1. サイトTOP>
  2. 『アナデン』を彩る珠玉のBGMを生演奏!オフィシャルライブ“Faraway from Time”公演リポート

『アナデン』を彩る珠玉のBGMを生演奏!オフィシャルライブ“Faraway from Time”公演リポート

2018-09-05 16:30 投稿

始まりから終わりまで大熱狂!

2018年9月1日、東京・吉祥寺 CLUB SEATAにてプロキオン・スタジオが主催・企画したWright Flyer Studiosのスマホ向けRPG『アナザーエデン 時空を超える猫』初のオフィシャルライブ“Faraway from Time”が実施された。本記事では、本ライブの昼公演の模様をリポートしていく。

01

▼関連記事

まずは、今回のオフィシャルライブのために集結したメンバーならびに昼公演のセットリストを掲載。

■演奏:トキノワスレモノ(以下、メンバー詳細)

・バンドマスター&ギター:太田光宏
・ギター:佐々木直也(空想委員会)
・ベース:AKIRA
・ドラム:本橋昭宏
・ヴァイオリン:壷井彰久
・ティンホイッスル&イーリアンパイプス:野口明生
・キーボード:マリアム・アボンナサー

■昼公演セットリスト

01:Another Eden ~時空を超える猫~
02:殺されし時よ、人よ
03:闇の帳&はじまりの朝
04:緑の村 バルオキー
05:風薫る大地
06:Chaotic Recognizer
07:時の忘れ物亭
08:海をなくした貝殻
09:Ambivalent Mirage
10:Perpetual Stranger
11:這い寄る死~Hungry Structures メドレー
12:Dream Weaver
13:ゆかいな時間
14:石のまどろみ
15:なつかしい笑みに包まれて
16:Decent Destructors
17:Brilliant Streamer
18:時層回廊~Paradoxical Dreamers メドレー
19:死のきざはしにて
20:ラウラ・ドーム
21:魔獣城~ジオ・アンギラスメドレー
22:星を継ぐもの
23:楽園を解放するために
24:時の闇に喰われし者~忘れじの光メドレー
以下、アンコール
01:ホライ~夢を視る郷~
02:Another Eden ~時空を超える猫~

生演奏ならではの迫力に観客も体を慣らしていく前半戦

開演時間になると会場が暗転し、ステージ上にトキノワスレモノが登場。1曲目“Another Eden ~時空を超える猫~”の演奏が始まった。最初と言うこともあり、観客も息をひそめて演奏される楽曲に耳を傾けていた。

02

その後、数曲披露したところでステージの明るさが増し、土屋俊輔氏が登壇。いよいよ始まったライブのこと、生憎のお天気にも関わらず会場は満員御礼であることなどに触れ、話を進めていた。

土屋氏のトークでつないだ短いインターバルを終え、再び演奏を開始していくトキノワスレモノ。このタイミングでは“Chaotic Recognizer”、“Ambivalent Mirage”、“Perpetual Stranger”といったバトル関連の楽曲が演奏され、会場の空気が一気に激変。ノリノリのリズムに観客全員が拍手などで答えていた。

03
07

11曲目の前にバンドマスターの太田氏によるトークパートが挟まれた。太田氏は「本ライブは楽曲の数がすごいですよ」、「数多くの楽曲それぞれが本物で、作曲家が丹精込めて作っている。この地道な積み重ねはファンにも届き、ライブ実現に繋がったと思う」などを語っていた。中には「つぎの2曲は気合を入れないとたいへん」と本音も吐露していた。

そして11曲目“這い寄る死~Hungry Structures メドレー”と12曲目“Dream Weaver”の演奏が始まると、観客もさらに熱狂! 各楽器の見せ場も用意されており、見事な演奏の数々に観客も興奮冷めやまぬと言った様子を見せていた。

04
05

怒涛の楽曲ラッシュに観客も全力で答える後半戦!

半分に差し掛かったところで少し長めのトークパートへ移行。このタイミングにて、ライブ当日(9月1日)がギターの佐々木氏の誕生日でもあったため、突発的でしたが観客を含む会場全体で“ハッピーバースデートゥーユー”を歌い、佐々木氏の誕生日をお祝いしていた。それが終わるとトキノワスレモノの各メンバーも再びギアを上げ、14曲目“石のまどろみ”から一気に演奏を続けていた。

こちらでも“Decent Destructors”や“Brilliant Streamer”、さらには“魔獣城~ジオ・アンギラスメドレー”いったノリノリのバトル関連楽曲が演奏され、会場は大興奮かつ大歓声に包まれていた。

0809
10

そして、ラスト2曲と迫ったところで再び太田氏によるインターバルに。ここでは「ライブ用の楽器もひとり1個というわけではなく、使い分けているのでたいへん」だと語り、とくに野口氏は数が多いからたいへんさが際立つと説明されていた。その後、言いたいことがないかメンバーに確認すると、“楽園を解放するために”と“時の闇に喰われし者~忘れじの光メドレー”の演奏が行われ、ライブは終了となった。

しかし、ただで終わらないのが“Faraway from Time”。土屋氏が再び登壇したかと思いきや、アンコールのためにトキノワスレモノがTシャツを着替えて再び登場。“ホライ~夢を視る郷~”と“Another Eden ~時空を超える猫~”の2曲を披露し、改めて本ライブイベントは幕引きとなった。

14
13

アナザーエデン 時空を超える猫

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーWright Flyer Studios
公式サイトhttps://another-eden.jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧