作成された楽曲で、歌っているアイドルとプレイヤー=プロデューサーをテーマにしているメッセージ性の強い歌詞が印象的。こちらも全編にわたってコール箇所が多く、前曲から続いて会場は大いに盛り上がった。

自治体も歓迎するSS3A、そして後半戦は新メンバーの登場

ここで再びMCコーナーへ。主にリミックス、リアレンジにフォーカスしてキャスト陣から前半戦の感想が語られる。”shabon song ~For SS3A rearrange Mix~”を歌った藤本さんは、間奏でのぐちさんに抱き着く演出が嬉しかったと語り、”Lunatic Show ~For SS3A rearrange Mix~”を歌った武田さんと、花井さんはオリジナルと同じ、サビのラストの振り付けの部分について言及。”メッセージ ~Future PicoPico MIX~”を歌った5人の中で、津田さんからはいつもの『メッセージ』よりも楽しい感じの表現が印象的だったことが語られ、”Nocturne ~For SS3A rearrange Mix~”を歌った鈴木さんと原田さんは、共に97年生まれの同い年で一緒に歌えたことが嬉しかったと語った。

続いては、前橋市公認キャラクター”ころとん”が登場。今回の協賛企業として名を連ねている前橋市とのコラボについての紹介された。コラボ内容については、以下の通り。

・前橋駅北口のロータリー及びけやき並木通りに歓迎フラッグを掲出
・前橋駅観光案内所デジタルサイネージに歓迎メッセージの表示
・千川ちひろの歓迎パネルを前橋駅観光案内所入口に期間限定で設置
・『アイドルマスター シンデレラガールズ』仕様”前橋まちなかMAP”の作成
・ホームページやSNSなどのトップバナーを『アイドルマスターシンデレラガールズ』仕様に変更
・”セクシーギルティ”の1日市長就任

 _MG_3749

1日市長に選ばれた”セクシーギルティ”の一人、片桐早苗役の和気さんは「公務員(片桐早苗は元警察官)からアイドルになって、また公務員になっちゃいましたね」とコメントし、会場からは笑いが起こる。
また、星輝子役の松田さんからはコラボマップについてのコメント。地図上で星輝子が描かれている近くには松田珈琲店の店名があるなど、アイドルの配置にも意図があるようだ。

 _MG_3799

続いて、後半戦がスタート。
イントロと共にバックスクリーンには先日の総選挙で新たにボイスが追加された3人のシルエットが表示され、会場からは大歓声が上がる。喜多日菜子役の深川芹亜さん、鷹富士茄子役の森下来奈さん、南条光役の神谷早矢佳さんの3人による”EVERMORE”。3人とも初めてのステージで、序盤の歌声にはやや緊張している印象も感じられたが、ダンスもしっかりこなし、堂々としたパフォーマンスを見せてくれた。

ライブ前にゲーム内で先行配信されていた”Flip Flop ~For SS3A rearrange Mix~”を歌うのは、荒木比奈役の田辺留依さんと結城晴役の小市眞琴さん。ジャズとEDMの要素が合わさったエレクトロスウィング調のアレンジで、元気でポップな曲がお洒落なクラブサウンドに様変わりした。

続く”輝く世界の魔法 -Magical Step Forward Remix-“は、佳村さん、福原さん、松田さん、安野さん、金子さんの5人が歌唱。テンポの速い低音を利かせたEDMサウンドにリアレンジ。途中、メンバーがそれぞれカメラ目線で歌詞のワンフレーズを歌う演出に会場から歓声があがる。

 _DSC1195

会場の空気を一変させたのは花井さんの”おんなの道は星の道”。村上巴のソロ曲として、発表された際、今までのアイマスにはなかったガチの演歌ということで話題をさらった1曲。公認民謡唄5段の資格を持ち、民謡大会で全国優勝の経験もある花井さんの歌唱力に会場も圧倒される。目線や表情に合わせたカメラアングルは演歌番組を踏襲したような完璧な演出で、大きな拍手が送られた。

前橋市の一日市長にも就任している片桐早苗(CV:和気あずみさん)、堀裕子(CV:鈴木絵理さん)、及川雫(CV:のぐちゆりさん)のトリオユニット、”セクシーギルティ”の”モーレツ★世直しギルティ!”は、発表から1年以上を経てようやくオリジナルメンバーが揃った。昭和感も漂う曲調とヒーローモノ風の歌詞が乗るシンデレラガールズの中でも屈指のコミカルソング。よほどうれしかったのか、メンバー全員が終始満面の笑顔で歌っていた。

“あいくるしい ~For SS3A rearrange Mix~”を歌うのは森久保乃々役の高橋果林さんと、会沢さんの2人。人と目を合わせて話せない超ネガティブアイドルの森久保乃々と、自分に自信がない内気アイドルのコンビ。原曲と同じバラードだが、こちらはややエレクトロ風のアレンジ。昨年行われた5thライブに続いて、座ったままで遠くを見るように歌う演出の同曲だが、最後に立ち上がって2人が見つめあう演出が印象的だった。
ちなみに、前回5thライブの際にもあった高橋さんの演出で、キャラクターのイメージに合わせて徹底的に観客席から目線を外し、カメラにもほぼ目線を送らないパフォーマンスも健在。

続いては原田さんが歌う三船美優のソロ曲、”Last kiss”。一昔前のやや懐かしい感じもある王道のポップスラブソング。ささやくような歌いだしから、サビの部分では艶っぽい歌声に魅了される一曲だ。

“always”を歌うのは、藤本さん、花井さん、田辺さん、鈴木さん、武田さん、会沢さん、小市さんの新人7人組。デレステのイベントでも歌っていた5人に、藤本さんと小市さんの2人が加わった編成で、王道のバラードながら力強い歌声と7人のハーモニーが響きわたる。

ここで、【D@NCE SHOW CASE】として、”Love∞Destiny -Jealous prisoner Remix”の音楽に合わせて、ダンサーたちの激しいダンスパフォーマンスが披露される。

ダンスのアウトロから繋がるように森久保乃々(CV:高橋果林さん)、早坂美玲(CV:朝井彩加さん)、星輝子(CV: 松田颯水さん)のトリオユニット、”individuals”による”∀NSWER”のイントロが流れると、会場から大歓声があがる。こちらもようやくオリジナルメンバーが揃った。ビジュアル系の王道ロックサウンドは、会場のボルテージを一気に上げていく。ここでは、高橋さんも真っすぐ前に視線を向けて熱唱。ゲーム同様、森久保の成長を感じさせてくれる演出だ。

_MG_4430

小早川紗枝(CV:立花理香さん)と、塩見周子(ルゥ ティンさん)の京都アイドルコンビ、”羽衣小町”の”美に入り彩に穿つ”はライブでは初披露。アップテンポなギターサウンドに三味線や琴をミックスした和ロックは、雅な歌詞も相まって非常に華美な一曲になっている。

続いて披露されたのは、高野さん、原さん、鈴木さん、山本さん、藍原さんの5人による”Nation Blue -蒼く蒼く蒼く Remix-“。本来はクールの属性曲だが、メンバーにはあえてクールメンバー以外のキャスト陣を配置。トランス調のクラブサウンドに、原曲に負けない5人の力強い歌声が印象的だった。

 _MG_4505

後半戦最後を飾るのは、ゲーム内にて前日の9月7日にイベントが終わったばかりの3周年記念曲、”ガールズ・イン・ザ・フロンティア”。クールでスタイリッシュな曲調ながら、歌詞にはシンデレラのイメージも盛り込まれている周年記念を飾るにふさわしい楽曲。ライブ会場ではゲーム内と同じコールも巻き起こり、会場と一体になった完璧な演出。バックスクリーンに映る荒野の中のシンデレラ城の映像も会場を盛り上げた。

ここで、再びMCコーナーへ。後半は、全ての楽曲について各メンバーが感想を述べる。
まずは後半から登場した3人が挨拶。初めてのステージで”EVERMORE”の披露し、緊張したが、3人にとっては忘れられない大事なステージになったとの事。続いて、”Flip Flop ~For SS3A rearrange Mix~”を歌った2人は、大人っぽく歌う演出を指示されたものの、12歳と20歳の設定のアイドル2人が大人っぽく歌うという難しさを吐露した。

“輝く世界の魔法 -Magical Step Forward Remix-“は、松田さんが全体曲の演出で初めて自分なりのアイデアの提案をしたそうで、会場からの歓声に達成感を得た様子。”おんなの道は星の道”を歌った花井さんは、”喉からCD音源”を目標に極力、音源に近い歌声と歌い方を意識したとのこと。”モーレツ★世直しギルティ!”を歌った3人はやはり、ようやくオリジナルメンバーが揃ったことが嬉しかったようだ。

“あいくるしい ~For SS3A rearrange Mix~”を歌った会沢さんは、ゲーム内ではユニットとして絡むこともある森久保乃々と歌えたことがうれしかったと語る。”Last kiss”歌った原田さんは、自分がこめた様々な思いもあるものの、受け手であるファンの人たちがそれぞれ感じたものを答えとして欲しいとのこと。

“always”を歌った武田さんは、歌詞の中にある「私」の部分をキャラクターの一人称である「アタシ」に変えるなど、自分らしさを出す演出を盛り混んでいた。”∀NSWER”を歌った3人は、曲中にあるスモークが噴き出す演出について、リハーサルの際に朝井さんが驚いて、思わずヘタりこんでしまったエピソードを披露。

“美に入り彩に穿つ”を歌った2人は、キャストとして初めて会った時からいつか一緒に歌いたいと言っていたユニット曲が発表され、ライブで歌えたことが本当に嬉しかったようだ。

“Nation Blue -蒼く蒼く蒼く Remix-“を歌った5人は普段は歌わない自分たち以外の属性曲をしかもリミックスで歌える貴重な経験に感動していた。

最後の”ガールズ・イン・ザ・フロンティア”を歌った安野さんは、今までにないクールでカッコいい周年曲に参加できた喜びを語っていた。

 _MG_8972


そして、最後の1曲は、いつもの”お願い!シンデレラ”のジャズアレンジ、”お願い!シンデレラ ~JAZZ Rearrange Mix~”。おそらく、シンデレラガールズの楽曲の中で一番最初に発表されたアレンジ楽曲。まさにラストにふさわしい1曲でライブは幕を閉じた。

印象的だったのは極力MCを排して、次々に楽曲を披露するというライブの流れだ。今までのライブでは、多くても5~6曲ごとにMCを挟み、キャスト同士のトークに盛り上がる構成だったが、今回は前半12曲、後半13曲と一気に楽曲を披露し、最後はアンコールもなくスパッっと終わるという演出は、なかなか珍しい。タイトルにある”Sound Booth”の通りに純粋に楽曲を楽しむイベントだった。

また、バックスクリーンに映される映像も注目ポイントで、ゲーム内の楽曲選択時のような演出や、曲名だけでなくキャラクターのビジュアルも表示されるなど、ライブを盛り上げる要素の一つだった。

2か月後には超大型のドーム公演も控えた前哨戦として、今後の期待感も膨らませてくれるライブだった。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SS3A Live Sound Booth♪【DAY1】セットリスト(敬称略)

1.とどけ!アイドル(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
2.Twin☆くるっ★テール(山本希望、佳村はるか)
3.shabon song ~For SS3A rearrange Mix~(のぐちゆり、藤本彩花)
4.Lunatic Show ~For SS3A rearrange Mix~(武田羅梨沙多胡、花井美春)
5.Virgin Love(原優子、金子真由美)
6.クレイジークレイジー(藍原ことみ、髙野麻美)
7.メッセージ -Future PicoPico Remix-(和氣あず未、ルゥ ティン、津田美波、朝井彩加、立花理香)
8.Nocturne ~For SS3A rearrange Mix~(鈴木みのり、原田彩楓)
9.楽園(会沢紗弥)
10.Twilight Sky ~For Rika rearrange MIX~(山本希望)
11.銀のイルカと熱い風(津田美波、安野希世乃、髙野麻美、和氣あず未、のぐちゆ、佳村はるか、原田彩楓、藍原ことみ、鈴木みのり、武田羅梨沙多胡)
12.サマカニ!!(高橋花林、藤本彩花、原優子、鈴木絵理、小市眞琴、金子真由美、立花理香、田辺留依、山本希望、松田颯水)
13.BEYOND THE STARLIGHT(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
14.EVERMORE(深川芹亜、森下来奈、神谷早矢佳)
15.Flip Flop ~For SS3A rearrange Mix~(田辺留依、小市眞琴)
16.輝く世界の魔法 - Magical Step Forward Remix-(佳村はるか、福原綾香、松田颯水、(安野希世乃、金子真由美)
17.おんなの道は星の道(花井美春)
18.モーレツ★世直しギルティ!(和氣あず未、鈴木絵理、のぐちゆり)
19.あいくるしい ~For SS3A rearrange Mix~(高橋花林、会沢紗弥)
20.Last Kiss(原田彩楓)
21.always(藤本彩花、花井美春、田辺留依、鈴木みのり、武田羅梨沙多胡、会沢紗弥、小市眞琴)
22.【D@NCE SHOW CASE】Love∞Destiny -Jealous prisoner Remix
23.∀NSWER(高橋花林、朝井彩加、松田颯水)
24.美に入り彩を穿つ(立花理香、ルゥ ティン)
25.Nation Blue -蒼く蒼く蒼く Remix-(髙野麻美、原優子、鈴木絵理、山本希望、藍原ことみ)
26.ガールズ・イン・ザ・フロンティア(津田美波、朝井彩加、福原綾香、安野希世乃、ルゥ ティン)
27.お願い!シンデレラ ~JAZZ Rearrange Mix~(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルリズムアクション
メーカーバンダイナムコエンターテインメント
公式サイトhttp://cinderella.idolmaster.jp/sl-stage/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧